楽天

2010年1月25日月曜日

ツバサ・クロニクル 第2期23(49)感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 第2期23(49)感想・原作比較


この話もアニメだけの物です。


幼い日のさくらにカオスは旅の同道を約束する。


小狼たちは偽者の敵と戦う事になる。

しかし、それぞれは、相手が偽者と見破る。


さくらは目を覚ますとカオスに

玖楼の遺跡を模した公園へ連れて行かれる。


そこでカオスはさくらに

小狼たちと別れて自分と旅に出ようと持ちかける。

しかし、さくらはNO!という。



当然といえば当然かもしれない。


私は始めてこの場面を見たとき

さくらの羽根を大量に持っているカオスは何者?!

と思いました。


もしかして偽物の羽根で、さくらに偽の記憶をうえつけて

自分の思い通りにしようとしているのでは?

そのように感じたのです。



そしてモコナがカオスの心が変わった事に気づく。

さくらに逃げるようにモコナは言う。

しかし、さくらはカオスの術で動けなくなる。


そこへ黒剛や小狼たちがやってくる。


黒剛や小狼たちの敵、魔物を操っていたのが

カオスだったと黒剛たちは気づく。



もし、旅が始まったばかりで

黒剛やファイたちの心が

旅をする事について納得できてない時期だったら・・・


黒剛やさくらの心も違っていたと思う。


小狼だけが何としてもさくらと一緒に・・・

と言っただろう。


でも、多くの国を回り

特にレコルト国で危険な目に遭いながら

さくらの羽根を手に入れた小狼と黒剛。

黒剛の過去を見てしまった小狼。


ここで黒剛はこの旅に同行する事を決意している。

(アニメ版では願いを叶えてくれるという神に会いに行くとき

謎の兵に襲われ、その兵の紋章に蝙蝠のような物を見たとき)


今までいろいろな国を回りながら

少しずつ絆のような物が出来てきて・・・


だから今更、誰ともわからないカオスに

一行の解散を言われてもそれぞれが納得しないだろう。


それに3人はそれぞれ侑子さんに対価を支払い

モコナを借りているから。



ここで非常に気になるのが旅の様子を見ている

飛王(フェイワン)と星火(シンフォ)

今までは代理の者を差し向けていた彼らだが

今回は星火が城下の者にまぎれて様子を見ている。


彼らが何者なのか・・・?


アニメの中で知らされるのか?


非常に気になって見ていました。


ツバサ・クロニクル 第2シリーズ7 最終巻

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 全7巻セット [DVD]【送料無料】 


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: