楽天

2009年6月13日土曜日

ツバサ・クロニクル 11





ツバサ・クロニクル 11


この話はコミックス版3巻4巻に対応しています。


小狼が偽物さくらを見破るのに

さくらが小狼という。

しかし、小狼は

姫は自分のことを、もう小狼とは呼んでくれないと。


記憶をなくしてからのさくらは

小狼くんと呼んでいる。


なんとも言えない台詞だなと・・・


そして羽根が戻り、さくらが取り戻した記憶が

お誕生日の日にからっぽの椅子に話しかけていたり

小狼が来てくれて嬉しいというであろう場所が

小狼の言葉が消えている。



これが侑子さんに渡した対価の結果。



たぶん、普通の人がある場面を忘れていて

あそこに誰かが座っていただろうと思うとき

霧の中みたいな感じでいるのだろうけれども


このツバサの中では空っぽの椅子に話しかけている。


これが、せつないですね。


ツバサ・クロニクル 4(DVD)

ツバサ(3)

ツバサ(4)

輸入アクセサリー (北米版) ツバサ クロニクル: スウェットバンド




★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: