楽天

2010年3月10日水曜日

×××HOLiC◆継 6 3/3





×××HOLiC◆継 6 3/3



×××HOLiC◆継 6






四月一日・緑一色 一向聴



よし!



百目鬼・両天秤 三色 一向聴



モコナ・四暗刻 単騎 一向聴



侑子・小四喜 四暗刻 聴牌



リーチ!



侑子
やるぅ!



北・六筒 待ち



ふふふぅん。



おっかけリーチ。



一索 単騎 待ち



モコナもやるぅ。



へへぇぃ!



あわせリーチ。



また渋そうな待ちでいたわね。



三六索 待ち



プー
プー
プー



これっておれ
すごいピンチですか?



さぁ?
四月一日の手がどんなのか
わかんないからね。



そんなぁ!



そら!
つべこべ言ってないで
四月一日の番よ。



容赦ねぇ!



お!
これは・・・
ひょっとして・・・



テンパッテルのね。



えぇ、そうですよ!
どうせ初心者だし!



じゃなくて
あと1枚で上がりって意味!



そりゃわかってるんです!

うわぁ!
雨童女
なんでこんな所に?



そんな事より
これ、来たんだから
こっち切ってるに決まってるでしょうが!



いぃぃぃぃ・・・



ほら、切んなさいって!
遅いのは・・・



牛でも出来るってんでしょ!
もう。

リー・・・



ボン!



わぁ!
いきなり何すんですか!



わはははは。



開いてるんだから
リーチできるわけ無いでしょ!
馬ー鹿!



雨童女。
遠いところを来てくれてなんだけど
うちの四月一日を甘やかすのはやめて頂戴。



うちのって
何すか?!



それもそうね。
あまりに鈍いからつい・・・



余計なお世話だ!



でも
今流れても悔しいんじゃない?
相当でかいの張ってるみたいだし。



ふふ~ん。
まぁね。



ぁ・・・



わぁ!
すごく綺麗。



ぁ?
ぇ!?



座敷童女だ!



全部緑色で揃ってますね。



ぅわ!



ん?!



リュウインソウテンパイ・・・



緑一色



そういう事言っちゃ駄目なんだってば!



え?!
あ・・・あの・・・
ごめんなさい。



しまった。



この展開は予想外だったわ。
私たちもリーチはしてるけど



ん・・・



モコナのあたり牌じゃなきゃ
そのまま捨てなきゃならない。



やばい。



緑一色・
緑色の牌だけを使って
アガル役。
役満。



ん!



どうしよう・・・



はぁ。



テイカローピンなら
あたしの勝ち。
緑の牌なら問答無用で四月一日の・・・



ん・・・



違う・・・



つもりにそう。
ツモるな緑。



ぁ・・・ぁ・・・



ツモるな・・・



ツモるんじゃない・・・



・・・



ぁ・・・!



ぇぃ!



ぁ・・・

来たぁ!!!

ツモです!



勝ったんですか?



あぁ!



勝ったよ!



ぁ!
すみません。



勝ったよ!
じゃないわよ!
役満48000点のチャンスに
休みほんぎつねって!



え?
おれ、何点?



百目鬼 53300



千オール3000点だ。



混一色



侑子 78900



さすが四月一日ね。
アヤカシ、憑き物の類には
縁が深いけど
麻雀に関してはついてないって事で。



モコナ 58200



お後がよろしいようで。






四月一日 -91700点!
ははは!



負けは負けよ。
四月一日。



ははぁ!



はいはい。
参りましたよ。



こんな見事な沈みっぷり
珍しいわよ。



悪かったですね。



ごめんなさい。
私・・・



あぁ。
全然関係ないから。
こいつのせいだから。



くぅ。



さぁ、どうやって払ってもらおうかしら?



え?

まさか!
またバイト期間が!



あたしのレートだと
来世まで働いて貰わないとね。



無理っす!



んじゃ・・・
脱いで。



はぁ?!



脱衣麻雀だ~い!
イエーイ!
よぅ!



ぇ?!

ぁ!

あの女の人の霊?

ぁ・・・



嬉しそうだったな。



ぇ?



麻雀牌をかき混ぜる音は
縁起が良いとされていてね。



そうなんですか?



安らかにと願う人が居れば
それは死者への
はなむけともなるわ。







逝くべきところへ
逝く事にしたんでしょう。



笑ってたな。



小羽ちゃんも喜ぶな。






宴会!?
これから?!



そうよ。
四月一日
いくら負けたと思ってるの?



ほんとにもう!
わかりました!
店に帰ったら。



いーやーだー!
いま食べたい!
いま飲みたい!



え?!
ここで?!



お花見だ!



勝手知ったる人の家でしょ?



う~ん。
わかりましたよ!
台所借りるぞ
百目鬼!



おう。



あの・・・
私、手伝います。



待った、待った。
この子そういうの危なっかしいんだから。



モコナも!
モコナも行く!



何、作るんですか?



そうだな。
お花見だから・・・



食べられる物にしてよね。



はぁ?!






これで依頼は終了。
で、いいわね?



はい。
おれの読む経だけじゃ不足でしょうから。



いいえ。
それも彼女にとっては
嬉しい事だったようよ。

対価のお爺さま秘蔵の古酒
よろしく!



はい。
持ってきます。



お願いね❤






いい出会いと
季節と共に去り行く美しい人に
乾杯。

0 件のコメント: