楽天

2009年12月27日日曜日

ツバサ・クロニクル 第2期16(42)3/3





ツバサ・クロニクル 第2期16(42)3/3






さくらちゃん
いい子だね。
小狼くんと黒さまもいい感じだし
オレもちょっと考えようかな。
なんてね。






ぁ!



姫の羽根。



待て!



ぁ!



魔物?!



へっ。



小僧!
仕掛けるぞ!



でも、この魔物は
本を守っているだけです。



ぁ?



できれば傷つけずに羽根を。



馬鹿か!
そんな甘っちょろい事を言ってると!



えぃ!



あぁぁぁ!



小僧!






小僧・・・



えぃ!

えぃ!



ぁ・・・

ん!



ぁ。



おまえ・・・
誰だ?



ふ。






小狼くん!



あ!
姫!



ぁ?



小狼くん。



ぁ・・・






本当に美味しい?

本当に本当?



よかった。

前に失敗しちゃったでしょ?
だからちょっと心配だったの。

え、うん。
時計?

いいの。
時間なんてわからなくて。
時間がわからなければ
ちょっとでも長く
・・・と一緒にいられるかな?






モコナ!
早く次の世界へ移動を!



うん!

ほっ。

モコナもどきもどっきどき!
きゃぁぁぁぁ!



モコナ!



ぷぅ。



魔術が働いているんだ。



行くぞ!
白まんじゅうが駄目なら
走って逃げるしかねぇだろ!



はい。






記憶の本の略奪者
逃走中!
捕獲せよ!






ぁ!



道が・・・
海みたいになっちゃってる!



飛び込むぞ!



駄目だよ。



ぁ・・・



ひゅぅ!



口笛なんぞ吹いてる場合か!



ぁ・・・



ぁ・・・



モコナ
次元移動を。



でも・・・



この中なら大丈夫だよ。



ぷう!



ぁ・・・






小狼くん・・・
私、思い出したよ。
あの時計のこと。



ぁ!






え?
うん。
時計?

いいの。
時間なんてわからなくて。






でも、誰と一緒に居たのかは
わからなかった。

ただ、とっても楽しくて
その人とお別れするのが切なくて・・・
いつか思い出す日が来るのかな?



きっと大丈夫です。



危ないところだったねぇ。



てめぇ
魔法は使わないと
決めてたんじゃなかったのか?



う~ん。
一応、今まで使っていた魔法とは
ちょっと違うんだけどね。

音を使った魔法で
オレが習ったのとは別系統なんだけど・・・



だが魔力は魔力だろ?



かな。



へっ。



黒りん。
モコナ
具合悪いの。
うぅぅぅ・・・



モコナ?
そんな!



ぁ?



ここは・・・
まだ・・・

レコルト国・・・

0 件のコメント: