楽天

2010年1月14日木曜日

ツバサ・クロニクル 第2期21(47)1/3





ツバサ・クロニクル 第2期21(47)1/3


はたらくサクラ。







次の世界に到着!



今度の国は随分と都会だな。



季節は冬みたいだね。



ぁ・・・
ありがとう。



めきょ!



ぁ?



小狼!
さくら!
羽根がすぐ近くにあるよ!



姫・・・



はい。






姫の羽根が・・・!



お店で売られてる・・・



これって・・・



本物・・・だよね?



間違いないの。
でも、羽根の波動はすご~く小さいの。



羽根ってのは
すげぇ力がある物じゃねぇのかよ?



なぜだかわからないけど
この世界では羽根の力が弱められちゃうみたいなの。



ぁ・・・



あら、お客様かしら?



うふ。






この羽根を見つけたのは
そう、今から3年まえだったかしら?
朝、公園を散歩しているとき
樹にひっかかっているのを見つけたの。
とても綺麗だったから
うちの工房でブローチに仕立てたの。



ぁ・・・



これ、値段はどれぐらいですか?



10万ユールよ。



ユール?



この国のお金の単位ですね。



あのぉ~
オレたち外国から来たばかりなんで
この国のお金の価値がよくわからないんですけど
例えばこれって喫茶店だと
1杯いくらくらいですかね?



コーヒーなら1杯350ユールくらいかしら?



ぁ・・・!



それじゃぁ、10万ユールって・・・!



結構な値段なんだね。



おい、元は拾ったもんだろ?
どうしてそんなに値が張るんだ?



加工代もあるけれど
羽根の周りにあしらってある宝石が
それなりに高価な物なの。



なら、羽根だけ頂戴!



それはちょっと・・・



俺に・・・
売ってください。



ぇ?



お、おい・・・



て言ってもお金が・・・



俺、働きます。
この国で仕事を見つけて
働いてお金を作ります。



綺麗・・・



うふ。
3日間だけ他のお客様に売らないでおくわ。
待ってるから。






さぁって
これからどうしようか?



まずはいつものように
この国のお金を準備しましょう。
そのお金でまず宿を確保しないと。



はくしょん!



ふぅ。



野宿って訳にはいかねぇからな。






うわぁ!
どれもこれもお宝ね!



でしょ?
よそでは滅多に手に入らない物ばかりですからね。
お店に並べたらきっと高く売れますよ。



わかったわ。
なら、これと、これと、これを
買い取らせてもらうわね。

そう言えばあなたたち
さっきこの国で仕事をみつけるって
言ってたわね?

なら、貴重な情報を教えてあげる。



さすが情報屋だぜ。



は?



いや、こっちの話だ。



仕事を見つけたいなら
この近くに『お仕事紹介センター』って
施設があるにはあるけど
あんまり、期待しないほうがいいかしら。



ぁ・・・



どうしてですか?



この国って見た目はとても華やかだけど
仕事が少なくて
みんな働きたくても働けずに
困っているのよ。






おはようございま・・・
ぁ!



おはようございます。



みんな、その格好はどうしたの?
ファイさんが朝市で見つけてきてくれたんです。



いい古着屋さんがあってね
さくらちゃんの服も用意してあるから。
後で着替えるといいよ。



ありがとうございます。



つっても
部屋から出ねぇほうがいい。



ぇ?



どうして?



古着屋さんで聞いたんだけど
この国ってあんまり
治安が良くないんだって言うんだよ。



おれたちは仕事を探しに行きます。
姫はモコナと一緒にここで待っていてください。



でも・・・



モコナもお仕事した~い!



仕事ならあるよ。



ぷぅ!



モコナにはこの間手に入れた
この羽根の見張りを頼むよ。



アイアイサー!



う~ん・・・






ここがお仕事紹介センターだね。



いい仕事が見つかるといいですね。



こうなったら当たって砕けろだ!

0 件のコメント: