楽天

2009年9月25日金曜日

ツバサ・クロニクル 第2期1(27)2/3



ツバサ・クロニクル 第2期1(27)2/3





知世姫?



黒剛さん!



て!



お待ちなさい。



ぁ・・・



うふ。



ぁ・・・



ぁ!



ぁ?



見つけましたわ!



ぇぇぇ・・・



ヒロインはあなたですわ!



はぁ・・・



改めてご挨拶を。
私、ピッフル・プリンセス・カンパニーの社長
知世=ダイドウジと申します。



社長さんなんだ!
すごいね!



ひょっとして
あのレースは・・・



えぇ。
わが社が主催しています。

私は主催者として
興奮のスタートから
チェッカーフラッグが降られる最後の瞬間まで
レースの全てを記録に収めることにしました!

うふ。



はぁ・・・



その為にはレースに出場してくれるヒロインが
必要なんですわ。



ほぇ~・・・
あはは・・・



それが、さくらさん!
あなたなのです!



ぁ・・・






さくら、かっこいい!



さっきとは別人みてぇだな。



やっぱりやる気がちがうからなぁ。



あ!



わぁ!



姫・・・



あ!
姫・・・!



こけっぷりも
かわいいですわ。






ドラゴンフライは動力も使っていますが
ほとんどは風で動いているそうです。
ですから、これで常に風を読むんです。



はい。



風を読んだらハンドルを切るんです。



こうね。



ゆっくりで大丈夫ですよ。



ぁ!



ぁ!



す、すみません・・・



あぁ、ごめんなさい。



うふふ❤
ららん❤
ラブラブ~❤






さくらちゃん
前に比べると明るくなったね!



あぁ。



ほほえましいね。



うん。



黒たんの事だよ。



あ?!



知世ちゃんのこと
意識しまくりでかわいかったよ。



ちぇっ。



でも、結構会うもんだね。
姿は同じでも同じじゃない人に。



おまえはまだ会ってねぇようだな。
逃げ続けなきゃならねぇ理由と・・・



・・・!



同じ顔でも
同じ奴とは限らねぇがな。



わかるよ。
ただ同じ顔をしているだけなのか
それとも
あの人なのか
オレにはわかる。



はぁ。



黒たんに知世姫がわかるようにね。






私は見届けねばならない。
あの奇跡の行く末を。



ふ。



別の世界に行けば
同じ顔でも別の人間。
彼らはそう思っているはず。
よもや以前に会った者だとは
気付かないでしょうね。

次の一手はあなたです。






さぁ!始まります!
ドラゴンフライレース!
今回は豪華賞品のためか
参加者数も過去最高!

しかしこの予選で上位12位に入らなければ
本戦に進むことは出来ません!



なんか、見た事ある人がいっぱい居るね。



え、えぇ。



あれは・・・

龍王!
じゃないのか。
この世界では。



ほんと、懐かしい顔が一杯だよね。



補佐にてチェッカーフラッグを振るのは
わがピッフルワールドが誇る総合商社
ピッフルプリンセスカンパニーの若き社長
知世=ダイドウジ嬢!



皆さん、準備はいいですね。



さぁ!
ドラゴンフライレース!
予選のスタートだ!



きゃぁ!

あーー!



姫!
エンジンを切って!



はい!



コントロールがきかなくなったら
エンジンを止めて
風を利用するんです。



わかった。



さぁ、行きましょう。



やはり先頭集団はこれまでのレースでも上位入賞している
常連ぐみだ!
その後を必死で追うのが
今回、初エントリーの二人
ツバメ号と黒たん号だ!



なんつー名前つけやがったんだ!
てめぇ!



かわいい名前のほうがいいなぁ
って思ってね。



レースの最中にふざけてんじゃねぇ!



それもそうだね。
んじゃ。



最初から真面目にやれ!



きゃぁ!



姫!



大丈夫!
それより、先に行って!



ぁ・・・



力いっぱい飛んで。
私も精一杯頑張るから!



姫・・・



はい。






主催者は公平でなければいけないのですが
ああいう素敵な方に
勝っていただきたいですわね。



先頭集団はそろそろゴールに近づきつつあります!

来ました!

0 件のコメント: