楽天

2010年1月26日火曜日

ツバサ・クロニクル 第2期24(50)1/3





ツバサ・クロニクル 第2期24(50)1/3


決意のナカマ。






ん・・・



ふ・・・



ん!

は!

は!



ぁ・・・



やった?



小僧にしちゃぁ
上出来だ。



ん・・・



私はここだ。



ぁ・・・



我が僊力(せんりき)の技。
視界の術だ。
視界の術とはすなわち
刀剣を用いた写し身の術だ。



ぁ・・・



雷砲の太刀!(らいほうのたち)



へっ!



ふっ!



小狼。
そなたに問う。



ぇ?



なぜそなたは姫君の傍に居る。



ぁ・・・



答えよ。

そなたと姫君には共に旅する理由は皆無だ。
なのにそなたは・・・
なぜ姫君と旅をしている?



(小狼くん・・・)



どうした?
なぜ答えぬ?



やべぇぜ。
小僧より刀のほうがもたねぇぞ。



く・・・



私は・・・
姫君を愛している。



ぁ・・・



私の理由は
それだけだ。



はぁ!



炎よ!
我が力となれ。



ぁ・・・



火炎!
雷砲の太刀!(らいほうのたち)



う・・・



(ぁ・・・)



ぁ!

あ!



う・・・
く・・・



(小狼くん・・・)



剣も、魔法も
そして、そなたを思う心も
この私が勝っている事がわかっただろう。
さぁ、私と共に羽根を探す旅に出よう。



ぁ・・・



何を怯える必要がある?



いや・・・



私はそなたを傷つけやしない。



嫌。



私の力はそなたの為にある!



ぅ・・・
嫌!



ぁ・・・



ぁ・・・!



ぁ・・・
姫・・・



さくら!
行っちゃダメ!



ふ・・・



うわぁ!



ぁ・・・






ぁ・・・



では、行こう!



めきょ!
きょきょきょきょきょきょー!



ぁ!



姫の・・・
羽根・・・?



ぁ!






ぁ!






う~ん。
やはりそうか。






次元を超える技など
神と等しき神僊である私に・・・

0 件のコメント: