楽天

2009年1月31日土曜日

灼眼のシャナII 17 3/3




灼眼のシャナII 17 3/3






はいっ!






口ほどにも無い。
やはり段階をあげたのは時期尚早(じきしょうそう)だったか。



感じはしたよ。
シャナの殺しの気配。
もう少しなんだ。



いいわ。
じゃぁ、もう一度。



はぁっ!



繰り出される攻撃の中
ひときわ大きな存在の力が
一点に集束。
鋭い先となって・・・
来た!



ぁ!



どぁっ!



気を抜いちゃ駄目!



うん、ごめん。



うむ、だが
初めて殺しを見切った事実については
上首尾と言うべきだろうな。
今日のところはもう、良かろう。



まだだ。
せっかく感覚をつかみかけているんだ。
もう少しだけ、
お願いだ!



悠二・・・






急にどうしたんだ?
こんな時間に。



この間はすまなかった。



そんな事言うために呼びつけた訳じゃねぇだろ?

さみぃな。

来いよ、話があるんなら家で。



おまえの家には行かない。
もう、姐さんには会わない。



心配してっぞ。
マージョリーさん。
あぁ見えて、お前の事をな。



会えないんだ!
どのツラ下げて会えって言うんだ!

今日、おがちゃん バレーの試合だった。
ボールを追って、走って・・・
見てて思ったんだ。
俺はやっぱり、生きてるおがちゃんを見ていたい。
あんな姿をもう・・・

姐さんについてくつもりだった。
おまえと一緒に。
でも・・・
でも、それは・・・



いいんじゃねぇ。
良かったじゃねぇか。
自分の道が見つかって。



佐藤。



よせよ、みっともねぇ。
俺もな、ちょっとばかし考えが甘かった。
アウトロー(外界宿)で働くってのは
俺が思ってたほど、生易しいもんじゃないらしい。
でも、それがなんだってんだ?
決めちまったんだから、しょうがねぇじゃないか。
なぁ。



これを・・・
これを姐さんに。

姐さんに伝えてくれ。
俺は腰抜けだって。
根性無しの半端者だって。



ちげぇよ、馬鹿。
おまえは今、半端者を卒業したんだよ。

灼眼のシャナII 17 2/3




灼眼のシャナII 17 2/3






それに、この街がアラストールの言う闘争の渦だとしたら
僕は・・・
どこまで出来るかわからないけど
やれるだけ・・・



そうだろ?
アラストール。



ぁ。



あぁ、心構えだけは出来ているか。



わかった。
じゃぁ、いくわよ!
悠二。



はぁ!






何の用?
こんな所に呼び出したりして?



その、ちょっと聞きたい事があるんだ。



それなら教室で聞けばいい。



教室には、坂井が居る。
あいつには聞きたくないし
聞かれたくもないんだ。



うん?



アウトロー(外界宿)の仕事について
教えてくれ。






田中!



おがちゃん。



今日も学食?



あぁ。
また弁当忘れてきちゃってさ。
良かったらおがちゃんも一緒に・・・
あ、でも・・・



あたしも忘れてきた。



え?



お弁当。
どうせ田中も持ってこないと思ったから・・・






ねぇ、田中。
ひょっとして、わざとお弁当
忘れてきてない?



え?
な、なんで?



この頃、みんなと距離を置いているみたいって言うか・・・
佐藤とも。



そ、そんな事ねぇよ。



何か、ほかの事
考えてる?



え?



あたしと・・・
一緒に居る時も・・・



あのさ、今度の金曜日なんだけど・・・



田中!
ねぇ、田中ってば!



え、あぁ、金曜。
金曜ね。
いいぜ。
どこにだって連れてってやる。
おれ、おがちゃんの為なら・・・



いいよ、もう!



おがちゃん?



こんな事、言いたくないけど・・・
今の田中、らしくないよ。






アウトロー(外界宿)?



フレイムヘイズたちの支援施設ってやつだ。
おまえも名前くらい聞き覚えあるだろ?
世界中あちこちに在って
情報をやり取りしているらしい。
何より、そこで働いているのはフレイムヘイズだけじゃない。
生身の人間も居るって話だ。



それがどうかしたのか?



わかんねぇのか?
俺たちもやれる事があるってんだよ。
ともがら(従)と真っ向 戦う事はできなくても
後ろから支える事は出来るだろ?
だから・・・



良かったじゃねぇか。
自分の道が見つかって。
でも、俺は・・・



いつまで腑抜けてるつもりだよ!?
俺たち、マージョリーさんについていくって
決めたんじゃなかったのかよ?






ファイト!



はーい!



ファイト!






今の田中、らしくないよ。






ちょっと言い過ぎちゃったかな?



緒方!



ぁ!



ぼぉっとしないの!
試合明日だよ。



す、すいません。






不要。
不要。
これは関連情報。
これと、これは・・・
不要。

昨今、アウトロー(外界宿)からもたらされる情報の精度は
少々粗雑に過ぎるようでありますな。



玉石混交。(ぎょくせきこんこう)



悠二に・・・
零時迷子に打ち込まれた自在式についての報告は
そっちにも無い?
戒禁を変質させるほどの物ならば
調査すればきっと何か・・・



そこまで気にかけているのでありますか?



ぁ。



当面注意を払うべきは自在式よりも
それを用いたサブラクのほうでありましょう。



サブラク・・・
確かすごい殺し屋だって・・・



零時迷子の一件に絡んでいる以上
奴がここ、御崎市に現れる確立は高い。
にもかかわらず、目撃情報が皆無と言う現状。
これは、奴が何かを狙い潜伏している証であります。



どんなともがら(従)なんですか?



サブラク。
真名は壊刃(かいじん)。
いかなる集団にも属さず
ただ依頼を受けて標的を狩る
恐るべきぐぜ(紅世)の王。



仇敵。(きゅうてき)



わたくしも一度、殺されかけたのであります。



ヴィルヘルミナが?!



あの時、フィレスとヨーハンが現れなければ
わたくしは・・・



だからヴィルヘルミナはフィレスの事を・・・



その後、数年
わたくしたち三人は旅程をともにしたのであります。
執拗に追ってくるサブラクをわたくしは受け流し
フィレスが吹き払って共に。
しかし、奴に対抗する自在式をあみ出しつつあったヨーハンは
わたくしが所用で離れた隙に・・・



壊刃(かいじん)サブラク。
カルメルさんでさえ太刀打ちできなかったほどのともがら(従)が。
この僕をいつか。



これは・・・



どうしたの?



何かわかったんですか?



ヴィルヘルミナ?






マージョリーさん。
話があります。
俺をアウトロー(外界宿)で
働かせてください。
ともがら(従)と戦う事は出来なくても・・・
実践では役に立てなくても・・・
どんな形でもいい。
俺は・・・



さっき万条(ばんじょう)の仕手がここに来たわ。



アウトロー(外界宿)の最重要拠点のひとつが
ともがら(従)に襲われたそうよ。



ドレル・クーベリックって
アウトロー(外界宿)の指導者の根城よ。
当人はもちろん、そこに居た奴らも
一人残らず殺されたそうだ。
フレイムヘイズも・・・
人間もな。



襲撃されたのはそこだけじゃない。
あちこちのアウトロー(外界宿)から
被害報告と救援要請が殺到してる。



送られてくる情報が無茶苦茶だったのも当然。
とま、のっけから冷や水 浴びせた訳だが
どうだい?啓作。






なんだい、池か。



行かないのか?



はぁ?



試合だよ。バレーボールの。
緒方さんから誘われたろ?






頑張れ!



ぁ!
田中・・・

よっしゃぁ!

2009年1月30日金曜日

灼眼のシャナII 17 1/3




灼眼のシャナII 17 1/3


それぞれの道。






日常を取り戻した御崎高校。
しかし、シャナ達は
忍び寄るバルマスケ(仮装舞踏会)の影に危機感をつのらせる。
吉田一美もフィレスから譲り受けた
宝具、ヒラルダを胸に一人思い悩む。
一方バルマスケ(仮装舞踏会)では
おぞめいた計画が着々と進行しつつあった。






なにしおうドレルパーティー・・・
アウトロー(外界宿)主導部という最後と言うには
少々あっけないが
これも俺たちがかわす挨拶の一つの形だ。
今日は別れの挨拶。
そういう事だろう。
愁夢(しゅうむ)の吹き手、ドレル・クーベリック。






話ってなに?
緒方さん。



うん・・・
べつに、大した事じゃないんだけどさ・・・
このごろ、なんだかみんな、変だと思わない?



緒方さんも気がついてた?
そうなんだよな。
別によそよそしいって訳じゃないんだけど・・・
何て言うか・・・
でも、田中とはそんな事ないだろ?



え?!



順調そうじゃない?
特に清秋祭が終わってこのかた。



いやぁ・・・あはは。
もう行かなくちゃ。
ごめんね、どうでもいい話に付き合ってもらって。



部活?



今度の金曜、青前のバレー部と練習試合があるんだ。
1年で出してもらえるの
あたしだけだから頑張らなくちゃ。



誘えば?



ん?



田中を。
その試合に。



だね。
ありがとう!






佐藤・・・
ど、どうした?
なんか用か?



いや。



じゃぁ、俺、急ぐから。
また明日な。






銀については依然として目新しい情報は
もたらされていないのであります。



進展皆無。



銀の件ばかりでなく
他の案件についても
どうも様子がおかしいのであります。



おかしいって何が?



アウトロー(外界宿)。



依頼した調査の報告が無いかと思えば
まるで関係の無い資料が送られて来るといった始末。



齟齬頻繁。(そごひんぱん)



こーの一世紀ほどで随分とましになっているはずなんだがなぁ。



何事か内部に乱れが生じているようなのであります。



で、そっちはどうなの?
啓作。
そんなとこで盗み聞きしてないで
ちゃんと報告しなさい。



すいません。
あの・・・



栄太は相変わらずってわけね。
いいわ、しばらくほっておきなさい。
そのうち自分で結論を出すでしょう。



はい。
あの、マージョリーさん。



ん?



その・・・
アウロトー(外界宿)について
なんですけど・・・

いえ・・・

くそ・・・



何もあんな目でにらむ事ねぇじゃねぇか。
我が冷淡なる教育者、マージョリー・ドー。



結論を出そうとしているのは栄太だけじゃ無いって事よ。
そして、今度ばかりは生半可な気持ちで出せる結論じゃない。
そういう事よ。






これは、私を呼び寄せる宝具。
使った人間は存在の力を失って死ぬ。






坂井君への気持ちが本当なら・・・
坂井君と同じ所に立つ為なら。






坂井悠二。
今宵よりさらに鍛錬の段階をあげるぞ。



かすらせる打突、20の中に一度
本気の殺しをこめるから、それをかわして。
いい?悠二。



もっとだ。



ぁ。



もっと殺しの回数を増やしてくれていいよ。



悠二・・・



思い上がるな!
ブルートザオガー(吸血鬼)一つ
満足に扱えぬ未熟者にそうそう本気・・・



バルマスケ(仮装舞踏会)に刻印の自在式を打ち込まれた以上
僕はもう、逃げも隠れも出来ない。

灼眼のシャナII 16




灼眼のシャナII 16



オープニング、エンディングが変わりましたね。


この話も小説版XIII(13巻)に対応しています。


吉田さんがフィレスから宝具ヒラルダをもらいます。

小説版では、吉田さんが封絶の中で動けるようになるのは

このヒラルダをもらった時からのようです。



そして悠二がシャナにブルートザオガー(吸血鬼)を使いたいと言い

鍛錬に励む。


そして悠二はヴィルヘルミナの資料整理の手伝い。



小説版ではもう一つ、とても重要な事が進行中なのですが

アニメではもう少し後のようです。




灼眼のシャナII DVD6巻

灼眼のシャナXIII


★灼眼のシャナ★その他の商品

2009年1月29日木曜日

灼眼のシャナII 16 3/3




灼眼のシャナII 16 3/3






お、おお・・・



猫の手でも無いよりはましという物。
あなたにはわかる範囲で
資料の分別をお願いしたいのであります。



僅々労働。



はい。



ねぇ、シャナ。



なに?



ブルートザオガー(吸血鬼)を貸して欲しいんだ。



ブルートザオガー(吸血鬼)?
愛染自の?



うん。



貴様が使うと言うのか?



少しでも何か出来る力が欲しいんだ。



アラストール。



うむ。
これより先に進むには必要な力やもしれぬ。
良かろう。



ありがとう。



刻印を打つためだけに
頂の座(いただきのくら)を送り込んできたとは
思えない。
必ず、何か別のもくろみがあるはず。






おぉ!



さて、こちらの準備は完了。
後は奴のお手並みしだいだねぇ。



ふん。
そーれよりも共鳴した各部の作動チェックに入りますよ。
ドーミノー!



はいでございます。
教授。






零時迷子に刻印か。
あー、もう、めんどくさー。



あに銀の野郎が何者で、どうやって現れ
トーチが戒禁を超えてぶち殺せるのか。
宿題は山積みだなぁ。
我が得術なる研究者、マージョリー・ドー。



ほんと。
けど、ようやく見つけることが出来たんだもの。
絶対に逃がしはしないわ。






死ぬのは怖い。
けど・・・
あたしだけ同じ場所に居られないのは・・・
私もそこに居たい。
でも・・・
フィレスさんが言うとおり
坂井君やシャナちゃんと同じ場所に立つには力が要る。
でも、もしこれを使ったら、私は消えて
坂井君とシャナちゃんの二人が残る。
そんなの・・・






腕だけで振ろうとしちゃ駄目。
もっと身体全体で存在の力を意識して。



うん。

僕はもっと強くならなきゃ
いけないんだ!



まさか、このような申し出をするとはな。



うん。






わたしも・・・
私も坂井君と同じ場所に居たい。






あなたが本当にここに居たいと思っているなら
必ずこれを使う。

2009年1月28日水曜日

灼眼のシャナII 16 2/3




灼眼のシャナII 16 2/3






あなたなら居なくなっても誰にも不都合がない。



ぁ。
ど、どういう事ですか?



これは私を呼び寄せる宝具。
使った人間は存在の力を失って死ぬ。

あのミステスに危機が迫った時、私を呼びなさい。
私の為に。ヨーハンの為に。
この宝具を使いなさい。






ちっ。



ハハハハハハ。
フレイムヘイズが3人も居て
まんまとしてやられたか。
まったく情けねぇ話だぜ。



近衛史菜(このえふみな)・・・



当初の懸念どおり、零時迷子の見張りだったとはな。
ひとたびは警戒していながら
不覚の極みとはこの事か。



見張りって?
じゃぁ、俺たちと一緒に居たあいつは?
一緒に飯食って、遊んで笑ってたあいつは・・・



ん?



終わったわ。



悠二の身体はどうなってるの?



零時迷子に刻印。
そうね、発信機のような物が打ち込まれているわ。



ぁ?



発信機でありますか?



うん。



ぁ!






宝具に刻印を。






ただでさえ妙な戒禁がかかってて鬱陶しいのに
その奥にこんな物、仕掛けられたら
うかつにいじれやしないわ。

ここに奴が居るかもしれないってのに。



ぁ。



銀、ですか?



永遠の恋人、ヨーハンを起こそうとしたフィレスが
バルマスケ(仮装舞踏会)の思惑に反し
奴を呼び出してしまった。



では、その銀が再び封じられた後にヨーハンが現れたのは
一体どういった理由からでありましょう?



どうも、私が悠二に結んだ捜査の自在法のきれっぱし
を利用したみたいね。
本来は外から内に向かう力の流れを
内から外に向かうよう、組み替えた。



自在式の破片を基点に全身を再構成したってのか?



その程度の技
零時迷子の作り手たる彼にはたやすいこと。



ふふん。
しかしまぁ、どんどん厄介なもん
抱え込んじまうもんだなぁ。
兄ちゃんよぅ?



とにかくバルマスケ(仮装舞踏会)の連中が
懲りずに零時迷子を狙ってるって事ね。



刻印を打った今
次は彼の破壊による転移を企てるはず。



注意、警戒。



悠二は私が守る!
絶対に。

ぁ?



アウトロー(外界宿)を通じての情報収集は
任せるわよ。



了解であります。



他でも必ず何か動きがあるはず。



御崎市には異常な頻度で驚異的な者たちが
次々に来訪している。
この街は闘争の渦なのであろうか?



闘争の渦?



この街、つまり御崎市
それ自体に災いを引き寄せる力が宿っている。
零時迷子もその一部やもしれぬ。
という事だ。



この街がフレイムヘイズとともがら(従)を引き寄せている?



そうだ。
騒動を引き寄せ
波乱の因果を導き
激突に収束させる。
恐るべき時の勢い。






今度はいつ帰ってくるの?



さぁ?



なかなか捕まえさせてくれない人なのよ。



ぁ。



今回の帰郷は思いのほか刺激的だったよ。
少し見ない間に
隅に置けない男になっていた。



ぁ?



ん?
ふつつかな息子だがよろしく。



うん。任せて。



こ、こちらこそ。



千草さん
空港までだがデートなどいかがかな?



喜んで。
いいかしら?



え?
もちろん。



大丈夫だな?



ぁ。
うん。
行ってらっしゃい。
父さん。



行ってきます。



父さんと母さんを遠くに感じる。



悠二!



ん、なに?



ヴィルヘルミナが悠二に頼みたい事があるって。



カルメルさんが僕に?
何だろう?



今から一緒に来て。



うん。
僕もシャナやアラストールに
相談したい事があるんだ。
できればカルメルさんにも。



じゃ、じゃぁ
私はここで。



うん、わざわざ来てくれてありがとう。



いえ。



じゃぁ、また。






ずっと、坂井君やシャナちゃんと
同じ場所に立ちたいと思ってた。
シャナちゃんがうらやましい。
今だって・・・






あなたが本当にここに居たいと思っているなら
必ずこれを使う。
ここに居続けるためには力が必要だから。
これは私を呼び寄せる宝具。
使った人間は存在の力を失って死ぬ。






あ!



えへ。
こんな所で会うなんて珍しいね。



うん、ちょっと坂井君のところに。
緒方さんは?
どこか行くの?



あ、あたし?
あたしもちょっと・・・
田中と・・・



う、ん?



ここ・・・



どうかした?



近衛さん・・・
本当に覚えてない?
近衛さんのこと。
思い出せない?



な、なに?
一美・・・
どうしたの?
近衛さんって誰よ?



ご、ごめんなさい。
なんでもない。






これ、全部アウトロー(外界宿)から届いた資料なんですか?



最近、長期の天気予報や主要路線の運行ダイヤと言った
明らかに不要な物まで送られて来るのであります。

2009年1月27日火曜日

灼眼のシャナII 16 1/3




灼眼のシャナII 16 1/3


つきせぬ想い。






清秋祭と時を同じくしておこった零時迷子をめぐる戦い。
銀の発現。
史菜(ふみな)の覚醒。
ヘカテーの降臨。
ヨーハンの出現。
急転する事態はフィレスの帰還をもって終息したかのように思えた。
しかしそれは、新たな始まりを意味していた。






いくぞ。



いいぞ。



いいか?
よーし、いくぞ。



おう!



せーの!



いよぉっと。






案外早く片付いたな。



そうですね。



閉会式の後にほとんどやっちゃったからね。
誰かさんたちはサボってたみたいだけど・・・



ぁ。



佐藤なんか、今日もサボってるし・・・



さぁ、作業を続けようよ。
さっさと終わらせたい・・・



あ!居た!
池くん、教室の片付けなんかしてる場合じゃないよ!
商店街に設置した看板の回収、
返却された備品のチェック、
運営委員の仕事が山のようにあるんだから。



ぁ、ぁ、ぁー!!

それは、別のクラスの担当じゃ・・・



頼りなくて任せてられないの!



え、えー!?



やっぱり、池くんと私じゃなくっちゃ。



あーー!



藤田ちゃんだけはテンション高いまんまだね。






藤田さん、そんなに引っ張らなくてもー・・・



する事はいっぱいあるのに
時間が無いんだから急がなくちゃ。
ほら、早く!



あーーー。






ねぇ、ねぇ。
パレードに使った衣装ってどうするの?



記念にもらったら?
ほんとは演劇部に寄付するらしいけど・・・



あれ?
この衣装は?



ぁ。



よそのクラスのじゃない?



ぇ?



混ざっちゃったのかなぁ?



存在の力が消滅したから
近衛史菜(ふみな)は居なかったことになってる。
誰も覚えていないし
誰もその事を不思議に思わない。



そんな・・・



僕の中に・・・あんな・・・






ベルペオル。
これを返します。



で、どうだったの?



残念ながらミステス破壊による零時迷子の転移は
邪魔立てを受け叶いませんでした。



なーに、気にするほどの事じゃない。
どこでやるかの違いだけ。
たいした障りになるまいよ。



そのとぉーり!
むーしろ、稼動実験に加えこのデータ収集も
どーじに出来る状況。
エーキサイティングな実験に
なーりそうですよー!



うひゃーー!



手間をかけた甲斐はあったようだね。






ねぇ、これどこに返却すればいいの?



ぁ。



悠二!



え?



どうかした?



いや、別に。



なぁ、今夜時間あるか?
マージョリーさんが話があるってさ。



状況の整理と確認
それに今後の対策ね。



あぁ、そんな事を言ってた。
あと、もう一度おまえの身体を調べたいって。
いろいろあったからな。
訳のわかんねぇことばっかりよ。



あぁ。



ん?



吉田さん?



え?



大丈夫か?



あ、はい。



きついなら無理して来ることないぜ。



ぁ・・・
私は・・・






あ!



あなたにあげる。



え?






私、行きます!



ん、そうか。



うん。






どうして私に?



あなたがこの宝具を使える人間だから。

2009年1月26日月曜日

灼眼のシャナII 15




灼眼のシャナII 15



ハラハラドキドキの15話です。

おおむね小説版XIII(13巻)と同じです。


ただ小説版には近衛史菜(ふみな)は出てきませんので

全てヘカテーが悠二への刻印などを行います。



田中は田中で相当なトラウマになっていますね。

無理も無いでしょうけどお気の毒様。



しかし、封絶内で動ける

悠二、吉田さん、佐藤と田中


この学園祭では相当なハードスケジュールですね。



パレードして、そこへフィレスの傀儡が来て

マージョリーさんは大暴れして、後片付けを手伝って・・・

悠二はフィレスに力を分け与えて。




2日目はフィレスの本体が来て

悠二の身体の中からは訳のわからない物が(銀の一部)出てきて

ヨーハンが出て、フィレスに力を全て吸い取られ・・・

ヘカテー(アニメでは近衛さん)に刻印を打ち込まれ・・・



イベント目白押しの2日間です。


シャナはともかく

悠二、吉田さん、佐藤と田中がヘロヘロになるのも無理はないです。


そして吉田さんはフィレスから・・・

これは16話で・・・


灼眼のシャナII DVD5巻

灼眼のシャナXIII


★灼眼のシャナ★その他の商品

灼眼のシャナII 15 3/3




灼眼のシャナII 15 3/3





ヨーハン・・・



ごめんね。



ぅ。



悠二・・・
悠二・・・



何なの?



ったく次から次へ
ついて行けねぇなぁ!



ぁ!



だめ、やめて!



やめて!
やめてー!
悠二が消えちゃう!
あーー!!



大御巫(おおみかんなぎ)。



戻りましょう。



よ、よろしいのですか?



所定の目的は完遂されました。
余事はまた次の機会に。



は。



チビジャリ。



シャナ。
シャナ!



ぅ。
ぁ。



あ!



ぁ!



悠二!



いた・・・
痛いよ、シャナ。



悠二・・・
悠二・・・



シャナ?
大丈夫だ。
僕は大丈夫だよ。



あの場所に、私も行けたら・・・
ぁ!



坂井、おまえ本当に大丈夫なのか?



うん。
なんで元に戻ったのかわからないけど
たぶん、もう、大丈夫だと思う。
フィレスさんに力をほとんど渡しちゃって
ヘトヘトだけどね。



嬉しかった。
ヨーハンにこの手が届いた。



もう二度とさせない。



そうね。
もうしないわ。
だって、ヨーハンにもうやっちゃ駄目だって言われたんだもの。
それに、大事な事も頼まれた。
だから行かなきゃ。



一体、何が起きていると言うのだ?



何も言えない。
あなたたちのためにも、私たちのためにも。



どうしてもか?



えぇ。
ただ、彼は残していかなきゃならない。
では、行く。



フィレス!
どうして・・・
どうして一人で・・・
私に・・・



私にはもう、その資格がない。



それでも、私は・・・



ありがとう。






もう、佐藤も坂井くんも何処行っちゃったんだろう?
ったく。






これから、僕はどうなるんだろう?



悠二を守る。
絶対に。






なんか、いろいろありすぎましたね。
はぁ。
これで終わったんでしょうか?



ふっ。
始まったのよ。
たぶんね。

2009年1月25日日曜日

灼眼のシャナII 15 2/3




灼眼のシャナII 15 2/3





ふっ。



ぁ!



何?この気配!



近衛史菜(このえふみな)!



ど、どうなってんだ!



こ、このえさん・・・
き、きみは・・・



どうぞ、お引きを。



うわぁー!!



ぁ!



宝具に刻印を。



うわぁー!!



これって・・・?



まさか?!
マグネシアだと?



さがれ!
この嵐の中に長く留まってはならぬ!



悠二・・・



校舎の影に!



嵐蹄(らんてい)、フェコルー。



頂の座(いただきのくら)、ヘカテー!



頂の座に嵐蹄まで姿を見せるなんて
驚いたわね。



こいつは、やべぇな。



悠二!



待て!シャナ!



大御巫(おおみかんなぎ)
お早く回収を。



わかりました。



き、きみは・・・
ど、どういう事なんだ!?



これが嵐蹄フェコルーの誇る
鉄壁の防御陣、マグネシアだ。



うわぁ!



偽りの器よ!
器を開き、私のもとへ。



ぁ・・・



こ、近衛さん・・・



あ!



近衛さん!



何だってんだ・・・
何だってんだよ!?



偽りの器は無事回収。
そして暴君の実体化抑制も
零時迷子への刻印も完了。
残るは・・・



入れ物の分解を。



ぁ、ぁ、ぁ!



そんな事させない!



おう!



悠二!



アステル(星)よ。



アステル(星)よ。



悠二!



あ!外だ!



おぉ!



ぁ!



フィレス!おいで。



ヨーハン・・・



待たせてごめんね。



ヨーハン・・・
会いたかったよ・・・



僕のほうがもーっと会いたかったさ。



私のほうが・・・



僕のほうさ。



私。



僕。



この・・・!



アステル(星)よ!



騒がしいなぁ。
大事な話がしたいのに。



行こうよ、ヨーハン。

灼眼のシャナII 15 1/3




灼眼のシャナII 15 1/3


覚醒。






フィレスと心を通わせようとする吉田とシャナ。
そんな少女らの思いをあざ笑うかのように
真のフィレスが姿をあらわす。
悠二の中のヨーハンを呼び出そうとするフィレス。
だがその時、悠二の身体から突如出現した腕が
彼女を貫いた。






ヨーハン・・・



わぁ・・・ぁ・・・・ぁ・・・
僕の身体から・・・
何だ?



誰?
おまえは?
誰なの!?



銀色・・・



フィレスの力を吸い込んでいる?!



ヨーハン・・・



離れて!
このままじゃぁ・・・



いや・・・ヨーハン・・・
ここにあなたが・・・

あ・・・あー!



なにをお望み!?



酒一杯!!



死にたくなかったらじっとしていなさい!



攻撃じゃねぇ!
邪魔立ては無用だぜ!



もう狂気に酔ってなんかいられない。
これこそ私の求めていた物なんだから!



今が女の正念場ってとこよ!
我が麗しのゴブレット、マージョリー・ドー!



わかってるわよ。



お金は何処に!?



置いてきたあ!!



うわぁーーー!!!



フィレス!
落ち着くのであります。



放して。
ヨーハン・・・



フィレス!



執着疑問。



フィレス、お願いだから。



坂井君・・・






はぁ、はぁ、はぁ・・・
また・・・






悠二!



わぁーーー!!!






左腕ばかりか頭部までも・・・



暴君じーしんが転移することなど
あーりえないはずなのでーすがねぇ。



しかし、現に・・・



よほど大規模な大命詩篇が稼動してるんですかねぇ?



ま、まさか・・・
私たちのほかに大命詩篇を動かせる者が?



いいや。
ありえないね。
ならば可能性は一つ。



宝具、零時迷子の本来の持ち主が現れる。



どうだね?教授。



おーそらく。そんなところでしょうね。



彩飄フィレスが?
ま、まずいのでは?
私たちの計画の概要を悟られてしまう。



偽りの器は既にその役目を果たした。
そろそろ切り上げ時かねぇ。






わぁーー!!



捕らえた!



よっしゃー!



悠二!



そのままよ、そのまま。
悠二!
あんたの式をつなぐわよ!
あんたの鋭敏な感覚でつかめるだけ、つかんで!



全て・・・
私の全てを、今こそ突き止めてやる!



あ!



近衛さん?!



おい!封絶の中だぞ?!

2009年1月24日土曜日

灼眼のシャナII 14




灼眼のシャナII 14


ほぼ小説版XII(12巻)と同じですが・・・


マージョリーさんが悠二に探査の自在式をかけた結果を言う所で

小説版ではかなり物騒な発言をしていましたが

アニメ版ではそこはかなりやんわりとした表現に変わっています。



その代わり、この14話最後で悠二の身体から出てくるのが・・・

これが銀の正体なのですが詳しい事は小説版XVI(16巻)で

悠二の台詞として書かれています。



そして第2期アニメ版で第2の主人公とも言える

近衛史菜(ふみな)と執事さんのブレスレットが光り・・・



次の話へ続く・・・。




小説版は小説版として楽しめますが

この近衛史菜(ふみな)に関する部分もそれなりにまとまっていて

楽しめました。



灼眼のシャナDVD5巻

灼眼のシャナXII


★灼眼のシャナ★その他の商品

灼眼のシャナII 14 3/3




灼眼のシャナII 14 3/3





そうがっかりしないで。
あなたの欲しい物は何でもあげるから。



僕の欲しい物は・・・
それは・・・



ヨーハン?



それはきみだよ。
フィレス。



ぁ!



君と一緒に永遠にあり続ける事が・・・
僕の望みだ。



そのために、人間でなくなることが必要なら
あぁ、僕は喜んで・・・



ヨーハン・・・



時に悪戯してやろう。
0時で迷子にしてやろう。



ヨーハン・・・

駄目・・・



君も望んで。
僕と永久にありたいと。



ヨーハン・・・



そして僕はミステスとなる。

さぁ、僕の時よ止まれ。
美しき君とあるために。






ヨーハン・・・



どうしたんですか?
フィレスさん。



なんでもない。
少し思い出していただけだ。

私にも大切な時間があった。
あなたが今を大切にしているように。



フィレスさん。

わかってくれたんだ。



以上をもって、第72回
御崎高校、清秋祭を終了しまーす!
来年も今年以上に盛り上がりましょう!



おー!






ありがとう。ヴィルヘルミナ。
他ならぬこの地で
あなたと再会できたのは望外の幸運だった。
おかげで私は討滅されず、ヨーハンの置かれた状況まで
全てあなたのおかげだ。



フィレス・・・



祝着(しゅうちゃく)。



弔詞の詠み手、マージョリー・ドー。
あなたにも感謝を。



ん?



戒禁の変質の事を知らなければ
私は零時迷子への迂闊な接触を断行していただろう。



あんたのために調べたわけじゃないわよ。



何より、炎髪灼眼の討ち手、シャナ
吉田一美、あなたたちは時間をくれた。
あなたにとって大切な今は
私にとっても必要な時間だった。
ありがとう。



フィレスさん。



おかげで・・・
本当の私が・・・
ヨーハンに会う準備が出来た。



ぇ?!



悠二!



坂井君!



来る!



この気配は・・・



まさか・・・



フィレス!



そうか!
今までのフィレスは本体を呼び寄せる目印!
意識を宿した奴の一部だったのよ!



じゃぁ、あれが本体?!



ぁ!



接触による永続的な探査。
傀儡(くぐつ)を配し
本体到達まで状況を調査確保する自在法。
風の転輪。
でも、なぜ・・・



これほど都合のいい状況も無かったからだ。
かつての盟友。
目的以外を見ようとしない自在師。
甘い友情にひたる討ち手と
一途にして愚かな小娘。
全て利用させてもらった。
私がヨーハンを取り戻すために。



うそ・・・
うそよ!



零時迷子に触れないのなら
ヨーハン自身に出てきてもらうまで。

来て、ヨーハン。



わぁー!
わぁーー!!



悠二!



ヨー・・・ハン・・・

2009年1月23日金曜日

灼眼のシャナII 14 2/3




灼眼のシャナII 14 2/3





力の受け渡しはつつがなくなされたのであります。



終了。



大丈夫?坂井君。



ん、うん。



それで、何かわかったのでありますか?



零時迷子に正体不明の自在式が絡み付いているようね。



自在式?
サブラクの?



そのせいかどうか知らないけど
あんたがかけた戒禁も
妙な具合に変質してた。



戒禁が変質?
どういう事?



さぁね。
気になるんなら零時迷子に手を出して試してみたら?
もっともかけた本人のあんたであっても
無事ですむかどうか私は保証しないけどね。



で、その自在式と銀との関係は?



それがわからないから正体不明だってのよ。

今いえるのは零時迷子の謎が減るどころか
また一つ増えたって事だけ。



ウハハハハハハ。
銀とヨーハンばかりか
またぞろ複雑怪奇なオプション追加ってか?
ぜんたいブラックボックスすぎるぜ。
このトーチでミステスのあんちゃんはよ。



トーチでもミステスでも
坂井君は坂井君です!



吉田さん・・・



一美・・・



私はただの人間です。
ぐぜ(紅世)の事も、ともがら(従)やフレイムヘイズの事も
本当の意味はわからない。
この先ずっとわからないかもしれない。
けど・・・
フィレスさんにお願いがあります。






いらっしゃい!いらっしゃい!
おでんは2日目が美味しいですよ!



おい、あれ!



あぁ。
昨日の仮装パレードで優勝した・・・



真ん中の人は?



綺麗・・・



昨日の敵は今日の友と言いますけど
まさかこのような状況になるとは思わなかったのであります。



同意。



それにしても吉田一美にあのような胆力があったとは・・・



意外。






フィレスさんにお願いがあります。
あたしと清秋祭を歩いてください。



吉田さん・・・



一美・・・



まったく、何を言い出すかと思えば・・・
こいつが何者かわかってるの?



彩瓢フィレス。
ぐぜ(紅世)のともがら(従)。
でも、その前に恋人を想いこがれる一人の女性。



ぁ。



それならわかってくれるはず。
人を好きになる気持ちに
人間もともがら(従)も無いって。
あなたが破壊しようとしたミステスは・・・
私にとって・・・
私がどれだけ今を・・・
坂井君との今を大切にしているか、一緒に見てください。



私も一緒に行動する。



シャナちゃん。



悠二の傍で警戒するより
フィレスに張り付いていたほうが効率的でいい。






吉田さん、なんだか変わったな。
シャナも一美って呼んでたし。
二人の間に何かあったのかな?



あ、ところで僕とカルメルさんだけ
どうしてここに?



安全策に決まっているのであります。
フィレスが居る状況下で好き勝手に行動されてはたまらない。
少しは自分の立場をわきまえるのであります。
この・・・



唐変木(とうへんぼく)






はい、フィレスさん、シャナちゃん。



ん。



これ、うちのクラスのクレープなんです。
美味しいですよ。

あの・・・
こういうのは初めてですか?
学園祭って言うんです。
私たちの学校のお祭り。



祭りは初めてじゃない。
よく行った・・・
ヨーハンと一緒に・・・



きっとわかりあえる。
思いとどまってもらえる・・・
同じ気持ちに生きているんだから。



フィレスが簡単に心を開くとは思えない。
でも、もしかしたら一美の言うように・・・






おがちゃん、次は何にする?



えへへ、もう食べられないよ。



じゃぁ、フリマは?
なんかゲームみたいのとかは?
俺、全部おごるからさ。



あ・・・



ん?



マージョリーさん。



田中・・・



姐さん、どうも・・・



楽しそうじゃない、真竹。



え、いや、ははははは。
どうしたの?田中。



ほら、栄太、真竹が心配してるわよ。
とっとと行った、行った。



行こう、おがちゃん。



あ、あー!



栄太。
あせらなくていい。
時間はたっぷりあるんだから。
味わった事実とその重みをじっくり考えて
それから答えを出せばいいのよ。



はい。



ちょ、ちょっと・・・



マージョリーさん・・・



昨日のあれは栄太にとって
一つの大きな試練だった。
今ある大事な物に気づいて
そこからもう一度
本当の気持ちを確かめればいい。



ワハハハハハハ。
栄太がしょぼくれた原因はてめぇだってぇのに
また綺麗にまとめたもんだなぁ。
我が盛大なるマッチポンプ、マージョリー・ドー。



お黙り、馬鹿マルコ!






どうかしたのでありますか?



ぁ。
いえ。
やっぱり僕はここで良かったかなって。
みんなそれぞれに楽しい時間を過ごしていて・・・
でも、僕の時間は止まったままで・・・
その止まった時間が零時迷子によって、永遠に・・・
ヨーハンってどんな人なんですか?



ん?



ここに・・・
零時迷子の中に居る
確か、ミステスだって
カルメルさん・・・
という事は・・・



そう
あなたと同じもとは人間だったのであります。

フィレスはその強さを盾に刹那を生きる
気まぐれで放埓なともがら(従)でありました。
ヨーハンはそんなフィレスが戯れに拾い、育てた人間の子供。
しかし、年月とともに成長したその子供を
いつしかフィレスは・・・
人を好きになる気持ちに人間もともがら(従)も関係ない。
フィレスが吉田一美の申し入れを受けたのは
ひとえにこの思いに共感したからでありましょう。






もうすぐだ・・・
もうすぐ、清秋祭が終わる・・・
この苦行からもついに開放・・・



あ、池君、こんな所に・・・
また迷子の問い合わせよ!
ちょっと来て!



ぁ・ぁ・ぁー・・・
あーーー!!!






祭りが終わるのか?



ぁ。



ヨーハンが悲しむ。



フィレスさん?






さびしいな。
祭りが終わるのって。



人間の悦楽には必ず終わりがある。

灼眼のシャナII 14 1/3




灼眼のシャナII 14 1/3


永遠の恋人。






清秋祭にわく御崎高校を彩瓢フィレスが襲撃した。
零時迷子を狙うぐぜ(紅世)の王に
敢然と立ち向かうシャナ。
悠二が張った銀の封絶に
我を失うマージョリー。
熾烈(しれつ)を極めた戦いは
それぞれの胸に更なる謎と悲しみの爪あとを残す。






遅いわね。
そろそろあんたの存在の力が満ちようってのに。
ま、来なきゃ来ないでとっとと始めてもいいんだけど。



そう、あせるなよ。
我が短気な導火線、マージョリー・ドー。
炎髪灼眼の嬢ちゃんなら、時間前に絶対来るだろう。



ふっ。
チビジャリもいい度胸してるわ。
今の状況であんたをよりにもよって
このあたしや彩瓢と一緒にしとくんだからねぇ。



あ・・・



そう、手を出さないって約束してくれても
銀の炎を出した僕はマージョリーさんにとって・・・
それに・・・
あの人も・・・
フィレスさんも僕を・・・
零時迷子の中にいる、ヨーハンと言う恋人のことを・・・



どうした?
落ち着かねぇか?



佐藤。



ま、これからやる事を思えば無理も無いかな?
それにしても何処に行ったんだ?



あ?



シャナちゃん。






坂井くん・・・






悠二の存在の力を?



どうかフィレスに分け与えてやって欲しいのであります。
最低限、せめて立って歩ける程度に。



うむ。
今後、彩瓢から更なる情報を聞き出すためにも
力の分与は必要な措置やもしれぬ。



アラストール、でもそいつは悠二を・・・



もちろん、受け渡しの際
フィレスがミステス破壊と言う暴挙に及ばぬよう
我々全員による監視を前提とするのであります。
それに・・・
零時迷子とその作り主の間に流れる力の脈動を
仔細に観察すれば、あるいは・・・



銀についても何かわかるかも知れないって?



悠二?



うん。
それがどうしても必要な事なら。



とにかく、悠二を破壊するのだけは駄目。
これが絶対条件。



同意でありますか?
フィレス。
ヨーハンを取り戻したいのであれば
なおさら不用意にミステスに干渉してはならない。
慎重の上にも慎重を期すべきなのであります。



わかった。
ヨーハンの・・・
ためなら。



では、今宵0時を見計らい、場所は・・・



啓作のところでいいんじゃない?
いちいち封絶張るのもかったるいし。



あなたは誰?



え?



どうして、ここに居るの?



あ。
私は、その・・・



ただの人間はここから出て行くべきよ。






あたしはただの人間。
シャナちゃんや坂井君の傍には行けない。
ただの・・・



ぁ。
シャナちゃん?



迎えに来た。



え?
シャナちゃんがどうして?



支度して。



うん。



急いで。
もうすぐ0時になる。



うっわぁ、いった。
ぁ!



大丈夫、誰も目を覚ました気配は無い。



わかるんだ。
そういうの。



ぁ?



やっぱりそういう人じゃないと
そっちには行けないのかな?



おまえはどうしたいの?



私は・・・

坂井君のところに行く。



なら、誰もおまえを止められない。
たとえ彩瓢フィレスであっても。
もちろん、私にも。



シャナちゃん!



行こう。
あんな奴に私たちのことをとやかく言わせたりしない。



うん。



これが、シャナちゃんの・・・
フレイムヘイズの世界。
でも、どうして?
どうして私にこの世界を?
あ、あの時の顔だ。
あの時と同じ顔だ。



一美!
私、悠二に好きだって言う。



うん。
でも、負けない。



あたしも負けない。






ぁ。



なに?



いや・・・
なんて言うか・・・



さぁーって
若干1名の飛び入りも含めて
役者も揃った事だし
そろそろ始めるとしましょうか。



どうしてシャナが吉田さんを?

うわっ!



静かに。
観測と捜査の自在式を起動させただけよ。



ははぁ、
自在法5つの同時展開とは
また念の入った事だぜ。
我が慎重なる冒険者、マージョリー・ドー。



少しでも悠二の構成をいじったら
その結果を見る前に
おまえを斬る!



ぁ!



早まるな。
今は警戒に努めるのだ。



許容範囲。



ぁ。



ヨーハン。
こんな近くに・・・
ここにあなたが居るのに・・・



わっ!



悠二!



坂井君!



約束はこのミステスの構成をいじらない事だった・・・

2009年1月22日木曜日

灼眼のシャナII 13




灼眼のシャナII 13



おおむね小説版どおりです。

XII(12巻)に対応しているのですが

大きな違いは吉田さんです。


マージョリーさんが銀の封絶を見て暴走するわけですが

この時、小説版では封絶内で動ける人間は

マージョリーさんの自在法をまとった

佐藤と田中だけです。

小説版では吉田さんは封絶内では動く事ができません。


しかし、アニメ版では

吉田さんはカムシンからもらったお守りのために

封絶内で動くことができます。



暴れた償い(?)に修復をしながら

アニメ版ではマタケに対してごめん、と心の中で言うのですが

小説版ではマタケとカズミに対してごめん。というマージョリーさんです。



ともがら(従)に対しては攻撃的なマージョリーさんですが

人間に対してはとても優しい姐さんと思う私です。



灼眼のシャナII DVD5巻

灼眼のシャナXII


★灼眼のシャナ★その他の商品

2009年1月21日水曜日

灼眼のシャナII 13 3/3




灼眼のシャナII 13 3/3





おめぇは自在法すら即興で組み上げる
最高にたちの悪い天才だからなぁ。



そういうしち面倒くさいことは
螺旋(らせん)の風琴(ふうきん)か
探耽求究あたりにでも聞いて。

そう言えばあいつが言ってた。






あれは来るべき時節が来れば必ず会える。






今がその時節ってやつか。
あとはここで起きる事にくらいついていけばいい。

ん。



何か?



始めるみたいよ。



了解であります。



坂井悠二は校舎の中ってわけ?



中に居るのは彼だけではないのであります。



啓作、栄太?
当然か。

私がやるわ。



マージョリー・ドー?


なんとなくよ。
なんとなく。



なんとなく罪滅ぼしってか?



たまたま自分で責任(ケツ)を持ちたくなった。
それだけよ。



さ、始めるわよ。
悠二。



え?
マージョリーさんが直してくれるんですか?



なんか文句あるわけ?



いえ、別に。
良かったなって。



悠二、修復終わってもすぐに封絶とくんじゃないわよ。
封絶張る前の状況に戻しただけじゃけが人が出る。
そこら辺、最小限になるよう
物理的に動かすからそれまで頑張るのよ。



はい。頑張ります。



ごめんね、マタケ。
今度、何か埋め合わせするわ。






えー、皆さん。
突風による一時中断など、いろいろありましたが
コンテスト、再開いたしまーす!



イエーイ!






1日目終わった!
あと1日。






どうぞ。



ありがとう。
大丈夫だった?
その・・・いろいろ。



あたし、追いつきますから。
坂井君がどんなに遠くに行っても
追いつくように頑張ります。
だから、そのいろいろも話してください。
これからも。



吉田さん。
ありがとう。






田中?
なんか佐藤がこっちに居るから迎えに行ってやれって。
どうしたの?
ん?



おがちゃん・・・



ちょ・・・
田中・・・?



良かった。
無事だ。
おがちゃん!
良かった。






優勝おめでとう。



おめでとう、シャナちゃん。



悠二も・・・
吉田一美も上から三番目だった。
えらい。

2009年1月20日火曜日

灼眼のシャナII 13 2/3




灼眼のシャナII 13 2/3






わぁーー!!



田中、よせ!
見るな!
大丈夫だ。
封絶の中だから後で直してもらえる。

くそ・・・
俺は・・・
結局・・・
何も・・・






動きがさっきより鈍い。
弱ってる。



パイ取ったのは、だれ?



弔詞の詠み手!



誰?!
あなた?!
私?!
彼?!



いい加減にしねぇか!



手を出さないで。



フィレス!



待って、弔詞の詠み手!



駄目か?



制圧鎮静。



ヴィルヘルミナ!



やっぱり弱ってる。



邪魔!



お願いだから、おとなしくして!



絶妙連携。



当然。
だって私とヴィルヘルミナだもの。



お願いであります。
どうか、二人とも話を。



傾聴。(けいちょう)



おい、マージョリーよう。



アラストール、どう話そうか?



うむ。



簡単だろ。
坂井、おまえが出した銀色の炎の事から話せばいい。
今さら隠すなよ。

マージョリーさん。
この坂井が銀だなんてほんとに思ってたんですか?
銀の本体がどこか別の場所に居たらどうするんです?
坂井を消したらせっかくある手がかりを消すことになる。
それでいいんですか?



先刻、わたくしが伝えようとした事は
これであります。



理解要請。



マージョリーさん!



佐藤・・・



いいから、おまえはそこに居ろ!



姐さん・・・
ひどいですよ。
俺、知ってますよ。
姐さんがずっと銀を探していた事も・・・
暴れる理由も・・・
でも・・・
それでも・・・
あの爆発の中におがちゃんが居たんですよ!
おがちゃんが・・・居たんです。



知ってたんですよね?
その事も。
俺が言ったことも。
全部わかっててやったんでしょ?
何百年もやってきた事を
なんで自分から台無しにするんですか?
マージョリーさん!



我が涙の大杯、マージョリー・ドーよ。
ちっとばかり考えてみるこった。
駄々こねるザマを子分に見せる
親分のかっこ悪さって奴をよ。
おめぇが歌い渡ってきた理由は
どれだけ重い?

おまえのぶち壊しの標的は
どれだけ軽い。
おめぇと俺を繋げた雄叫びは
今日ほどに空っぽだったか?

そこに込めてきたものは
何処に置き忘れてきた?



マージョリーさん!



姐さん!



ぁ。



ともがら(従)じゃないのね?



そうよ。



銀じゃないのね。



それは、これから調査すべき事だ。



じゃぁ・・・
あんたは一体なんなのよ!?



僕が・・・
僕自身が・・・
一番それを知りたい。



そう。



悠二!



フィレス。
よく生きて・・・



ヴィルヘルミナ。



フィレス。
なぜ、このミステスをヨーハンと呼んだのでありますか?
零時迷子はあなたとヨーハンの思い出の品ではありますが
しかし、ヨーハンはもう・・・



ヨーハンはここに・・・

ヨーハンは零時迷子の中に・・・

あの時、零時迷子を狙ってきた
壊刃(かいじん)サブラクとの戦いで・・・



サブラク?
やはり・・・



サブラク?



ぐぜ(紅世)のともがら(従)の中でも
名うての殺し屋であります。



私はヨーハンを助けるために
唯一の手段をとった。



ヨーハン。
必ず迎えに行くわ。

だから・・・
私はヨーハンを探した。
ずっと・・・
そして見つけたの。



わたくしはあなたも、ヨーハンも殺されたものと。



居るわ。
私もヨーハンも。



フィレス。
このミステスは銀という不可解な問題を抱えているのであります。
せめて、もう少し調査を行ってから
ヨーハンの救出を。



ほどいて。



フィレス。

どうか、お願いであります。
彩飄フィレスの討滅
いま少し待って頂きたいのであります。
フィレスはヨーハンとの誓いで
人を喰らう事は絶対に無いのであります。



助命嘆願。



ヴィルヘルミナ・・・



うん。
零時迷子の事をもっと聞きたい。
この力の消耗具合から見て
人間を喰らってないのは本当みたいだし。



たいした思想の固さよな。



感謝するのであります。



ヨーハン・・・
エンゲージリングの一人が
僕の中に・・・



こういう時、坂井君が遠くなる。
すごく・・・



酒が欲しいわ。



後で飲むがいいさ。
じっくりとよ。



そうね。



何?



留まってくれて感謝しているのであります。



ふん。
感謝されるような事
なーんもして無いわよ。
で、なんでここに?



この場の修復に坂井悠二の存在の力を使うにあたって
フィレスを傍に置いておくには
炎髪灼眼も心を許してはおらず
私がリボンを通じて彼の力の供給を受けることに。



手間のかかること。



それにもう一つ。



弔詞の詠み手・・・
マージョリー・ドー。
世に名高き自在師であるあなたなら
今のヨーハンの・・・
零時迷子の状態を知る事が・・・
今の零時迷子はおかしい。
あんな、銀色の炎なんか、出せるはずが無い。



なるほどね。
零時迷子は永遠の恋人を入れた玉子。



ミステスの兄ちゃんは玉子の殻ってわけだ。



何か異変が起きている。
もしかするとサブラクの打ち込んだ式のせいで・・・



ご期待に添えなくて申し訳ないけど
あたし、こまごまとした見立ては苦手なの。

2009年1月19日月曜日

灼眼のシャナII 13 1/3




灼眼のシャナII 13 1/3


収束、そして兆し。






悠二の封絶が銀色であった事に困惑するシャナたち。
さらにヴィルヘルミナの旧友にして
零時迷子本来の持ち主、フィレスの生存も判明する。
不穏な空気もよそに清秋祭初日も最高に達する。
だが、その時ついに、フィレスが姿を現した。






悠二!



そんな・・・



あの色?



こいつはとんだお客さんだぜ。



私よ。
ヨーハン。



は。



いかん!



悠二が
壊される!



そんな・・・



正気覚醒。



どうして?



正気覚醒。



なんだ?このともがら(従)は?



そこから出してあげる。



わかる・・・
僕は絶対に・・・消される。



今すぐ。



悠二!駄目!!



うっふふふふふ。



これ!マージョリー!



はははは。
見つけた!
私の・・・
私の全て!



マージョリー!



なぜ・・・



正気覚醒。



どうして?



正気覚醒。



殺す・・・
殺す!殺す!殺す!



無理は承知です。
ここは止まって頂きたいのであります。



ヴィルヘルミナ!



弔詞の詠み手は万条の仕手に任せるのだ!
それより彩飄を!



ヨーハン・・・
もう二度と・・・
離さない・・・



うわぁ・・・



さぁ・・・
来て・・・



待て!



うわぁー!



悠二!離れてて!



彩飄フィレス!
まず話を聞け!



フィレスの気配がわからない!



自在法、インペルナだ。
この中で奴の攻撃を察知するのは不可能。
肉眼で捕らえるより無い。






大丈夫か?



あぁ。
おい、この封絶・・・



佐藤。



マージョリーさん。



姐さん!



吉田さん!しっかりしろ!



ありがとう。
これって一体?



わかんねぇ。
とにかく、ここは危ない。



街へ。
田中!



姐さん・・・
どうして学校で?
俺たちの事、見えてないのかな?



たぶんな。



とにかく、ここはやばい。



姐さんがあんなふうになったのは?



この・・・



あぁ、たぶん。



銀?



姐さんがずっと追ってたともがら(従)なんだ。
全てを賭けて。
でも、カルメルさんが止めているように見えるけど・・・



なぜ?



さぁ。



どうした?



この銀の炎を持っている奴
あの銀は何処に居るんだ?



それは、一番最初に襲ってきて
こんなふうにした奴じゃ?



違う!
そいつの炎はあれだ!
ほかの誰かだ。
襲ってきた奴じゃない、誰か。
あいつだ。
あいつしか・・・



おい、わかったのか?



いや。



くそ。
あいつはいつもあっち側で
俺は・・・



あんな所で戦ったら・・・
姐さん、駄目だ!



田中、よせ!



姐さん!



あ!

灼眼のシャナII 12




灼眼のシャナII 12


池くん、お疲れ様・・・

と言いたい清秋祭です。

でも、藤田さん、どうしてそんなに元気なの???


おおむね小説版XI(11巻)と同じですが

フィレスが使った探査の自在法、風の転輪(てんりん)に関しては

注意深く画像を見ないとわからないので文字にして見ました。


この部分は小説版を読んでいても突然、3行の文字が出てくるので

始めに読んだ時には何の事かわからなかったです。




この話で一番好きな場面は

おがちゃんが

パレードを思いっきり楽しまないと勿体無い。

そういう場面。


初めて見たときは、

高校の学園祭のパレードだから在学中、来年と再来年があるじゃ・・・


と思ったのですが、小説版を読むと


パレードに参加できるのは

1年生で、クラスから選ばれた人だけ

なのです。



悠二はいつ何があるかわからない・・・

そういう目で見ていたのですが

他のみんなにとっても、高校のパレードは1回限りです。


まさに一期一会。



仮装パレードを見ながら

学生時代(まだ晴海でコミケが開かれていた頃)

せっせと衣装作って参加していたのを思い出した私です。



灼眼のシャナDVD4巻

灼眼のシャナXI


★灼眼のシャナ★その他の商品

2009年1月18日日曜日

灼眼のシャナII 12 3/3




灼眼のシャナII 12 3/3






大変だな。






本当に近くに居たいと思うなら・・・



どうすればいいか、気持ちが教えてくれると思うわ。



手を伸ばせばいい。






あ、あの・・・



ぁ?



ま、待ってて・・・
いいですか?



え?



わ、私
欲張りなんです。
私、坂井君を好きになるだけじゃぁ
足りないんです。
私は、二人分の喜びが欲しい。
坂井君と一緒に喜びあいたいんです。

だから・・・
待ってていいですか?
坂井君が決める時までずっと・・・



吉田さん・・・



あー、あー。
こちら清秋祭 運営委員会です。
これよりベスト仮装賞のノミネート者を発表します。



イエーイ!



1年1組、川上正太郎君。
1年2組、坂井悠二君。
平井ゆかりさん。吉田一美さん。



ようし!



チビジャリと悠二がねぇ。



1年3組、黒田寿子さん。



やったー!



以上、ノミネートされた方は
もう一度、仮装の上
特設ステージにお集まり下さい。






そう、何 言ってもいいのよ。



坂井君に言いたいことがあったら
大声で叫んでみれば?






もう一度、悠二にはっきり言う。

好きって。






あむ。



やば、集合時間すぎてる!
ほーら、これも着けて!



リボンを手渡す。

ステージの中央に、
司会者の少女が立っている。
一つの自在法を、その身に秘めて。



は!
風?






入賞しちまうと・・・
驚いたな。



吉田さんは十分納得できるが
まさか、坂井がね。



坂井君、かっこ良かったもん。
みんなヘトヘトになっているのに
一人だけ余裕って感じで。
池くんに肩まで貸して。



ベスト仮装賞の大トリ・・・
栄えある女性第1位の発表です!

女性第1位は・・・

オズの魔法使い、ドロシー役、
『シャナちゃん』こと、平井ゆかりさんです!



おー!!



よっしゃぁ!



平井さん、どうぞこちらへ。



どんな不安も感じない。



まずは一言。



お?



え?



悠二!



おう!



ぁ?



私、悠二が・・・



ぇ?



ステージ壁際で、
シャナの声に気圧された二位の少女が
隣に居た坂井悠二の手に触れた。



キャァー!



ぁ!



フィレス!

灼眼のシャナII 12 2/3




灼眼のシャナII 12 2/3






わぁ!ほんとだ!
みたい。



吉田さん、疲れてない?



は、はい。
大丈夫です。



駄目だと思ったら言えよ。



いよいよって時は両側から担いでやるからよ。



あ~ぁ、たのむよ・・・



はい、頑張ります!



ぁ!



うーん。
どちらかに決めるというのは
なかなか難しそうだ。



やっぱ姐さん、来ないのかな?



朝っぱらから飲んだくれてたからな。
今頃寝てんじゃねぇか?



もしかして、弔詞の・・・
マージョリー・ドーの事探してるの?



あぁ、そうだけど。



居る。ヴィルヘルミナと一緒に。
ほら、あそこ。



姐さん!



ここまで付き合ってあげたんだから
話してくれるわよね?



そのものの情報ではないのであります。



まず、聞かせて!



詳しい説明は後刻。
天壌の劫火と炎髪灼眼の討ち手
それにミステスも同席の場で行う
という事にして頂きたいのであります。



何で、今さら勿体つける?



拙速禁物。



後刻っていつよ?



明日の夜で、どうでありましょう?



遅いわね。
今すぐ聞きたいって気持ちはわかってくれないのね。



ここに連れてきた意味を
どうか理解して欲しいのであります。



疲れた。



だるいな。



だらけてないで、元気出す!
マージョリーさんも見てんでしょ?
ほら、池くんもシャキッとして!



ど、どうしたんだ?
おがちゃん。



だって・・・
こんな風にパレードする事なんて
たぶん、もう無いよ。
思い切り楽しまなきゃ勿体無いよ。



そうだ。
問題はいろいろあるけど
立ち向かうって決めたんだ。
だから、今この時を精一杯・・・



イエーイ!



どえらく卑怯な手だな。
我が蒸発器、マージョリー・ドーに
一番効果的な手を使い・・・



ありがと。相棒。
明日の夜、ちゃんと話してもらうわよ。
文句も、引き伸ばしも、隠し事も一切無し。
いいわね?



感謝、するのであります。






パレードのみんなが帰ってまいりました。



うおー!



校庭1週最後のお披露目です。
誰に投票するか、迷っているあなた。
是非、ご覧下さい。



さすがにばてたな。



この衣装暑すぎ。



ジュース飲みてぇ!



それにしても坂井君があんな体力あるなんて
驚きだな。



池、頑張れ。
もう少しだ。



あぁ、何とか最後まで持ちそう。



おーー!!
お帰り!!



シャナちゃん、最高に目立ってたよ!



一美、無茶苦茶綺麗だった。



グランプリ、頂きだな!



坂井君、かっこ良かったよ!
結構いい線までいくかも?



いってて、押すなって!



そんなに押したら池が・・・



もう・・・だめ・・・



わははははは。






どこかで、
高速から降りたトラックの運転手が、
硬貨とともに、料金所の職員に触れた。






はい、ブルーベリークレープ。



ったく、人使いの荒いクラスだな。



池を休ませてやる優しさが残っているだけましさ。



生地が無くなりそうなんだ。
取って来てくれないか?



了解。
調理室だったよな。

あ、姐さん。



ちょっと、私、今日はそんな気分じゃ・・・



いいから、いいから!



ヴィルヘルミナ!



おがちゃん・・・



憧れのマージョリーさんが居ないと
少年たちがしょげちゃって。



はぁ。



あたしもマージョリーさんと一緒に楽しみたいんです。
えへへ。



はい。



わたくしに・・・でありますか?



食べて。



美味であります。



はぁ。
帰るわよ。



あの・・・
生地が無くなっちゃいました。



いけねぇ!



すみません。
少しお待ち下さい。



すぐに材料、届きますから。



ふ。
ん?



いかがでありますか?



甘すぎるわ。
けど・・・
こんな日にはいいかもね。






どこかで、
料金所の職員が、
おつりを返すため、バイク便の男に触れた。






どこかで、
バイク便の男が、
重くて分厚い封筒を、会社の受付嬢に渡した。






どこかで、
会社の受付嬢が、
届けられた書類を、総務課の係員に渡した。






よっしゃ!



模擬店食べ放題券。






もう、大丈夫なのか?



あぁ、少し楽になったよ。
来場者も居ない事だし
このままのんびりと・・・



池くん、ちょっと来て。
体育館の使用の順番でトラブルなの!



ぁ、ぁ、ぁーーー



池のやつ・・・

2009年1月17日土曜日

灼眼のシャナII 12 1/3




灼眼のシャナII 12 1/3


清秋祭始まる。






楽しくすすむ清秋祭の準備の中
ヴィルヘルミナからもたらされる約束の二人
フィレスとヨーハンの情報。
悠二が張った銀色の封絶。
ヴィルヘルミナの願いもむなしく
フィレスの風は祭りに吹く。






久しぶりに身体を動かすと気持ちいいね。



ずっと休んでいたら感覚が鈍くなる。



自在法さえ構築せねば弔詞の詠み手に悟られる事もあるまい。



カルメルさんが来ないのはやっぱり・・・



うむ。
集めた情報を改めて検証している。
だが、謎の疑問も容易に明かされはすまい。
いずれにせよ、この件はヴィルヘルミナ・カルメルに一任してある。
弔詞の詠み手への対応も含めてな。



そう。






一つだけ誓って。
心に決めて立ち向かうこと。



シャナ・・・
誓うよ。
何があっても立ち向かうって。



うん。






いよいよ清秋祭も本番だね。

うわっと。



ぁ?



おっと。



ぁ。
行こう。悠二。



あ、待ってよ。
シャナ!






やはり弔詞の詠み手に黙ったままというわけには
いかないのであります。



要慎重。



フィレスが零時迷子を追っているならば
もしもの場合は彼女の協力を仰ぎたい。
あのミステスが銀とかかわりがあるとすれば
なおの事。



支持。



銀のともがら(従)は彼女が契約するきっかけとなった仇敵。
はたしてどのような行動に出るか。



要注意。






清秋祭まで
あと0日。



第72回 清秋祭。



テント、しっかり固定しろ。



オッケイ。



食材が来てなーい!



早く、早くしろよ!



ステージのほうは終わったの?



急げ!
すぐに開会パレードだぞ!






そのドレス、似合ってるね。



そ、そうですか?
さ、坂井くんもかっこいいです。



あはは。
僕はそうでもないよ。



かわいい!



これならグランプリ狙えるかも。



優勝のスピーチ、考えておいたほうがいいよ。
シャナちゃんなら、マジで可能性あるもん。



スピーチ?



そう。
何 言ってもいいんだよ。



坂井君に言いたい事があったら
大声で叫んでみれば?



悠二に?



疲労困憊って感じだな。



結局、昨日も徹夜でさ。
そのうえ、この衣装 動きづらくて。



まさに清秋祭の生贄だな。



それ、シャレになってない。



ツン、ツン。



やっぱりあの二人で適任だったか。
良かった、良かった。



おがちゃんなら、ジュリエットやドロシーも
似合うと思うけどなぁ。



またまた。



ほ、ほんとだって。
あ・・・
あ、姐さんもパレードくらい見に来てくれたらいいのになぁ。
なぁ、佐藤。






いつまで黙って突っ立っているつもり?






これより御崎高校、清秋祭を開催いたします。






あの3組のアリス
グランプリ候補だってよ。



へぇ~?



近衛さん、体調はどう?
大丈夫そう?



はい。
今日はとても調子が良いです。



となると、問題は池くんね。



学校から商店街を抜けて
御崎市駅までを往復。



結構、距離ありますよね。



あいつ、大丈夫か?



開会パレード、スタートです。



よし、出発だ!



目標は大きく
目指せ!グランプリ!



おう!



あがらない。






風流三昧でありますな。



樹下極楽。



紅葉狩りだが、つきあうかい?



で、今日は何の用?



いえ・・・



なんなの?一体?
とりあえず、一緒に飲む?



今、何ていったの!?






あの子、かわいい!
モデルさんみたい!

灼眼のシャナII 11




灼眼のシャナII 11



今回は池くんの苦難(?)

と言いたくなる私です。

小説版ではXI(11巻)になります。


未来の生徒会長(?)には当然の宿命・・・なのでしょう。


しかし、池くんは大変そうですが

いっしょに池くんを振り回している藤田さん


彼女のタフぶりにびっくりする私です。


前回の感想にも書きましたが

小説版では清秋祭前夜に悠二は銀の封絶を張るのですが

このアニメ版ではヴィルヘルミナがフィレスの消息をしり

帰ってくる場面になっています。


清秋祭準備でほぼ全員が学校に泊り込み。

これがアニメ版ですが、小説版では、帰宅組みも居るようで

シャナ達は帰宅組み(?)なのでしょう。



アニメ版ではさすがに学校泊り込み期間中は鍛錬は休みのように見えます。



灼眼のシャナDVD4巻

灼眼のシャナXI


★灼眼のシャナ★その他の商品

2009年1月16日金曜日

灼眼のシャナII 11 3/3




灼眼のシャナII 11 3/3






何のことでありますか?



脈絡不明。



銀の炎です!
僕が構築した自在法・・・
封絶に揺らめいてあの・・・



悠二は封絶を張った。
その炎の色が・・・
銀だった。



馬鹿な。
ありえないのであります。



虚言撤回。



嘘じゃない!
あたしは見た!
アラストールも。



しかし、銀は・・・



彩飄(さいひょう)フィレスが零時迷子を捜していることと
坂井悠二の銀は符合しない。
両者はまったく別の問題だ。
つまり、坂井悠二
貴様には、かつて無い二重の試練が訪れようとしているのだ。






何とか完成したわね。



うん。
いよいよ明日か。



じゃぁ、明日
いっちょ派手にかまそうぜ。



おう!



て、池、おまえ大丈夫か?



うん、何とかな。
まぁ、きょう いちにち やすめば・・・



あー!
居た、居た、池くん!
ちょっと来て!



あ・ぁ・ぁ・・・



明日のパレードのコースに張るロープが足りないの!



ちょっと・・・



あ、ぁ~!



あれが池の・・・
宿命だな。






銀についてはこちらでも調べてみるのであります。
フィレスの力は絶大。
そちらも警戒を怠らないでいただきたいのであります。



うん。

まだ何かあるの?
私たちに話していないことが・・・

ヴィルヘルミナ。






銀の炎・・・
彩飄(さいひょう)フィレス・・・
これ以上、何があるって言うんだ?
僕は一体・・・



悠二。
一つだけ誓って。
心に決めて、立ち向かうって。



シャナ・・・
誓うよ。
何があっても立ち向かうって。



うん。






来ないで。
フィレス。
あなたとだけは戦いたくない。






ヨーハン。

2009年1月15日木曜日

灼眼のシャナII 11 2/3




灼眼のシャナII 11 2/3







マンドリン同好会10時から11時。
行くわよ、池くん。






じゃぁ、近衛さん、また明日。



お見送り、恐れ入ります。



え?



あぁ、いえ
私も皆さんとご一緒に宿泊できたら
どんなに楽しいかと・・・



学校に泊まる事なんかそうそう無いもんね。



あたし、トランプ持ってきた。
ねぇ、近衛さんも泊まらない?



泊まっちゃおうよ。



お誘いはありがたいのですが
なにぶんお嬢様はお身体の調子がまだ。
では、失礼いたします。



おーい!
そこの女子!



ぁ?



6時から2組のシャワータイムだよ。
後がつかえてるから急いで。



あ、もうそんな時間?
行こう、おがちゃん。



うん。
じゃ、じゃぁね。田中。



お、おう。



ぁ。



ん?






手を伸ばせば届く。
どうすればいいか、気持ちが教えてくれる。



おう、さらに育ってますね。
吉田君。



そんなこと・・・




隠さなくてもいいでしょうが。
ふふふ。



藤田さん、助けて!



ごめん、今 眼鏡無いのよ。



よし、かんねんし。
うりゃ!



キャー!



ちょっと中村、狭いんだから暴れないでよ!



もっとあちこち余計な脂肪がつかないと
駄目なのかな?



シャーナちゃん。



わし。



キャー!



中村!






シャナちゃん。
おきてる?



なに?



ありがとう。
この前。






悠二は吉田一美とロミオとジュリエットをやる!
いい?






嫌じゃない。



え?



でも、負けない。



悲しくない。



ぁ?



さっき坂井君、シャナちゃんだけを見ていた。
坂井君自身も気づかなかったかもしれないけど
あたし、わかった。
だけど、それを悲しいとは思わなかった。
今はそれが当たり前だって。

シャナちゃんと坂井君は
今までずっと一緒に戦って・・・

でも、負けない。



うん。






清秋祭まで
あと2日。



清秋祭
大仮装大会。






シャナちゃんと坂井君は
今までずっと一緒に戦って・・・






手伝うよ。



ぁ。



クレープ屋のほうがひと段落して
手がすいたんだ。

5番、駅前通り。

ここかな?



ぁ。



シャナ?



なんでもない。



私は悠二とずっと一緒に戦ってきた。
これからだって。



出来た!



ぁ!



ねぇ、一美。
ちょっと着てみない?



いいよ。そんな・・・



いいじゃん、着て見せなよ。
きっと似合うよ。



もう、いいってば。



そう言わずに着てみなって。



おお、神よ。
私たち二人の手を結び合わせてください。
さすれば、恋をとりくらう死の困難にも立ち向かって見せよう。



あ。
ロ、ロミオの台詞です。
約束された二人が運命のに翻弄されて



お、おーー!!



近衛さん、すごーい!



シェイクスピアなんか読んでいるんだ!



ぁ。






立ち向かう・・・



銀色の炎を持つというともがら(従)を
我は古今、耳にした覚えが無い。
わかっているのならば良い。



うん。
アラストール、私・・・



フレイムヘイズも人を愛する。
いざという時もどうすれば良いか、気持ちが教えてくれよう。
坂井家の奥方の言うようにな。



うん。



ただいま、調査から戻ったのであります。



ヴィルヘルミナ。






どうしたの?シャナ?
こんな夜中に呼び出したりして?

カルメルさん。



零時迷子にかけられた戒禁に関する調査は
期せずして
とあるともがら(従)の消息を尋ねる旅となったのであります。



ともがら(従)の?



彩飄(さいひょう)フィレス。



強大なるぐぜ(紅世)の王にして
ほかならぬ、零時迷子の作り手。

フィレスには心に誓った相手が居たのであります。
永遠の恋人、ヨーハン。
零時迷子のミステス。

約束の二人。エンゲージ・リング。
それが彼女らの呼び名。



エンゲージ・リング。



零時迷子とはそもそも
フィレスがヨーハンと共に
永遠にあり続けるために作った宝具。

時の事象に干渉し、存在の力を恒久のものとしながら
二人は永久の蜜月をおくっていたのであります。

ところが・・・
とある戦いに敗れ、二人とも・・・



そして、零時迷子は僕の中に無作為転移を・・・



零時迷子はいわば二人の絆の証。
共に過ごした年月の刻印。
しかし・・・



生存。



え?



フィレスは生きていたのであります。



生きて・・・
ってことは・・・
つまり・・・



遠からず、恋人の形見を
零時迷子を取り戻しに来るはず。

戒禁も、おそらくはフィレスが
何人たりとも零時迷子に触れさせまいと施したもの。
いずれ、彼女に見つかったが最後。
あなたは間違いなく破壊されるでありましょう。



必然。



銀は?
銀は、その事と関係あるのですか?



銀?

灼眼のシャナII 11 1/3




灼眼のシャナII 11 1/3


約束の二人。






突然帰ってきた坂井悠二の父、貫太郎。
貫太郎が語る若き日の千草とのかかわり。
千草が語る人を好きな気持ち。
二人の言葉からシャナと吉田は清秋祭に向けて
悠二への気持ちを固めていくのだった。






おはよう、千草さん。



おはようございます。貫太郎さん。
ちょうど良かったわ。
朝ごはんにしましょう。



ぁ?
ふーん。
悠二は?



先に食べて学校に行きましたよ。



へぇ~。
随分早いな。



(7:30)



文化祭の準備が忙しいらしくて
今日からは授業もお休みで
生徒たちは学校に泊り込むそうですよ。



頑張るねぇ。
いただきます。






第72回 清秋祭

清秋祭まであと3日。



看板、ななめってる。
左。
もうちょい上。
もうちょい。
はい、OK。



アメリカンドック。

お好み焼き。



机1個足りねぇ。



図書館からかっぱらって来い。



了解。



こっち、大丈夫。



茶道部。

水着喫茶。

お化け屋敷。

軽音楽部。



画鋲、1個取って。



あいよ。



やっぱ、これ、間違ってるよ。



こういうのの読みって何、それ?



なんか、いよいよって感じだな。



うん・・・



どうした?
何かあったのか?
え?



ぁぁ、いや。






どうして、僕が銀を?



私にも、わからない。






おい!銀だ!
そこは銀色で塗るんだよ。
金じゃないって。



わりぃ、わりぃ。



はぁ。
気にしすぎは良くないよな。



せーのっ!



おーし。
あとはクレープ焼き器の到着待ちだな。

なぁ、来てくれるかな?
姐さん。






清秋祭?
どこのともがら(従)よ。それ。



いや、そうじゃなくて・・・



お祭りですよ。
俺らの学校の。



はーん。
で、酒は出るの?



出るわけありませんよ。



高校生なんだから。



じゃぁ、用なしね。



あぁ。






駄目だろ。ありゃ。



だな。






近衛さん、体調のほう大丈夫?
無理しなくてもいいからね。



恐れ入ります。



そっちは?
シャナちゃん。
何かあったら手伝うよ。



大丈夫。



御崎市全図。






どうすればいいか、気持ちが教えてくれると思うわ。



迷っているのなら、まず手を伸ばせばいい。
そうすればある程度は届くものだよ。






届かない!



だめ、届かない。
そっちから切って。



あいよ。



はぁ。



うふ。



うっしゃぁ!



出来た!



うそ!
早ー!



手抜きじゃないの?



いいの、いいの。
田中だし、ライオンだし。
このくらいで丁度いいって。



あ、確かに。



田中が着たら笑えるかも。



あ、グッドタイミング!



ちょっと、田中、田中。



え?何?
ちょ、何よ?



何、それ?
似合いすぎ。



ねぇ、おがちゃん。
うけるよね。



いいかも。

ちょっと外の空気吸ってくる。

うわー!



気をつけろ!



ごめんなさい!



田中だったら何でもいいんだね。
おがちゃん。






や、でも、あれだな。
なんか、いよいよって感じだな。



また言ってる。



しっかし、ほんと
授業が無いと輝くよね。
あんたたち。



つーか、池。
おまえ、始まる前に終わってねぇか?



大変そうだな。
運営委員の仕事。
でも、ちょっと張り切りすぎなんじゃ?



ぼくじゃない・・・



あ?



張り切りすぎなのは僕じゃない。






ビラ配りの後は商店街組合との折衝。
あ、その後はイベントプログラムのチェックがあるわね。
後は放送部との申し合わせ。



藤田さん、
なんだか生き生きしてるね。



え、そう?
私、運営委員なんて大役初めてだから
池くんの足を引っ張らないようにって。



うん、うん。
君なら大丈夫だよ。



この備品を届けた後は
仮装パレードのコース確認の見回り。
それから、各進捗状況の視察ね。
それから実行委員長への報告。



がんばるね。
藤田さん。



うん。
池くんの足手まといになったらいけないから。



いや、もう、ぜんぜん。



宿泊所の準備が整ったら、今度は模擬店の違反調査と
当日用のアンケート作り。
それが終わったらプリントアウト。



あ、あの・・・
藤田さん・・・



大丈夫。
絶対、池くんに迷惑かけたりしないよ。



いや・・・
その・・・



大変!
外来者用の駐車スペース確保がまだだったんだ!






いろいろ大変なんだな。



そうだ、池くん。
これ・・・
みんな忙しいから手軽に食べられる物をと思って・・・
よかったらどうぞ。



さすが、一美!
気がきく!



吉田さん!
ありがとう!
いただきまーす!



あー、居た、居た。
池くん、ちょっと来て。
ステージの持ち時間の件で
軽音楽部とマンドリン同好会がもめてるの。



あーーーーーー。



結構きてるな。あれ。



池の宿命ってやつか。

2009年1月14日水曜日

灼眼のシャナII 10




灼眼のシャナII 10


悠二が初めて封絶を張り、銀色だった。

これは小説版では清秋祭前夜ということになっています。
そしてその時、ヴィルヘルミナも同席しているのですが
アニメ版では、ヴィルヘルミナはフィレスが生きている事を知り
調べるために出張中(?)です。

小説版ではフィレスとヴィルヘルミナが行動を共にしたのは
わずかな時間(瀕死のヴィルヘルミナの怪我が癒えるまで)
となっているのですが、(SII参照のこと)
アニメ版ではもう少し長い時間となっています。(後日放送)

つまり、アニメ版で、ヴィルヘルミナがフィレスの健在をしるのが
この話であるのに対し、
小説版では、ヴィルヘルミナの登場時には既に
フィレスが健在の事を知っており
いずれ、零時迷子を追ってくることも予測できたために
ヴィルヘルミナはフィレスと戦うのを避けるために
ミステスである坂井悠二を破壊しようとします。



悠二の炎が銀色という事がわかった時
アニメでは近衛史菜(このえふみな)が体調不良を理由に
坂井たちとの登校を避けるようにしたのは
偶然ではなく、意図的なものを感じています。

なぜなら、近衛さんと執事さんの手首にあるブレスレットが
非常に気になった私です。
(事実、この後に・・・。ネタバレになるのでここまで)



そして朝から坂井家の様子を伺う男性の脚。
これが父、貫太郎の帰宅なのですが
この場面は小説版IXと同じです。
ただ小説版では、早朝、
シャナは鍛錬という名目で悠二を棒で叩き
ヴィルヘルミナは千草さんと話をし、
貫太郎はその後の二人を尾行になっています。


アニメ版でも小説版でも書かれていないのですが
貫太郎の職業は?
海外長期出張中という設定なのですが・・・

しかも尾行はプロらしい。
困っている人を助けるのが仕事という。
謎の多い人物の一人と思う私です。



学園祭で使う衣装の布も
小説版では、ヴィルヘルミナが何を勘違いしたのか
大量に買ってきてしまい、それを学校へ寄付(?)という展開ですが
アニメ版では悠二のお母さんがしまってあった物を
シャナと吉田さんが取りに行っています。



ただ、ヴィルヘルミナが坂井悠二を破壊しようとした場面は
第1期にありますが、その後小説版では
シャナが、ヴィルヘルミナなんかだいっ嫌い!
と叫び、ヴィルヘルミナは弔詞の詠み手の所へやけ酒を飲みに行く。
このシーンがアニメではカットされているのが非常に残念に感じた私です。




灼眼のシャナII DVD4巻

灼眼のシャナIX

灼眼のシャナSII


★灼眼のシャナ★その他の商品