楽天

2010年1月29日金曜日

ツバサ・クロニクル 第2期24(50)感想・原作比較





ツバサ・クロニクル 第2期24(50)感想・原作比較



最終回に向けてアニメだけの話が続きます。


テレビ版としてはもうすぐ最終回なのですが

これを放映時間に見ていたときは非常に不満が残りました。


アニメの設定では

飛王、星火が悪役で出ているのですが

彼らが何者なのか?

なんの目的があってそこに居るのか?


これが一切出てこない。


アニメの中でそれが明かされるのか?



ファイに関しても何らかの理由において

アシュラ王を水の底に眠らせて旅をする事になったのだが

その事しか情報は無い。



そしてこのタオの国での出来事。



王であるカオスは小狼に


そなたと姫君には共に旅する理由は皆無だ。



確かにそれを言ってしまうと・・・



小狼にしたら

幼馴染で、小狼は姫が大切な人で(本当は好きで・・・)

玖楼国で王と交わした約束

姫の、妹の事を頼むと・・・

そして必ず羽根を集めると約束したのだから

小狼は決めたからやる。(男の約束もあるし・・・)



それを


そなたと姫君には共に旅する理由は皆無だ。


こんなふうに言われたら・・・

立場が無いでしょ。


と思ってしまいます。



しかし、小狼は侑子さんに対価として渡しているから

自分から姫については言う事が出来ない。



姫が気づいてもその瞬間にその事は消去される。



しかしカオスが次元を超えようとした時

魔方陣が現れるのですが・・・

この魔方陣は?


そしてさくらの目に涙。


身体の自由は奪われても

心は自由にならない。



さくらの気持ちは非常にわかります。



今までそれなりの期間、共に旅をしてきて

小狼くんが一番頑張ってくれて

待つのも辛いけど、小狼くんは傷だらけになりながら

羽根を集めてくれて・・・



本当に初めて出会った人だったとしても

旅を続けてきた時間の積み重ねがあるから

その人と別れて・・・なんて・・・



でも、小狼の台詞


それが姫の幸せにつながるなら・・・
それでもいいと思います。



これを聞いたとき本当にいいの?

って思ってしまいました。



でもファイはそれが小狼の本心じゃない事を知っていた(?)



ファイは魔法は使わない事にしていると言っているのに

魔法薬を作りながら仕上げに口笛を吹く。

その瞬間、鍋に変化が・・・


魔法、使ったでしょ?


と言いたくなってしまいます。




黒剛は侑子と交渉しようとするが失敗。


そして命の次に大切な刀を小狼に貸す。



黒剛って口下手で照れ屋でぶっきらぼうで・・・

男は寡黙が良い。

なんて言われた昔の典型的日本男児ですね。


モコナのチュ~で黒剛のあわてぶりの顔が見ものだったりします。



ツバサ・クロニクル 第2シリーズ7 最終巻

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 全7巻セット [DVD]【送料無料】 


★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: