楽天

2010年5月24日月曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 感想



コードギアス 反逆のルルーシュ 1 感想



この作品はアニメメインで作られた後で小説版等出されたと聞きましたので

原作比較はしません。

小説版も読みましたが、アニメと小説全て読んでようやく全体像がわかる

という構成になっているようなので。



ただルルーシュがどういう人間(身分、立場、家族構成)

これらを知っていて見るのと、知らないで見るのとでは大きく違ってくるかな?

そのように感じています。



冒頭の少年二人が崖を上るシーン。

影でそっと見ている緑の長い髪をもつ人影。


最初に見たときには見逃してしまいましたね。

この1話を全部見終わってもう一度見たとき

これが封印(?)されていた少女?

とも思えるのですが、後姿だけなので断言は出来ません。



そして日本はブリタニアに敗戦。

二人の少年が、冒頭の少年とわかるのだが


僕はスザクだ。
僕はブリタニアをぶっ壊す!


この台詞を言っているのがルルーシュ。

彼はスザクの言葉を代弁しているのか?

それとも・・・

代弁しているつもりが本当は自分の事を言っているのか?



でも、このアニメを全く知らない人から見れば

話している彼が(ルルーシュ)僕はスザクと言っているので

スザクだと思ってしまう。


まぁ、この後のシーンを見れば

話している少年はルルーシュとわかるのだが。



何か事件が発生しているらしい時刻に

酒場では賭けチェス。

そこへ現れる二人の学生。


酒場の主人と席を交代する学生が名を名乗り

この学生の名前を

ルルーシュ・ランペルージ

だと視聴者は知る事になる。


そしてルルーシュがもう一人の学生に声をかけるので

彼の名前はリバルだとわかる。


チェスの盤面はひどい状況らしい。

(私はチェスを知らないのでよくわからないが)


これはリバルの台詞でわかる。


ここになぜリバルが居るのか?


それはバイクの運転手がリバルという事がこの後のシーンでわかるのだが。



そしてルルーシュの自信満々な様子。

チェスの盤面はかなりの負け戦のようだが・・・

という事はルルーシュのチェスの腕前はかなり高い。




女子学生が庭で昼食中。

会話から生徒会の役員らしく

一人は生徒会長とわかるのだが

この時はまだ彼女たちの名前は不明。




一方、何かの事件を起こした側では

盗みを行ったらしいが

仲間の一人が作戦通りに動かないので苦労したらしい。


くっそう。
やっと盗みだせたと言うのに。
玉城のやつがナオトの作戦どおりに動かないから。




冒頭で日本人はイレブンと呼ばれるようになり

植民状態とわかるのだが

テロ事件という形で社会は問題を抱えているらしい事が

ニュース番組よりわかる。


そして事件を起こしたのはイレブンと呼ばれる日本人。



ニュースで黙祷といわれ

多くの人たちは従っているのだが


ルルーシュとリバルはそれをしない。

リバルは恥ずかしいと言うのだが

ルルーシュの台詞は


そうだな。
それに俺たちが泣いたって
死んだ人間は生き返らない。

所詮自己満足。
どれだけ背伸びしたって
どうせ
世界は変わらない。


リバルには刹那的と言われるが

冷めているというか何というか・・・



ルルーシュが何者かわかれば(ブリタニアの捨てられた王子)

これもある意味納得なのですが

この時のルルーシュに将来の夢とか聞いたら何て答えるのだろうか?



そして学園に変える途中のリバルとの会話。



なんでキングから動かしたの?

王様から動かないと部下がついてこないだろ?

あのさ。
ルルーシュって社長にでもなりたいわけ?




チェスの盤面から言って

キングを動かすのが最良の手だったのか?

他に手があったのか?

他に手があったとしてなぜルルーシュはその手を選んだのか?



当然、リバルの台詞もルルーシュの答えも

ルルーシュの身分を知っているか知らないかで

視聴者の目線は変わってくると思ったりします。




帰り道、ルルーシュたちは事故に遭遇し

野次馬ばかりの中、ルルーシュの行動は・・・

これが運命の始まりなのだが



リバルの台詞


あのさ
やってる事は正しいんだけど
やめて欲しいんだよね。
無意味なプライド発揮するの。
授業遅れちゃうって。



確かに・・・私はリバルに大いに同情します。



テロ組織の一味らしいところへ軍の警告。


警告する!
今ならば弁護人をつけることが可能である。
直ちに停車せよ!

次は当てる!
直ちに停車せよ!



あのぉ~
発砲している時点で、全く信用無いんですけど・・・

ここで捕まってそれで状況がマシになるか?

それってかなり無理っぽいんですけど・・・




一方、ルルーシュは移動中の車の中。

余計なおせっかい(?)がテロ事件に巻き込まれ・・・



ち。
携帯は圏外か。
この暗さと路面状況
かつての地下鉄路線を走っているな。
行き先はどこだ?
ゲットー。
出るのは危険。
でも・・・
よし。
見えた。
条件はクリア。
軍の保護は癪だが
テロリストの通信機を土産に・・・
ぁ・・・
忘れてた。



ルルーシュの思考回路を見ると

分析関係は得意だが、1つの事に目がいくと

他のことは見えなくなってしまうタイプらしい。


リバルと午後の授業の事はすっかり忘れてしまい・・・



テロたちは毒ガスという情報に基づいて軍から奪ったようだが

中身は・・・



極秘事項

緑の髪を持つ少女。



ルルーシュはブリタニアの軍人となった旧友スザクに再会。




ルルーシュの思考回路では


まずい。
確かに毒だ。
外に漏れればスザクの主人たちが
危うくなるほどの猛毒。



という事は
ルルーシュは何か情報を知っているのか?
初めてこれを見る視聴者からすれば???な状況。

しかし、ルルーシュの身分を知っていれば
もしかして何か彼は彼なりの情報を持っているのだろうか?



そしてブリタニア軍がとった措置は


あれが外に知られたら
私は廃嫡だよ。
本国には演習を兼ねた区画整理と伝えよう。

第3王子
クロヴィスとして命じる。
シンジュク・ゲットーを壊滅せよ!



そして後に重要人物の一人となる


ジェレミア管理官。
バドレー将軍が第2方面軍の指揮をとってほしいと。

参謀が居るだろ?
せっかくの前線
楽しませてくれよ。




このジェレミア卿
この台詞を見る限りは戦い好きと見えるのだが・・・

そして台詞は無いのだが一緒に出撃している女性軍人。


この後のストーリーを知ってから見直すと

こんな所にも!

って感じです。




非常にタイミング悪く鳴るルルーシュの携帯。

そのために自分の居所がばれてしまう。



一方、ルルーシュに電話をかけてきた女生徒。

一方的に切られて不満な様子。



親衛隊の指揮官は


ふ。
出来れば生かしておきたかったが
上にはこう報告しよう。

我々親衛隊はテロリストのアジトを見つけ
これを殲滅。
しかし人質は既になぶり殺しにあっていた。
どうかね?
学生くん。



こうやって真実は常に隠されていくのだろうと

思ってしまうのだが・・・



ルルーシュの意識に語りかける声。




お前には生きるための理由があるらしい。

力があれば生きられるか?
これは契約。
力をあげる代わりに
私の願いを一つだけ叶えてもらう。

契約すればおまえは人の世に生きながら
人とは違う理で生きる事になる。
異なる摂理。
異なる時間。
異なる命。
王の力はお前を孤独にする。
その覚悟があるのなら・・・



そしてルルーシュの心では



俺も何一つ出来ないまま
あっさりと・・・
ナナリー・・・



何も知らない視聴者の一人としては

ナナリーとは誰なのか?

この車椅子の少女は?




そして瞬間出てきた威厳のある男性


ラグナレクの接続。
神話の
再びの始まりだ。



彼は何者なのか?




そしてルルーシュは親衛隊指揮官に問う。



ブリタニアを憎むブリタニア人は
どう生きればいい?




この台詞で

ルルーシュはブリタニア人だが
ブリタニアを憎んでいるとわかる。



貴様
主義者か?


確かにね。

軍人的考え方で言えば
危険思想人物として見られても仕方の無い言動。



ルルーシュの台詞。


ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。
貴様たちは
死ね!



ルルーシュの名前が違う・・・

賭けチェスの場面では

ルルーシュは

ルルーシュ・ランペルージを名乗っている。



しかし


ここでは

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。


と言っている。


ルルーシュは何者?!



あの日から
俺はずっと嘘をついていた。
生きてるって嘘を。



あの日とはいつなのか?

彼にその時何があったのか?



この作品と関連物を全てみれば謎も解けるのですが

あえて何も知らずにいきなりこれを見せられた。

という状態で書いてみました。



コードギアス 反逆のルルーシュ volume 01


コードギアス 反逆のルルーシュ その他の商品

0 件のコメント: