楽天

2010年5月2日日曜日

ツバサ OVA 春雷記 <後編> 3/3



ツバサ OVA 春雷記 <後編> 3/3






願いがあります。
さくらの居場所を教えてください。



どっちのサクラなのかしら?



どちらもです。
さくらを
絶対死なせない。



教えたとして
他の二人はどうするの?



行く。



行きます。






同じだ。
最初にこのミセに来た時と。






対価は・・・
既に受け取っているわ。



ぇ?!



誰に?



小狼と誰よりも近い人。
そしてあなたたちと一緒に旅した姫と同じ対価を
過去に私に払っていた。



姫と同じって事は・・・



記憶・・・



そして本人は
自分の過去も両親の名前も
この対価を渡した事さえも
忘れている。






名前は?



四月一日 君尋。



四月一日と書いてワタヌキね。



な!なんで?!
字、言ってねぇのに!



前に聞いたからよ。
覚えてはいないでしょうけど。






あなたと同じネガイのために。
小狼
飛王が居るのは
玖楼国よ。



ぁ!



切り取られた時間の中にね。






時を読み、場を読み
そして人の生き筋を操り手に入れた
次元を刻んだ躯。
やっと手に入れたぞ。
これが帰らねば全ては無に帰すところだった。



本体になったさくら姫の躯は?



この写し身を作った後
滅した。



ぁ!



しかしそれも先読みのうち。
この躯と姫の魂があれば
時空を超える力が手に入り
そして
我が願いは叶う。






あなたの兄上はお忙しいのですね。



せっかく誘っていただいたのに
次の世界に行くって聞かなくて。
本当に急ぎたいのは
彼らのほうでしょう。



兄上も何か望みがある様子でしたが。



えぇ。
何を犠牲にしても
叶えたい願いが。



全ての幸せも不幸せも
そこに望みがあればこそ。
だからこそ人は願い続ける。



少しは眠れると良いのですが。



さくら・・・






さくら・・・






入れ。



すぐわかってしまうのですね。
昔からそう。
私が驚かせようと何処に隠れていても
あなたはすぐ見つけてしまいましたね。
黒剛。



忍ってのは
そういうものだ。
それに
どこに居てもわかる。
お前ならな。




銀竜か?!



申し訳ありません。
お母様の墓石には納めず
私がお預かりしておりました。
こと切れる前に私を諏訪に呼んだ
あなたのお母様がそれをお望みでしたから。



知世。



はい。



もう一度
日本国を後にするが
俺は必ず帰ってくる。
その為にもう一度誓う。

我が全ては主君(あるじ)の御為(ため)に在り
我が全ては主君の懐所(もの)で在る。

それのみを真実とし
此処に誓わん。
主君のみぞ識る
我が真名に掛けて。



ご武運を。
『鷹王』
(ようおう)






お邪魔だったかな?



・・・
ありがとう。



ぁ!



さくら・・・
姫のそばに居てくれて。



居る事しか
出来なかったけどね。



それが
一番支えになる。



ん?



さくらちゃんが
待ってる。



あぁ。






黒剛もファイも
元の服だね。



ぁ!



その服・・・



預かっていた小狼の服よ。



モコナ。



はい。



玖楼国の止まった時間に行ける機は
一度しか無いわ。



ん・・・



四月一日が記憶を対価にあなたたちに渡した
飛王の居場所と
この機を逃さないで。



うん。






ありがとう。



あなたの大切なものが
その手に戻りますように。



うん。

行こう。
玖楼国へ。

0 件のコメント: