楽天

2010年2月7日日曜日

ツバサ・クロニクル ドラマCD 王宮のマチネ1 1/3





ツバサ・クロニクル ドラマCD 王宮のマチネ1 1/3


水上都市コラル






玖楼国を旅立ってから
どれほどの時が経ったのだろう?
次元を超えて旅をしていると
時の流れがあやふやに感じられてしまう。



さぁて!
今度はどんな世界が
オレたちを待っているのかな?



どこだって一緒だろ。
どうせやる事は一つだ。



姫、次の世界でも
必ず羽根を手に入れてみせます。



はい。
でも、無理はしないでね。



はい。






うわぁぁぁぁ!



ドス。



うへぇ。



さぁ、姫
おれに掴まって。



ありがとう!



あ~
いい気持ち。
いきなりみんなで水に落ちるなんて
ちょっと今までに無いパターンだよね?
あはは。



って、笑ってる場合じゃねぇだろ!



次の世界に到着!



この白饅頭!
もっとましな場所に出せって
いつも言ってるだろうが!






おれたちが落ちたのは
その国に網の目のように張り巡らされた
運河の一つだった。



今度の世界
水上都市コラルは
広い海原に浮かぶ
小さな島国だった。



ここって市場みたいなの!



随分と活気があるよね?



どうやらこの国は
とても平和なようですね。



そのようだな。



あぁ~。
さくらちゃん
さっきから黙ったままだけど
どうしたのかなぁ~?



ここって私の元居た国に
似ているんです。
砂漠と海の違いはあるけど
街の雰囲気とか
歩いている人たちの様子がそっくりで・・・
それで
つい、見入ってました。



そうでしたか。



小狼くんって
さくらちゃんと同じ国に住んで居たのに
その事を自分からは決して言わないんだね。



どうして言わねぇ?



そりゃ言えないでしょ?
だって
さくらちゃんの思い出の中には
小狼くんと過ごした記憶が無いんだから。



次元の魔女に払った
対価ってやつか。



そういう事。
今の小狼くんには
さくらちゃんと思い出を語り合う事も
許されないんだね。



小狼
ちょっとかわいそう。



だよね。



まったく・・・
って!
ちっとも
かわいそうじゃねぇぜ!
誰に頼まれたわけでもねぇ!
てめぇで選んだ道だろうが!



んん~?
黒さま
今、ちみっと同意しかけた?



ず・・・
ば・・・
馬鹿いうな!



あれれぇ~?
黒りん
冷や汗かきまくり!



余計な事
言ってんじゃねぇ!



うわぁ~い!
黒ぽんが怒った!



逃げろぉ~!



逃げろぉ~!



待ちやがれ!
てめぇら!



怒った!



や~い!
や~い!



いい加減にしやがって!






また始まっちゃった。



いつもの事です。



めきょ!



うわぁ!



小狼くん!
さくらちゃん!
こっちに来て!



羽根のありかをキャッチしたんだね!



うん!
羽根に似た波動を
あそこから感じるの!



ぁ・・・
あれは・・・?






そこには美しい装飾の施された
ひときわ高い建物があった。
聞けばそこは
この国を治める王が住むという
王宮だった。

0 件のコメント: