楽天

2009年10月8日木曜日

ツバサ・クロニクル 第2期4(30)3/3





ツバサ・クロニクル 第2期4(30)3/3





それは
いかなる世界においても
揺るがぬ現実。



今さら何を言うんだ?
きっと出来る。
出来るはずだ。

現に、あの時は奇跡が起こり
俺達は生き返ったじゃないか?



それは、わが力ではなく
羽根の力だ。
この娘の祈りが一つになってなされた。
だが
それとて短き奇跡。



そんな・・・



ぁ・・・



ちくしょう!



ぁ!



みんな
やめるんだ。



ぁ・・・



さくらの羽根が!






どうしたんだい?
さくら姫。



ぁ・・・
お父様。

あのコが・・・
あのコが死んじゃったの!

ねぇ、お父様。
神官さまにお願いして
あのコを生き返らせて!

お願い!



それは出来ないんだよ。



え?



失われた命は
二度と戻りはしないのだから。



お父様・・・



だからこそ命は尊く
生きることは素晴らしいんだ。



ぁ・・・



それを教えてくれたあのコの事を
決して忘れてはいけないよ。



はい。






ついに
今夜だね。



別れの夜か。






力になれなくて
本当にすみません。



いや
あんたのおかげで
孫とたくさん語り合えることが出来た。



あなたたちには感謝しています。



小狼、さくら
向こうに空汰たちが居たよ。






君たちに会えて本当に良かった。



ぁ・・・



おれが居なくなっても
強く生きるんだぞ。



違うの。



ぇ?



ごめんなさい。
私、本当のことが言い出せなくて・・・



何を言ってるんだ?



実は・・・
私も・・・



おぉ・・・



ぁ!



ぁ!



小狼くん・・・



隠していてごめんなさい。
どうしても言えなくて。



どういう事だ?



あなたが命を落とした後
私も神殿に行ったの。
あなたの事を生き返らせて欲しいという
願いを叶えに。

でも、結局はあなたと同じ運命をたどったわ。



どうして今まで黙っていたんだ?



あなたの気持ちを考えたら
言えなかった。



この気持ちをどう伝えたら良いんだろう。
哀しいような・・・
嬉しいような・・・
言葉にするのがひどく難しい。



私は嬉しいわ。
あなたと一緒だから。



小狼。
俺たち幸せそうか?



はい。



二人ともまた会おうね。



え!
うん、そうだな。
また会おう。



いつかまた、どこかで。



お父様が言っていた・・・



ぁ・・・






失われた命は
二度と戻らない。






だからこそ命は尊く
生きることは素晴らしい。



ぁ・・・






綺麗だね。



あぁ。






満足のいく結果だった?



こちらが予期していた通りだな。
うん。



ふっ。

0 件のコメント: