楽天

2009年10月4日日曜日

ツバサ・クロニクル 第2期3(29)3/3





ツバサ・クロニクル 第2期3(29)3/3





まさか・・・






ふ・・・
なぜ私に目をつけた?






それじゃ、あなたは
ジェイド国に居た
カイル先生なのか?



ふ・・・



異なる世界には
同じ顔した
別の人間が居る。
けれど、本当に別人か
確かめる術はない。



ぁ・・・



よーく覚えておく事だ。



ぁ!



消えた・・・
て言うより、別の次元に移動した。



あぁ。



やはり
あの人の言ったとおりでしたわね。



忘れてたぜ。
おい、あの人ってのは誰の事だ?



知世姫です。



な、なんだと?!






あなたに全てをお話します。
あの羽根のことを。
異なる世界の存在を。
そして、いつかそこへ来るであろう
旅人たちの事を。



あなたは?



私は異なる世界のあなた。
同じ顔。
同じ魂を持ちながら
別の時を生きる者。
世界は一つではないのです。



ぁ・・・



あの羽根を持ち主に返してあげてください。
でも、気をつけて。
いろいろな世界に居る何者かが
羽根を狙って居ますので。






夢に出たあの姫がそんな事を・・・



はい。



つまり二人も俺たちを騙してた
って言う訳だね。



演技すんの
無茶苦茶大変だったぜ。
俺、こういうの苦手だってのに。



女性に嘘をつくなんて
罪の意識にさいなまれ
胸が張り裂けそうでした。



でも、まさか私の近くに共犯者が居るとは
思いもしませんでした。
本当にありがとうございます。

さくらちゃんにも
お詫びをしなければなりませんね。



ぁ・・・






痛みますか?



ぁ?



左手です。



なんでもねぇよ。



夢の・・・



ん?



いや、いい。



気になりますわ。



何でもねぇよ。



最後までおっしゃってくださいな。



夢の中の知世姫はどうだった?



お元気でしたわ。

あなたの事を話す時
とても楽しそうでした。



どうせまたふざけた事をぬかしてたんだろ。



いいえ。
あなたなら本当の強さを
きっとわかるだろうからと。



ぁ・・・



無茶をせずに早く治してください。



魂は同じ・・・か。



え?






ワンコ!
どうしても行っちゃうのかよ?



うん。
でも、きっとまた会えるよ。



わかった。



絶対だぞ。



モコナもどきもどっきどき!
かぁ~ぷぅ!



楽しかったよ。



ありがとうございました。



知世ちゃん
また会えるよね。



えぇ。
この国にはまだ次元を渡る技術はありませんが
わが社が必ず作って見せますわ。
だからきっと
またお会いできます。



夢で知世姫に会ったら伝えてくれ。
必ず帰る。
とな。



はい。



ふ。



ぴかーん!






直接の介入も
無駄だったようだな。
あるいは当然の結果というべきか。



例の場所へ彼らを行かせるつもりですか?



あの奇跡の行く末を是非にも見届けねば
ならんからな。
さぁ、奴らをあの地に落とせ。

0 件のコメント: