楽天

2009年11月14日土曜日

ツバサ・クロニクル 第2期9(35) 感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 第2期9(35) 感想・原作比較



この話はコミックス版、9巻に載っています。


阿修羅王のところへ夜叉王がやってくる。

さくらは夢でこの様子を見ていますが

この部分はコミックスにはありません。



謎の男、飛王・リードの所に囚われている少年

彼が何者なのか?

アニメでは詳しくは出てこないのですが

コミックス版では小狼に関連がありそうな書き方。


そして、小狼の右目との関連・・・


この時点ではまだ明らかにはされていません。



しかし、阿修羅王は小狼が何者なのかを知っているような口ぶり。

そして、池の水鏡を通して、侑子さんと会話をしている阿修羅王。


阿修羅王は何者なのか?


しかも阿修羅王は侑子さんに何かを願い

その対価として不老の酒を渡している。


願いの一部は、モコナと小狼とさくらを城に招くことが必要だった。


その願いの対価は重すぎるけど

一部はさくらたちを城に招く事でよかったらしい・・・


しかし、阿修羅王の願いとは?

どうやら敵の王である夜叉王との恋に関連しているらしいが・・・


直接的な願いをかなえるためには重過ぎると侑子さんは言う。



一方、さくらは小狼の痛そうな目に思わず口付け。

モコナはそれは躯の記憶だと言う。



確かに記憶を失う前の、さくらは・・・

小狼くんの事が大好きで

小狼くんもさくらのことをとても大切に思っているのだけど

身分の違いで小狼は自分の気持ちを否定しようとしている。

当然と言えば当然の行動。


記憶を対価として渡しても

思いは誰にも渡せないという事なのか?


そして、夜叉王の配下に居る黒剛は・・・?


この回は特に目が離せないストーリー展開になっています。

だけど、肝心なところは全て???状態。

正直、先が気になって仕方の無い回でした。



ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 3

ツバサ(9)


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: