楽天

2010年3月19日金曜日

ツバサ OVA 東京編2 1/3





ツバサ OVA 東京編2 1/3


ツバサTOKYO REVELATIONS
少年の右目。






あなたはどうしてここに居るの?



眠っているんだ。
でも、きみは目を覚まして。



駄目。
目が・・・
開かない。



目を覚まして。
きみの大切な人が・・・






来たわね。



あなたをここに送ったのは
星火(シンフォ)ね?

あの子は何と?



『夢は終わらせなければ』と。



そう。
あの子達も
叶わない夢のかけらのようなものだから。

ここに来たからには
願いがあるのね。
あなたの願いは?



右目の元へ。



対価は・・・
もう貰ったわね。
関係性、そして自由と時間。

その願い
叶えましょう。

あなたを右目の元へ送ることは
許される干渉範囲内。
私は願いを叶えるだけだから。

けれど、その先は・・・



取り返さなきゃならない。
必ず。



では
行きなさい。






夢は終わらせなければ。
あなたが私に最後に言った台詞ね。
クロウ。






お帰り!



慌てるとまた転ぶ。



平気だもん!
それより神威が先に
一人で帰ってきたんだけど。



めきょ!

やっぱり羽根
この地下にある!



ぁ!

地下に降りるにはどうすればいいんですか?



駄目よ。



ぇ?



地下には許可された者しか行けない。



探している物が
そこにあるんです!



地下にあるのは水だけよ。



羽根あるよ!
この下!



お願いします!
教えてください!






ぁ!






その子は眠っています。



寝てるだけで息が止まるかよ?



眠っているのは魂です。






ぁ!






ぅ!



なんだ?



都庁を守っていた結界が・・・






消えた・・・






今、水底にあった力が
この中に取り込まれて消えた。

あの力に引きずられて
ここで眠っていたはずなのに。
なぜ目を覚まさないんだ?

これの眠りに引きずられているのか?



ぁ!



ぇ!






小狼!



中に入っていいのは
一人だけよ!



水にさえ手を出さなければ
神威は殺さない。



小狼。






邪魔だ。
どけ。



ぁ!
水の中なのに
声が聞こえる!



もう一度言う。
どけ。



うわぁ!
ぁ!

水が重くて
思うように動けない・・・
それにこのままじゃ息が・・・

だぁ!

う!



おまえ
『エ』だな。



初めて合った時にも言われた。
『エ』ってなんだ?



知らないのか?



ぁ!
考えを読まれてる?!



『エ』は『餌』だ。



餌?



う!
え!



おまえ・・・
その技!



だぁ!
ぁ!



おまえの血を全部飲めば
目を覚ますかもしれない。

昴流(すばる)は。



血?

昴流?

吸血鬼の双子。

ぅ!



やっぱりあの男を知っていたのか。
おまえ技があいつと同じだ。

東京にあいつの気配はしない。
けどあいつを知っているやつが来た。

もうすぐ来るかもしれない。

昴流、起きてくれ。
このままじゃ
あいつに追いつかれる。

あいつも必ず殺す。
その前におまえだ。






ぁ!



小狼。



駄目だ。
小狼くん。



え?






昴流。



ぁ!



触るな。
羽根は渡さない。
全て取り戻す。
必ず。



おまえ・・・
違うな。






ん・・・



駄目よ!



ファイ!

0 件のコメント: