楽天

2010年4月1日木曜日

×××HOLiC◆継 10 3/3





×××HOLiC◆継 10 3/3




×××HOLiC◆継 10






どうして?



あの人が心配だから。



うん。
わかった。
送って行くよ。



え~?!



ありがとう。
楽しかった。
とっても。



うわぁ~!

また遊ぼうね。

きっとだよ。

約束!



うん。



ほっ!



待ってるからね。



待ってるよ!






ここでいい。



お土産。



風船?



きっと持ち主の夢を叶えてくれる。



夢ならもう
叶ったもの。



ぇ?!



ご飯を好きな人と
笑いながら食べる事。



ぁ・・・

じゃぁ次の夢。



ありがとう。






ぁ・・・






ふぅ・・・
あの子は強い子ね。

心配なの?



そりゃぁ。



大丈夫よ。



って侑子さんは簡単に言いますけど・・・



ふぅ~・・・
小羽ちゃんは選ぶ強さを持っている。
受け入れる強さを持っている。
それがどれほど凄い事か
わからない?



選ぶ?



そうよ。






母さん。

母さん。
聞いて。

もうやめよう。
終わりにしよう。
もう十分って言ったでしょ?
そのとおりにしよう。



ぁ!



パン。






ごめんね。
眠っていたかったんでしょ?



・・・






小羽さん
話を聞かせてくれませんか?
お願いします。



小羽さんが霊視したとおり
家から女性の白骨死体が発見されたことについて
最初から視えていたんですね。

なぜ反論しなかったんでしょう?






少女霊能師
五月七日
小羽ちゃんは本物だった!

少女には見えていた!
捜査で明らかになった
殺された女性の霊・・・






凄いね!
小羽ちゃん。



何だよ!
この間までデタラメだっつって
散々だったくせに。



そういうもんだろ。
世の中って。

あむ。



腹たたねぇのかよ!
薄情者!
小羽ちゃんがどんな辛い思いしたか!



人の噂も七十五日。



だから何だよ!



ふむ。



人がどんな事言ったって
やがてみんな忘れていくんだって思えば
気にならなくなる。

そういう事を
百目鬼くんは言いたいんじゃないのかな?



ぁ?



まぁ大体あたってる。



はぁ?



良かった。



ちょっと・・・
なんでひまわりちゃんが
こいつの考えてる事わかるの?!

嘘だ!
あ、つか
おまえ
ひまわりちゃんに代弁してもらったら
感謝しろ!

『だいたい』
とか言ってる場合じゃねぇだろ!



あの子は本当はどんな子か
おれたちが知ってら
それで十分だろ。



そうさ。
知ってるさ。



うん!



ひまわりちゃんの言葉って
なんて力強いんだ~!
胸の暗闇が晴れていくようだよ❤



いちいち不安になってるからだ。
あのこの方がもっと強いぞ。
阿呆。



誰が阿呆だ!

侑子さんも同じ事言ったんだ。
小羽ちゃんは強いって。



強い?



傷つかないはず無いんだ。
あんなに小さい子が・・・



ほんとに阿呆だな。



なんだと!






百目鬼くんの言うとおりね。



侑子さんまで・・・



四月一日
四月一日
わからない~♪



あ!
小羽ちゃんの家だ!






少女霊能師は本物だった



過去の殺人事件を
その霊能力で明らかにしてみせた
少女霊能師
五月七日 小羽さんの自宅です。

今日、ここを退去し
転出している事が明らかになりました。






ぇ!






マネージャーを務める
小羽さんのお母さんから届いたFAXによりますと
え~
霊能師としての活動から引退。
今後一切
取材等に応じるつもりは無い。
との事です。

五月七日小羽さんはつい先日霊視番組で
その能力を見せ付けたばかりだけに
この引退は非常に残念と言わざるをえません。






そう。
選んだのね。






ぁ・・・



ぁ!



小羽ちゃん・・・






ぁ!



小羽ちゃん!



ぁ!
君尋くん!



元気?



うん。



・・・



・・・



この樹に居た人
小羽ちゃんのおかげで
ちゃんと旅立ったんだよ。

あの家に居た人も
見つけてもらえて
嬉しかったんじゃないのかな?



好きな人に殺されたんだって。



好きな人?



・・・
好きで好きで
好きすぎて
殺されても全然辛くなかったんだって。

だから私がここに居るって言わなかったら
もっと長い事
あそこで眠っていられたかも。



侑子さんなら
『逝くべき処へ逝った』
って言うよ。



だったらいいんだけど。



君尋くん
そろそろ行くね。




うん。



小羽ちゃん
あの風船は夢を叶えてくれた?



うん。



どんな夢?



母さんが辛くなくなるように。



ぇ!

そうか。

じゃぁ
またね。



またね。

0 件のコメント: