楽天

2010年5月7日金曜日

灼眼のシャナS OVA3 1/3



灼眼のシャナS OVA3 1/3


ドミサエル







はぁ・・・



照明点灯。



18:30



遅いでありますな。



要用発生。



しかし、突発的な雑事が
ここ数週間ほど続くというのも
奇妙であります。



カチャ



ぁ・・・






ぁ!



お帰りなさいませ。



帰宅待望。



ただいま。



このところ
帰りが遅いようでありますが。



所用詮議。



ぁ・・・
ちょっと、いろいろあった。



ちょっと・・・
いろいろ・・・
とは?



不明確。



まぁ、待て。
玄関先で長々と立ち話など
まずは荷を置き
入浴して汗を流さねば。
夕食の時間も近いのではないか?



うん。
それじゃぁ。



カチャ






と、言うわけなのであります。
その後はいくら問いただしても
言を左右して答えず
あまつさえ天壌の・・・
ぁ!
つまり、電話で相談した友人までもが
あの子の弁護にまわる始末。



そうですか。
アラス・トオルさんも・・・



ふぅ・・・



不安ですか?



ん!



あの真面目なゆかりさんが
いきなり話をしてくれなくなったんですもの。
当然ですわ。

私もあの子と半年近く接して
人となりを多少なりと
理解しているつもりです。

ゆかりさんは自分に都合の悪い事だといって
安易にごまかしたり
隠したりするような子ではないと
思うのです。



はい。



でも、そんな彼女だからこそ
隠している事に何か意味があるのかもしれません。
少し様子を見られてはどうでしょう?



ぁ?

ん・・・



そんなにご心配なら
もっと何気なく聞ける筈の・・・



ぁ!






いかに奥様の妙案とはいえ
このような・・・



妥協容認。



何も・・・
こっそりつけたりしなくても
僕が直接聞けば良いんじゃないですか?
母さんもそうしろって言ったんでしょ?



迂闊な接触と詮議で
より態度を硬化させてしまっては
意味が無いのであります。

気配の感知にはくれぐれも
ぬかりなきよう。



専心。



あぁ。
はい。



学校における態度に変化などは?



いえ・・・
特には・・・



見逃しているだけ・・・
という事は無いでありましょうな?



それはわかりませんよ。
僕はカルメルさんに言われるまで
シャ・・・
ウウン

彼女が隠し事とか
寄り道してる事にも気づけなかったんですから。
カルメルさんも見てたんでしょ?
きょうもいつもと同じ場所で別れた後・・・






じゃぁね。
シャナ。



うん。



ぁ・・・






あれは・・・
僕にも隠してるって証拠ですよ。



む・・・



理路整然。



奥様の人選は
やはり正しいという事でありましょうか?



でも・・・
少し寄り道したくらいで
心配する事も無いと思う・・・



む!



ん・・・です・・・けど・・・



少しくらいの・・・
という常からの緩みは
命取りの元。



武運繊細。



そうでした。
はい。



心構えの鈍化が
このような生活のうちにもたらされたとなれば
今一度トーチでのありようを
考え直す必要があるやもしれないのであります。



ありようを考え直すって・・・?
そ・・・それってまさか
学校をやめさせるって事ですか?



いかにも。
宝具を護衛するなら
もっと別の体制もあるはずであります。



そんなぁ・・・



・・・
歓談はこれまで。
そろそろ追尾を再開するのであります。



あ、はい。







どうしたのでありますか?



至急表示。



すいません。
見失いました。






では、気配の追尾に失敗したのではなく
意図的に遮断されたのでありますか?



はい。
突然切れましたから。




佐藤



そんな事が出来る心当たりは
ここの他ありません。



順当な推測でありますな。



ピンポーン



はーい。



マージョリーさん
居るだろ?
ちょっと聞きたい事があってさ。



いや・・・
それがな・・・
今日は昼からしこたま飲んで
従(ともがら)が来る
意外で起こしたら死刑!
って言われてんだ。



ぇ?!



ものすごく重大で急な用事なのか?



ぁ・・・



急用であります。



即刻面談。



あ!



カルメルさん!



異論でも?



了解無用。



・・・



ぁ・・・



ここまで来てなぜ
躊躇などするのでありますか?



ちょっと・・・
佐藤のあの態度を見ても
マージョリーさんが共犯なのは間違いありません。



む・・・



・・・



相性の悪い二人が手を組むなんて
普段ならありえない。
周到に準備をしていた証拠です。

当然
僕らがここに来る事も
計画のうちに入っているはず。

今、無理に会っても
誤魔化されるか、嘘を言われるだけでしょう。



む・・・



長座を撹乱されに行くような物です。
ですから、それよりも・・・

0 件のコメント: