楽天

2009年10月9日金曜日

ツバサ・クロニクル 第2期4(30)感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 第2期4(30)感想・原作比較



この話はアニメだけの物です。

第1期最終話、26話『最後の願い』の続編という設定です。


26話でさくらが神に捧げた祈りは

城を目指して行った者が生き返ること。


しかし、何処の国でも、どの世界でも

一度死んだものは帰らない。


これが約束。


命は終わりがあるから、限りがあるから尊い。


しかし、26話の時点でさくらは死者の復活を願った。


そして、復活が叶った。



そしてもう1度この国に来ることに・・・



さくらが侑子さんにお礼の服を贈るのがコミックスでは

ピッフルワールドを立つ前だったのですが

アニメでは次の世界に着いてからになっています。



そして、生き返ったものは再びこの世を去る。



考え方の違いと言えばそれまでですが

お盆に先祖(死者)が帰って来ると考えれば

あの世とこの世がほんの一時期つながった。


そんな感じもあります。



話す間もなくあの世へ行ってしまったのが

ゆっくり話す時間が持てた。



それが良かったのかもしれません。



その後のツバサの展開を知ってしまった今

この話はコミックスには出てこない話ですが

かなり重要な布石(?)

意味深なストーリーだったと感じてしまいます。



ツバサ・クロニクル 第2シリーズ II


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: