楽天

2010年1月1日金曜日

ツバサ・クロニクル 第2期17(43)感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 第2期17(43)感想・原作比較



この話はアニメ独自のものです。


ファイが口笛を吹いて結界を張り

モコナが移動魔術を使うのですが・・・


ファイが魔術を使うのは旅が始まってから初めてのこと。

ヘラヘラしながら常にみんなとは距離を置くファイ。

今まで、ファイは口笛が吹けないと言っていたのだが

音の魔術が発動してしまうから?


そして黒剛はすかさず突っ込むのですが・・・



でも、レコルト国ではお尋ね者になってしまった、さくらたち。


図書館へ忍び込むのですが・・・



黒剛は羽根を取り戻したときの事をファイに言う。

そして・・・



記憶の本の複製本を使って小狼の過去を・・・


と思うのだが


城攻めは得意でも謀は苦手な黒剛(?)


結果として小狼に銀竜を知世姫から受け取った場面を

見せる結果になる。



そんな中、レコルト国の兵隊たちが攻めてきて・・・



でも、鎧を身に着けた兵隊はロボットっぽいのですけど・・・


生身の人間は指揮官だけ(?)



あわや・・・


という場面で、お尋ね者の汚名は晴れ


番犬であるたぶんケロベロスは、いきなり小さくなり・・・

小さくなったケロベロスは黒剛になつきまくり。



本当になんかケロちゃんそっくり・・・と思ってしまいました。


そのケロちゃんも次の話で出てきますが・・・



お子様番組的には、羽根を奪ってそのまま次の世界に逃走・・・


これはやっぱりまずかったのでしょう。


上手にまとめたなって感じです。



ファイは一貫して解説者。


それに不満な黒剛。


みんなの過去もわかったし・・・



なんて言ってるファイですが

ファイの過去だけは謎ですね。

(少なくとも、このアニメのストーリー上では・・・)


それってフェアじゃない!

なんて思ったりするのですが


楽しみは最後まで取っておくから美味しいのでして・・・



ツバサ・クロニクル 第2シリーズ5

ツバサ(14)


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: