楽天

2009年9月14日月曜日

ツバサ・クロニクル 24 感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 24 感想・原作比較


この話もコミックス7巻に載っています。

コミックスと比べてアニメのほうは

だいぶ話をふくらませて作られています。


いよいよ物語りも大詰め。


桜都国に残されている黒剛だけが

桜都国の本当の姿を知らない。


でも、ほかのキャラたちはみな桜都国が

ゲーム内の仮想現実と知っている様子。


そして小狼くんが目覚め

ファイから事情を聞き、桜都国は仮想現実で

桜花国(エドニス国)が本当の世界と知る。


そして干渉者のもたらした羽根の力で

仮想現実が、現実になると言う危機にある。



黒剛は星史郎さんの目が

殺す者の目と読み、戦いに挑む。

周囲は止めようとするが・・・



黒さま、強いからね~

心配ないよぉ~


って感じですか。



でも、黒剛が今、戦う理由は一つだけ。

仲間であるファイ、小狼を殺されたと思ったから。


黒剛も変わったね。

最初はなんでこんな奴らと一緒に旅をしなければいけないのか?

なんて思ってたはずなのに

二人を殺されたと思い、星史郎さんに戦いを挑む。



でも、二人が無事と知り、戦う理由がなくなり

星史郎さんも黒剛から殺気が消えた事で

もうやめましょう・・・と言う。



そして星史郎さんはイの一の鬼児である

織葉さんを呼び出すのですが・・・




個人的にやっぱり星史郎さんは嫌いですね。

目的のためには手段を選ばない。

他人の迷惑も考えない。

何か言えば時間が無いという。

彼は双子の吸血鬼を探しているというが、それはなぜ?

CLAMPさんの別の作品を読めば答えは出てくるのだろうか?

ゲームに干渉者として入り込み

それは利用した製作者側も製作者側なのでおあいこですが・・・


織葉さんの言うとおりに正規の方法にて

対決すればよいのに

時間が無かったという。


そしてパークを滅茶苦茶に壊し・・・


星史郎さんについては疑問だけが残ります。


ツバサ・クロニクル 1st 全7巻セット(中古DVD)

ツバサ・クロニクル 7

ツバサ(7)

【CD】坂本真綾/ループ アニメ『ツバサ・クロニクル』ED曲

即納!■送料無料■しおり付!■ツバサ・クロニクル CD【ベスト・ボーカル・コレクション】


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: