楽天

2010年2月12日金曜日

ツバサ・クロニクル ドラマCD 王宮のマチネ2 2/3





ツバサ・クロニクル ドラマCD 王宮のマチネ2 2/3






失われた羽根は全て返り
私は記憶を取り戻す事が出来ました。
心から感謝します。



私も
我が事のように
嬉しく思います。



旅立つ前に約束したとおり
いかなる褒美もとらせます。
さぁ
何を望みますか?



わ・・・
私の望みは・・・
ひ・・・
姫・・・
あ・・・
あなたです。



まぁ!



わ・・・
私は姫を・・・
愛して・・・
いるのです。



なんという事でしょう!?
わ・・・
わたた・・・
私のほうこそ・・・
初めて出会ったあの時から・・・
あなたの事を・・・
ずっと・・・
おしたい・・・
もうしあげていたのです・・・



それは・・・
本当ですか・・・?



は・・・
はい!
私は
今こそ
本当のことを言います。

私は・・・
私は・・・
あなたの事を・・・

す・・・
す・・・
す・・・

ごめんなさい。
やっぱり無理みたい。



いえ、姫。
気にしないでください。
おれも上手く台詞を言えなかったですから。



やっぱりこの台本のままじゃないと
駄目なのかな?



羽根の手がかりを得るためですから。
仕方ありません。



そうだよね。
わかったわ。
もう一度最初からやってみようね。



失われた羽根は全て返り
私は・・・






姫と小僧もぼろぼろだな。



黒ぽんに言われたらおしまいなの。



何だと!?



シー!
大声出すと見つかっちゃうよ。
二人の邪魔したら悪いでしょ?
さ、外に出よう。



それにしても何であんな場面を書いた?



ん?



芝居の中じゃ
姫は記憶を全て取り戻し
あのガキと結ばれる。

だが現実には
そんな結末は逆立ちしたってありえねぇ。



ありえないゴールだからこそ・・・
だったりして。



ぁ?!



心で思っている事って
たまには言葉にして身体の外に出さないと
とっても辛いからね。



ますますもって
わからねぇ。



黒剛
にぶ~い!



そういうてめぇはわかってるのか?
この白饅頭!



せめてお芝居の中だけでも
小狼にハッピーな結末を味わってもらおう
って事でしょ?



ピンポーン!
大正解!
さすがはモコナだね!



えへへ。
頭なでなでして。



はい。
なでなで。



ふ~!
モコナとっても幸せなの。



へ~ぇ。
付き合ってらんねぇっつの!






それは本当ですか?



はい。
私は
今こそ
本当の事を言います。

私は・・・
私は・・・
あなたの事を・・・
す・・・
す・・・
すぅ・・・



^^
もう一度最初からやりましょう。



うん。
ごめんね。






こうして数日間の稽古を経て
おれたちの芝居はようやく完成にこぎつけた。
そしてついに
王様の前での公演が行われる事になった。

0 件のコメント: