楽天

2009年11月25日水曜日

×××HOLiC◆継 2 3/3





×××HOLiC◆継 2 3/3


×××HOLiC◆継 2



なんかこう、うぞうぞと・・・
あぁ、あと本は百目鬼が
買いなおすからって。



あ・・・
いいのに。



あいつも読みたいらしいから。

生意気に。



ん・・・






ねぇ、この本、誰の?






なんで侑子さん
本の持ち主を気にしたんだろう?
そう言えば、前に言ってたよな。
ひまわりちゃんは
おれの幸福の女神ってわけじゃないって。
ありゃ、どういう意味なんだ?



何?



なんでもないよ!
って言うか
ひまわりちゃん、今日も最高!






さぁて
今日は豚の角煮丼にするか。
付け合せは野菜たっぷりの昆布サラダかな!

うん。
やっぱり食事の栄養バランスは
大事だもんね。



ん?



あぁ!
なんだ?!
今の。

ぇ?



捕まえた!

あむ。

美味しい!



く、食った!
金魚、食った!



ん?



やべぇ。
目が合っちまった。



え?
あ?



あぁ!
あんたね。
今、こっちの世界で話題なのは。



こっち・・・って?



あんたの目
奪い合いになってるわよ。



え?



あたしも欲しいんだけど
あの子が怒るからなぁ。



あの子?



ん?

また居た!



ちょっと待って!
奪い合いってどういう事なんだ?!



あの子に聞けば?



だからあの子もわかんねぇんだってば!






それ、猫娘ね。



はぁ?
あれが?!



金魚、追いかけていたんでしょ?
猫は好きじゃない。



最近の猫娘は
ブーツにミニスカっすか?



で、猫娘が言ってたのね。
四月一日の右目が奪い合いになってるって。



はい。



ちょっと困った事になったわね。



はい?



急がないと。
あなたの右目は二度と戻って来ないわ。






戻らない・・・か。



何だって?



へ!
うわぁ!!
いきなり湧いてくんな!



さっきから後ろに居た。
おまえが百面相を始める前から。
で、何だって?

おい。



四月一日君!
百目鬼君!



ひまわりちゃん!



お掃除、終わった?



うん。
あと、ゴミ捨てるだけ。



あたしの所も終わったの。
一緒に帰ろうと思って。



うん!



百目鬼君は?



うわ!



部活。



そっか。



しっしっし。
べろべろべろ・・・



残念だけど今度一緒に帰ろうね。

じゃぁ、帰ろうか。
四月一日君。



はーい!
すぐ戻ってくるから待っててね!
行ってきまーす!



やっぱり四月一日君
元気だね。



つか、アホだろ。
ありゃ。



でも、右目
大丈夫かな?
早く治るといいんだけど。






えへへ。
本当に?



うん。
本当!
本当!



でも、あたし
結構、怖いのとか
不思議なのとか好きだよ。



え・・・そうなんだ・・・



でも、そんなひまわりちゃんも
素敵だよ!



この前、ちっちゃい女の子の霊能師がね
お払いするっていう番組があったんだけど
面白かったよ。



へぇ。
女の子。



小羽ちゃんって言うの。
すっごくかわいいんだよ。



ひまわりちゃんのほうが
ずっとかわいいよ!



あ、あたしこっち。



あ・・・
もうここまで着いちゃったか。



うん。
何か楽しいとあっという間だね。



きゃぁ。
あっという間。
あっという間。



じゃぁ、四月一日君
また明日。



また明日!





楽しいって、あれ
おれと一緒で楽しかったって事かな?
ひまわりちゃんと居たら
こんなに幸せなのに!

なんで侑子さん
あんな事を・・・



ぁ!



ピピピー!

ドン!



あ!



うう!



大丈夫ですか!



えぇ。



何だ?
事故?



ベシ!



うわぁ!
今度は何だ?!



カラス天狗!



おまえのせいじゃ!



え?!



おまえのせいだ!



あの、何だよ!



連れて行け!



待てよ!
今、事故が!



お前はここに居るべきじゃない。
居てはいけない!



ぇ?
ぁ?



だから連れて行く。



だから、どこへ?



おまえの雇い主の所だ!



侑子さん?






頼みがある。



対価が要るわ。



わかっている。
でも、頼む。



願いは?



座敷童女が捕まった。



え?!



助けたいのに近づけない。



助けたいのに助けられない。



カラス天狗でも破れない
結界のせい・・・ね。



座敷童女の身に邪気は毒だ。
あのまま捕まっていたら・・・



対価は?

モコナ。



はぁ!



天狗の扇。
秘宝でしょうに。



あの子には代えられない。



いいわ。
その願いかなえましょう。



はぁ。



でも、結界を破るだけに
この扇じゃ対価が大きすぎる。
何事も過不足なく
貰いすぎも、貰わなすぎてもいけないのよ。
だから
結界破りにうちのバイト君をつけるわ。



ぁ!



だから
あの子はこいつのせいで!



でも、あなたたちだけでは
座敷童女は助け出せないわよ。



ん。
ぅぅぅ・・・



どうする?
四月一日。



行きます。



危ないわよ。



行きます。



うわぁ!
管狐。



連れて行きなさい。



ほっ!



うわぁ!



さすが天狗の扇。
座敷童女が捕まっているところまで
ひとっとびね。



モコナ、行かなくていいのか?



四月一日が
わからなければならない事だから。

0 件のコメント: