楽天

2010年5月22日土曜日

xxxHOLiC OVA 籠 感想・解説



xxxHOLiC OVA 籠 感想・解説



まずこの作品はコミックス『xxxHOLiC 17巻』の
特別版予約特典として販売された物なので
運よく書店に残っているか
古書店、オークション等で入手するしか方法はありません。

そしてコミックス17巻を読む限りでは
この話は一区切りの特別版のようです。
今まではOVAが出るとコミックスの一部がアニメになっていたのですが
17巻までの間には同じ話はありません。


そして商品の性格上
コミックス版を読んでいるというのが前提となっているため
アニメ版しか知らない人にとって???になるかもしれません。


そしてコミックス版ツバサ27巻、28巻とも繋がっています。

ツバサでは、さくら姫の記憶が飛王・リードにより
羽となり時間・次元を超えて飛んでしまった。
さくら姫の記憶を取りもどすために小狼たちは旅をしている。

飛王は自分のネガイを叶えるため
さくら姫の集めた記憶の羽と
さまざまな時間と次元を旅した躯、器が必要だという。

飛王のネガイは
誰しも願うが決して叶える事のできない
失った人を蘇らせたいというネガイ。


ツバサの中で明かされているが
全ての始まりはクロウ・リードと侑子さんだという。

侑子さんが死ぬ瞬間、クロウは侑子さんを死なせたくないと思った。
そしてクロウの強大な魔力ゆえに
侑子さんは切り取られた時間の中、止まった時間の中に置かれた。



本来あたしは存在しない。
既に居ない筈のものだから。
けれどある人の思いの強さで時は止まり
あたしは止まった時に留められた。




飛王が誰を蘇らせたかったのか?
飛王はクロウの血筋だが
どういう経緯でさくら姫を使うことで
ネガイが叶うのかは不明。


そしてツバサの小狼はさくら姫の呪いを解くために
侑子さんの力を借りて禁をおかしている。
さくら姫に初めて会ったのは
幼い姫が水場で決済をしている時。

時は流れ、さくら姫は飛王の呪いを受ける。
その呪いを消すために小狼は侑子さんの力を借りて
時間を巻き戻す。

小狼が払った対価は自分自身が飛王に捕らわれること。
自由と時間を対価に時を巻き戻す。


小狼が時間を巻き戻し
小狼が居るべき場所に居ないため
代替物として居るのが四月一日君尋。

だからワタヌキは雨童女などからさんざん
あんたのは存在自体がありえないなどと言われているのですが。


そして四月一日君尋は
小狼たちと自分の未来のために
自分自身の記憶を対価に
侑子さんにネガイを叶えてもらいにミセへ来る。


自分自身の記憶を対価にしているために
ワタヌキ自身はその事を覚えていない。

名は体を表すと言うが
4月1日、綿を入れた着物をから綿を抜き
袷の着物(裏地のある着物)にし
綿は身代わり人形として災厄避けに使ったとも言われる。


つまりワタヌキ・キミヒロ
身代わりの・・・それでも君を尋ねるという名前。




今、選択がなされ
時は動き出した。
だから
あたしは進む。



選択をしたのは小狼とさくら。
そして止まっていた侑子さんの時間は流れ出し
死へと向かう。




記憶を対価として差し出したワタヌキは
アヤカシが視えない様にして欲しいと侑子さんの所をへ行く。
そしてその対価はワタヌキの労働力。



しかし、ワタヌキは侑子さんを失った時
侑子さんが居なくなればアヤカシを視なくなると言われたが
ワタヌキはその対価を受け取らなかった。


視る力が失われれば危険を回避できない。
そしてワタヌキのネガイは・・・




ただあなたが居てくれる。
それだけでいいのよ。

!・・・

だったらそのネガイは
俺が必ず叶えます!

夢は
強く願えば叶うなら
俺は・・・
侑子さんとまた会いたい!
だから!

俺はこのミセに居て
侑子さんと会えるのを
待ってます!




侑子さんに会いたいというネガイ。



ワタヌキは自分の自由を対価に
ミセを継ぐ事を選び
ミセで侑子さんを待ち続けることにした。
(xxxHOLiC 16巻)



ワタヌキ自身、クロウの血筋であり
小狼の分身なのでそれなりの魔力の持ち主のはずなのだが
侑子さんが居たころはおそらく侑子さんが
ワタヌキの力を封じていたとも思われる。

百目鬼のお爺さん、遥さんの台詞からわかる。


そして遥さんがミセにある道具の使い方のいくつかは教えたらしい。
あと、夢をわたる術も。



ようやく今回のOVA本編


ワタヌキがミセを継いで10年ほど経ったころ。

一応、ミセは通常の時間軸から外れているので
ワタヌキは歳をとらないことになっています。

そして侑子さんの事を記憶しているのも
わずかな人だけ。


力を持っている

小羽ちゃん、お婆ちゃん
百目鬼くん、蒲公英をあげたひまわりちゃん。


ミセに常時入れるのもこれらの人だけと
考えたほうが良いようです。


あとワタヌキに仕事を依頼する
ネガイのある人だけ。


実はまだコミックス17巻入手していないので
このOVA作品は初めて見る内容です。
17巻に載っているのでしょうか?


16巻の時点では5年後という設定で
百目鬼くんは大学生、小羽ちゃんはワタヌキたちの通っていた
高校へ進学という設定です。


ワタヌキがミセから出ない、出られない事を対価に
侑子さんを待つという選択をしたために
食料等の買い物は全て百目鬼くんがやっているようですね。



今回のワタヌキは
最初の夢からしてちょっと感慨深げ
しみじみ・・・という感じがします。



聞いたな。
お前が大学受験先
決める時に・・・
で・・・
大学卒業したら寺
継ぐのかと思ったら
また違ったと。

また10年経ったら
お前は何になってんだろうな?




そんな感傷を破るのがモコナの飯コール!



どうだった?

四月一日は相変わらずだった。

俺が来なかった間
客は?

居なかった。

そうか。



モコナにワタヌキを見晴らせているのでは?
なんて思えてしまう百目鬼とモコナのやり取り。

ミセを継いで暫くの間は
対価をどう受け取るかで失敗も多く
心や身体を傷つけたらしいワタヌキ。

それを心配する百目鬼くんと小羽ちゃん。
(コミックス16巻参照)



荼枳尼天(ダキニ天)が書かれた絵があった。
かなり古いものだが。



この一言で概ね理解したらしい
ワタヌキ君。

そしてワタヌキは百目鬼の話を聞きながら
ある程度は見えている様子。


ま、目を共有してますし。


縁はもう
結ばれたから。



小羽ちゃんが来て




大学、楽しい?

うん。

そう。



この時のワタヌキの顔が・・・

やっぱり少し未練?

高校も中退で店から出ない選択をしてしまったから?




そして繕い物か?
虫干しか?


侑子さんの着物を広げながら

物思いにふけるワタヌキ。


何を考えているのか?



侑子さんの事?


それとも百目鬼くんが言っていた話?



そこへやってくる小羽ちゃんと百目鬼くん。



綱を探し、娘に渡せ。
お前が望む対価を
娘の口から払う。
綱を渡せ。
四月一日 君尋。



しっかり名指しでワタヌキご指名じゃぁ
受けるしかないですね。


これがあるから小羽ちゃんと百目鬼は
ミセに来たのでしょうけど。



依頼って事だな。
俺への。

手伝ってくれるか?
無月。

なら・・・
そのネガイ
叶えようじゃねぇか。



どうやら管狐である無月の力がないと
無理らしい。


使役するのに契約というが
ワタヌキを見る限り無月はまるでペット?
それも雨童女からの対価として受け取った物だし。

通常使役するといったら
上下関係で、術者がしっかりしないと
契約は成り立たないと聞くのですが。


でも雨童女の依頼を果たした段階でこの問題は既にクリア?



百目鬼くんと小羽ちゃんに
お酒と無月を預けて待つワタヌキ。



いや、いいよ。
お構いするほどの相手でもねぇし
二人とも先に寝てな。



まぁ百目鬼くんだったら家族も同然って事ですか。



モコナもお客様
待つの?

いや。
今日は四月一日
ひとりが良いだろう。

お客様来るのにひとり?



もしかして、モコナは何かわかってた?



コミックス版16巻のラストの遥さんの台詞。

遭えると信じているなら
その時、あのひとが
泣くような事は
してはいけないよ。



一つのキーワードかもしれません。



ひまわりちゃんからの電話。
電話で人払い?



対価は娘の口から払う。


ただいま。
四月一日。



泣き出しそうなワタヌキの顔が印象的ですね。


あのままじゃ終われなかった話が
ようやく一区切りついたって気分です。



厄介な仕事を一つ片付け
その対価が侑子さんの
ただいまの声。


輪廻を信じるなら

依頼主のお婆さんが他界し
飯綱を継いだ時、侑子さんの魂も呼ばれた?


今回の仕事は
ワタヌキがしっかりやっているか
テストされた?


台詞にはないけど
侑子さんの夢を見て
侑子さんを待つために店主も継いで
そんなワタヌキへのささやかなご褒美なのかな?

そんな事を思ってしまいました。


XXXHOLiC(16)

XXXHOLiC ホリック (1-17巻 最新巻)漫画全巻

[中古] 漫画全巻セット!ツバサ(1~28巻 最新刊)


★×××HOLiC★その他の商品



★ツバサ、その他の商品★

0 件のコメント: