楽天

2009年3月9日月曜日

闇のパープルアイ3




闇のパープルアイ3


このストーリーはコミックス版にはほとんど無い物です。

ただ、ミイラ男はコミックス版にも出てきます。


ところで、突っ込みどころ満載なこのストーリー。

既に、20年位前からセコムが学校の夜の警備を管理し

夜間、学校へ侵入すると警報が鳴ることに・・・


特別行事がある時は、連絡をして警備システムを切って貰ってたと思うのですが・・・



ただ、コミックス版ではミイラ男は

曽根原の別荘の地下に住んでいて

倫子の足首をいきなりつかむのですが

(2巻56~61ページ)


ドラマでは曽根原先生の自宅になって居ます。



曽根原先生がいきなり長期休暇を取るというシーンは

2巻142ページの会話から推測できます。



ただ、ミイラ男が出てくるのが

コミックス版では舞子が死んでから・・・になっているのに対し

ドラマ版では学園全体の怪事件(?)恐怖(?)というようになっていて

このときはまだ舞子は元気です。



このあたり、ドラマ版が出ていると知った時、

どう演出するのか?


作者の篠原先生自身が、お願いだから設計図など書かないで下さい。

と言われていたことがあったので、どうなるのかと思ったら・・・

ドラマ版では下水道を通路に使う。

となっていました。


曽根原が慎也にミイラ男は曽根原教授だった。

そして、曽根原教授が倫子を調べようとする。


しかし、倫子は抵抗し、曽根原教授を殺してしまう。


この部分に関してはほぼコミックス版もドラマ版も同じです。






闇のパープルアイ (1-12巻 全巻)


★闇のパープルアイ★関連商品

0 件のコメント: