楽天

2010年3月17日水曜日

ツバサ OVA 東京編1 2/3





ツバサ OVA 東京編1 2/3






どうぞ。



牙暁!(かきょう)



牙暁がそう言うなら
まぁ安全なんだろ。



ありがとう!



ここに留まるなら働いてもらう。



ぇ?!



それは黒さまがみっちりと。



勝手に決めるな!



はははは。



これで時間が稼げるよ。
少しだけど。



はい。






すみません。



そう思うならやられるな。



あ!
草薙!



お帰りなさい!



おう。



また誰か来た様だけど・・・



大丈夫ですよ。



うん。
平気だった。



怪我とかしてない?



それも大丈夫だ!



他にも人
居たんだね。






起きて。



私?



そう。
早く起きないと・・・






酸性雨が降り続くようになって15年。
河、池、湖
地上にある水は飲み水としては使えねぇ。



濾過できる機材がある建物も
雨にやられてまともには動かないしね。



15年間、どうしてたの?



この東京には
元々、地下水脈があったんだよ。

と言っても建物だけじゃない。
地面でさえ酸性雨は腐食させる。
地下にあると言っても
覆うものが無ければ地上の水と同じ事だ。



でも
この建物は他に比べて
ほとんど崩れていないように見えます。



だからこの地下にある水が貴重なんじゃない。
あと
タワーね。



ぁ・・・

タワー?



もう1箇所あるんだよ。
水が残っている所が。



うちはそこと争っている。
ま、あと2箇所しか無いんだから
当たり前だけどね。



もう少し前には
他の建物もまだ崩れきってなかったんだけど
今ではこの都庁とタワーだけだね。
15年前とほとんど変わらないのは。



じゃぁこの国でお水は本当に大事な物なんだね。



国って言っても
もうこの東京23区あたりしか
人が居るところは残ってないだろ?



ん?



まぁ言うなればここは
東京っていう国かもしれないね。



東京。






いつまでこうしていればいいんだ?






寝るとこ貸してもらえて良かったね。

出来ればこの国では
このまま目を覚まさないで居てくれると
いいんだけど・・・

ぁ・・・

小狼くん
熱、でるかも?

オレ、起きて様子見てるから
黒さま、寝てて。



え~っと
何か答えてくれないと
オレ独り言 言ってる
微妙な人になっちゃうんだけど・・・



ならおまえも答えろよ。



何を?



なぜ魔力を使った?

高麗国(こりょこく)
で死にそうになった時でも
おまえは魔力を使わなかった。

その時、言ってたな。
元居た国の水底で眠っている奴が起きたら
追いつかれるかもしれない。
だから逃げなきゃならない。
いろんなセカイを。



黒りん
記憶力いいね!
さすがお父さん!

突っ込んでよ!
寂しいじゃない!



おまえが逃げなきゃならねぇのは
罪人で追われているのか
それとも別の理由があるのか
俺には関係ねぇ。



黒さまらしいね。



おまえがそう望んでいるんだろ?
ヘラヘラしながら誰も寄せ付けないように
誰ともかかわらねぇように・・

だがな
今のおまえは小僧の熱を気にしてる。
姫がこの国の惨状を知る事を案じている。

それにあの口笛。



言ったでしょ?
死ねないって。



おまえは自分では死ねないだけだろ?
だが
誰かのせいで死ぬなら別だ。

あのまま何もしなけりゃ
俺たちは捕まるか
悪くすりゃ死んでたかもな。

なのにおまえは魔力を使った。
自分からかかわったんだ。
あいつらに。



オレはオレがかかわる事で
誰も不幸にしたくない。



ちょっといいかな?



は~い!
黒たんが聞きま~す!



話そらせたとか
思ってんじゃねぇぞ!



痛いよ。



言ったな。
オレには関係ねぇと。



うん。
だから気にしないで。
オレの事。



おまえの過去は関係ねぇんだよ。
だから・・・
いい加減に今の自分に腹くくれ。



寝てるから外で話そう。



おう。



は・・・
ははは。
難しいよ。
オレには。






ここは・・・

水の中?

ぁ!



ここに居ちゃ駄目だ!

きみは起きて
目を覚まして
夢に捕らわれる前に・・・






怪我してるのに大丈夫かな?



はい。



ここに留まるなら働いてもらうよ。
食料も何もかも
足りている物なんかないんだから。



は~い!



しかし
あっちのでかいほうが
来ると思ったんだがな。



行きたかったんですけど
オレがお願いしたんです。
さくらちゃん
まだ目を覚まさないし
心配だし。

オレと小狼くんとで
行きたいですぅって。



黒剛、お留守番!

ねぇ!






あの野郎!







止んできたね。



注意してろ。
出るぞ!



ぇ?
何が?

うわぁ!



いい腕だな。



別の国で
こういうの使ってたんで。



あれは?



突然変異種だ。
毒はあるが
そこを避けりゃ食える。



モコナも昨日突然変異か?
って言われた!
あぁぁ!
モコナ食べられる!



おぅ。
うまそうだなぁ!



いやぁ!



ぁ?!



ぁ!



モコナ!
剣を!



はい!



とぉっ!



すげぇな!



大丈夫ですか?



そっちは?



え?



脚・・・



ぁ、
大丈夫です。



ぁ・・・



随分と大きいのをしとめたんだな。



あの人たちは?



タワーの奴らだ。






う!

なんだ?



タワーって争っているって言っていた・・・



そう。



おまけにうちの神威と
あっちのリーダーは・・・



機嫌が悪そうだな。
神威。



おまえの顔を見たせいだ。



あんまり仲良しじゃないのかな?



大きな獲物だな。
食料も勿論必要だけど
やっぱり一番は水・・・
だよな?
神威。



動きがいつもより遅い。
怪我してるのか?



黒さまの時かなぁ?



ぁ!



うわぁ!



投げ飛ばされちゃった!



格好悪いな。
封真。
(ふうま)



本当にな。

ん?

ふん。



封真。
タワーから連絡。
ほかの区が攻めてきたって。



遊んでんと帰らんと
こっちの水
取られてまうで。



仕方ないな。



すぐ遭えると思うからまたね。



行っちゃたね。



封真って言う人も強いんだね。

0 件のコメント: