楽天

2010年1月27日水曜日

ツバサ・クロニクル 第2期24(50)2/3





ツバサ・クロニクル 第2期24(50)2/3







ぇ・・・
ぁ・・・



姫・・・



さくら姫!



ぁ・・・



心が変わらなければ・・・
旅を共にする意味は無い。



姫・・・



さくら・・・
姫・・・






ん?
モコナどうしてたんだっけ?
ぁ!

小狼!
しっかりして!
小狼!



ぁ!

黒りん!
黒りん!

ファイ!
お願いだから目を開けてよ!

ぁ?さくら?
さくらも居ない!

え?!

モコナ
どうしたらいいの?

え~ん。
みんなしっかりしてよ!






えぇ。
確かにこの目で見ました。



やはりその男には
次元を超える力があったようだな。



彼の正体は一体?!



やつは・・・
おそらく・・・






ぁ・・・



目が覚めたか?



ぁ・・・



ここは?


小狼くんたちは?



心配はいらん。
命だけは取らずにおいた。



ぁ・・・



怯える必要はない。
あなたと共に旅立つのは
しばらくやめにした。



ぇ・・・



あれから私は考えた。
そして気づいたのだ。
旅にとって最も大切なのは
共に信じあうことだと。



ぁ・・・



私は・・・
さくら姫の
あなたの事をもっと知ろうと思う。



ぁ・・・!



ん・・・



では、失礼する。



あの人は・・・?
一体・・・






誰だ・・・?



ぁ・・・!



ぁ!






う!



気がついたね。
小狼。



モコナ。



ぁ・・・



ヤッホウ!
小狼くん、元気?



んな訳ねぇだろ!



ぁ?



そのオチビさんと
街でたまたま会ってな。



あんまりみんなが動かないから
モコナ
助けを呼びに行ったんだよ。



それにしてもこんなに傷だらけで
一体何があったんです?



ぁ・・・






さくらちゃんが・・・



あの野郎
最初っからそれが目的だったんだ。



モコナが
あの王様はいい人だよ
って言ったから悪いの。
ごめんなさい。



そんな事はどうでもいい。
問題はどうやって姫を奪い返すかだ。



どうした?
なぜ黙っている?






ぁ・・・
姫・・・



ぁ・・・



次元を超える技など
神と等しき神僊である私に
容易な事。



ぁ・・・






小狼くん?
まさかこのまま
さくらちゃんを・・・



ぁ・・・



小狼・・・



冗談じゃねぇ!
このまま黙って引き下がれるかよ!
やい、小僧!
てめぇの刀は何のために・・・

ぁ・・・



黒さま
その話は後にしようよ。



だが・・・



小狼
本当に悩んでいるの。
このまま
さくらとお別れしたほうがいいかも
って思ってるの。



確かにあんなに強い人が
さくらちゃんと旅をするなら
オレたちなんて必要ないもんねぇ。



俺はまだ負けちゃいねぇ。



勝ち負けの問題じゃないよ。



あ?!
訳わかんねぇぞ!
あのカオスとかっていう野郎を
倒せばすむ話だろ?



違うよ。



何が違う?



小狼くんとさくらちゃんが
お互いをどう思っているか?
今、それが試されているんだよ。



じゃぁ、俺たちは
指をくわえて見てろって言うのか?



そうじゃないよ。
オレたちにはオレたちで
それぞれにやるべきことがあるはずだよ。



ぁ・・・






ぁ・・・



ちょっと
いいかな?



ぁ・・・
ん?



何ですか?



う~ん
まぁね・・・
さっきの話の続きだけど
小狼くんってさ
本気でさくらちゃんと
お別れするつもりなのかな?



ぁ・・・



どうなの?



それが姫の幸せにつながるなら・・・
それでもいいと思います。

0 件のコメント: