楽天

2010年1月17日日曜日

ツバサ・クロニクル 第2期21(47)感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 第2期21(47)感想・原作比較


この話もアニメだけの物です。


さくらの羽根が売り物としてショーウィンドウに飾ってある。

しかも、着いたばかりで小狼たちはこの国のお金も持っていなくて

お金の価値もわからない。



さくらの羽根はブローチに加工されているが

宝石をあしらっているために、非常に高価な物となっている。


コーヒーが1杯350ユール

さくらの羽根が10万ユール。


まぁそのまま円に置き換えれば大体同じでしょう。



小狼は働いてお金を用意すると言うが

期限は3日間だけ。


しかも、見た目は華やかだが不景気で仕事がないと言う。



なんか現在の状況に似ているような気がします。



あまり治安も良くないから

さくらとモコナはお留守番を言い渡されるが・・・



そんな時に前の国で手に入れた羽根が

秘術の力が消えてさくらの中に・・・



その羽根の記憶は

さくらと、桃矢と雪兎さんとで
お忍びで城下の人々の暮らしを見に行く場面。


でも、さくらはりんごを売っている奥さんに何かをお願いする・・・



治安が悪いからお留守番と言われて

おとなしくしているさくら姫ではない(?)



小狼たちはお仕事紹介センターで見事に玉砕。


でも、さくらは・・・

モコナの口達者のおかげで(?)まず1件目。


うまくいくかと思ったけど、車の故障で無期限お休み。



そして2件目。


これは向いていないよ・・・


そして3件目。

紹介センターではあまりお勧めしませんと言うのだが・・・



まぁ、同じ接客業でも昼間の世界と夜の世界では違いますから・・・



何とかなりそうと思いきや・・・

招かざるお客さんも・・・



そして、困ったときにいつも現れるナイト。


小狼くんたちが仕事がないといっていたのだが

最後の手段と言って潜り込んだのが用心棒(?)


なぜかさくらの行ったお店と同じ場所で・・・


無事お金を手にしてさくらの羽根を買う事に成功。


そして羽根に入っていた記憶は・・・



りんごの売り子をしているさくら姫。




小狼くん、いざとなった時の生活力はなかなかかも。

これも旅をしていたお父さんの影響?

しかもバーの用心棒なんてお仕事・・・


黒さまは顔だけでも勤まりそうだけど・・・

小狼くん、戦闘力としてはOKだけど

未成年お断りなんて・・・いわれそうな気が・・・


ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 6


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: