楽天

2009年2月9日月曜日

灼眼のシャナII 20 1/3




灼眼のシャナII 20 1/3


茜色の死闘。






御崎市に現れたバルマスケ(仮装舞踏会)の
イエーガー(捜索猟兵)、ザロービ。
その策略を見抜いた悠二はザロービを討ち倒し
また、シャナも砲撃体制にあった
ヴァンデラー(巡回士)ビフロンスを撃破するのであった。






あそこ、何だか変な感じがする。
そんな事より・・・

シャナ!
さっき言えなかった事、聞いてくれる?



ぁ?



うわぁー!






ぁ。






なんだ、これ?

うわっ!

なんだ、こいつ?
さっきのともがら(従)とは
全然レベルが違う。
どうして気づけなかったんだ?
こんな巨大な力の持ち主に・・・

うっ!

おまえは・・・?



壊刃(かいじん)サブラク。
強大なるぐぜ(紅世)の王。



うわっ!



カルメルさん。



依頼を受け標的の抹殺を請け負う殺し屋。



壊刃(かいじん)サブラク・・・
あいつが・・・



やはり最初に体制を立て直したのは
貴様だったか。
幾度もの交戦を経れば
逆襲に転ずるまでの時間も短くなるようだ。



貴様の相手はこのわたくし
万条の仕手、ヴィルヘルミナ・カルメルであります。



開戦。



相も変らぬ技巧の冴え。
始末する討ち手、三者のうち
よりによって貴様が混じっているとはなぁ。
いや、しかし
我が生の因業と受け入れるしかないか。



うわぁっ!



また一振り、我が剣を失ったか。
いかに強敵相手とはいえ
損壊は心地よい物ではない。
また一振り
いずこかより得ねばなるまい。
この戦いのうちに
あといく振りを失うか?



わぁー!



問題ないのであります。



静粛要求。



我が一撃を受け
尚もここまでの戦闘力を維持し得ているか・・・
いかに交戦経験があるとは言え
その事実には許しがたいものを感じずにはおれんなぁ。
いつ出くわすとも知れぬ者へと
常に力を注ぐようでは
遂行自体に障るとも言えるが・・・



カルメルさん!
そ、その怪我は・・・



自在法、スティグマ。
つけた傷を時とともに広げていく力であります。



そんな傷、いつ?
あの時の・・・



すみません。僕を守るために・・・



問題ないのであります。
これが奴のいつもの手。



ぇ?



壊刃(かいじん)サブラク。



シャナ?

みんなは?

良かった。気配は感じる。

その自在法のせいか、かなり弱っているみたいだけど。






う、ううう。

何が、どうなったんだ?
マージョリーさん?



やっと起きやがったか、啓作。



マルコシアス。



まんまとやられちまった。
我が重厚なる盾、マージョリー・ドーは
親分の責務を果たして
このありさまよ。

0 件のコメント: