楽天

2010年6月19日土曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ 7 1/2



コードギアス 反逆のルルーシュ 7 1/2


STAGE 7
コーネリア を 撃て。



コードギアス 反逆のルルーシュ 7






8年前
2009 a.t.d.



神聖ブリタニア帝国
第17皇位継承者
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニ様
ご入来。






マリアンヌ皇妃が
ブリタニア宮で殺められたと聞いたが・・・



テロリストが簡単に入れる所ではありませんな。



では
真の犯人は?



こわい
こわい。
そのような話
探る事すら恐ろしい。



しかし母親が殺されたというのに
しっかりしておられる。



だが、もうルルーシュ様の芽は無い。



後ろ盾のアッシュフォード家も終わったな。



妹姫様は?



脚を撃たれたと。



お目も不自由に?



心の病と聞きましたが・・・



同じ事よ。
政略にも使えぬ身体。






皇帝陛下。
母がみまかりました。



だから
どうした?



だから?



そんな事をいう為におまえは
ブリタニア皇帝に謁見を求めたのか?
次の者を。
子供をあやしている暇は無い。



父上!



イエス・ユア・マジェスティ。



なぜ母さんを守らなかったのですか!
皇帝ですよね?
この国で一番偉いんですよね?
だったら守れたはずです。
ナナリーの所にも顔を出すくらいは・・・



弱者に用は無い。



弱者?



それが皇族というものだ。



ぅ・・・
なら僕は・・・
皇位継承権なんていりません!






おぉ・・・






あなたの跡を継ぐのも
争いに巻き込まれるのも
もうたくさんです!



死んでおる。



ぇ!



お前は生まれた時から
死んでおるのだ。
身にまとったその服は誰が与えたのだ?
家も、食事も、命すらも
全てわしが与えたものだ。

つまり
お前が生きた事は一度も無いのだ!
しかるに
何たる愚かしさ!



ひ!



ルルーシュよ。
死んでおるお前に権利など無い。
ナナリーと共に日本へ渡れ。
皇子と皇女ならば
良い取引材料だ。






第7世代のナイトメア・フレームでして
その能力は通常の・・・



そのランスロット
パイロットはイレブンだと聞いた。



はい。
名誉ブリタニア人です。
しかし・・・



一等兵から准尉へ特進させた。
それだけで満足せよ。
ナンバーズなどに頼らずとも
私は勝ってみせる。






命を懸けて戦うからこそ
統治する資格がある。
その理屈はわかります。
お姉さま。
でも・・・






すみません。
宿題まで見てもらって。



いいのよ。
普通の学校には通っていなかったんだもの。
仕方ないわ。



生徒会の人にも教えてもらっているんですが
なかなか。



うふふ。
ほんと言うとね
ちょっと心配してたの。
フランクな学校とは言っても
なじめないんじゃないかって。



僕も覚悟してました。
でも、偶然
昔の友達が居て
彼がきっかけを・・・



その友達
大事にしなさい。
二人の友情が続けば
再開は偶然じゃなくて
必然になるの。



はい。



ね、それ食べてみて。



ぁ、
ありがとうございます。

はむ。
ぅ・・・!



感想を聞きたいんだけど・・・



ジャム?



良いブルーベリーが手に入ったの!



はぁ~い!
解散!
解散!
今日は出番なし!
おーめーでーとーおー!
おしまい!

はぁ。



え~っと・・・



うふふ。
学校
行ってきなさい。
今日の授業は終わってるけど
友達に会うってことも大事なんだから。






ねぇ、大事な事
聞いてもいいかな?



ん?
なに?



カレン
私たちに隠し事してない?



ぇ?



いいよ。
隠さなくても。



いやぁ・・・
何の話?



話してよ。
私、驚かないから。
こないだね
見ちゃったんだ。



フギャァ。



付き合ってるんでしょ?!
ルルと!



ルル?



だって、こないだ校庭で!



ちがう。
ちがう。
待ってよ。
あれは向こうが勝手に・・・



ルルから?!



いやぁ・・・
そんなんじゃなくって・・・



でも、この前だって
その猫、捕まえようとして・・・



あれは違うでしょ!
それにキスぐらいでそんな・・・



ぐらいって・・・!
それ以上の?!



え、違う!
変な想像、ストップ!
周り見えてなさすぎ!






Principal’s
office



だからお見合いの事は・・・
わかってる。
アッシュフォード家を立て直したいって話は・・・

でもね
お母さん・・・






ARAKAWA






あ!
分裂した❤






サイタマ・ゲットーの包囲
完了しました。

ヤマト同盟のアジトはこの内側にあります。
近隣住民の半数以上は
彼らの協力者。
これでしたら・・・



総生産への影響は?



第一次がゼロコンマ2のマイナスになります。



予想範囲内か。
よし。
貴兄らは
あのシンジュク事変に参加していたのだったな?



はぁ。
コーネリア殿下の慈悲を賜りまして・・・



そんな話ではない。
似ているとは思わないか?



は?



シンジュクの状況に。






軍部はテロリストの潜伏する
サイタマ・ゲットーに対して
包囲作戦を展開中です。

コーネリア総督も現地入りしたため
立ち入り制限が発令されました。






ふふ。



ん?
どうした?
そんなに怖い顔をして。






2時間後に総攻撃が開始される模様です。
これにより次の地域は・・・



なんで時間まで報道させるんですかね?



挑発しているんだよ。
ゼロを。






ゼロは激情型の犯罪者だ。
おびき出すために
私はあえてシンジュクと同じ状況を作り出した。
奴が己を過信するタイプなら
私を殺しに来るはずだ。



総督!
それでは総督の命が・・・



戦とはな
誇りと命の奪い合いだ。






のるつもりか?
敵の挑発に。



わざわざ招待してくれたんだ。
それに・・・
コーネリアには聞きたいこともあるしな。



ブリタニアの破壊と
母殺しの犯人を見つけること。
お前はどっちが大事なんだ?



同じだよ。
その二つは。

ブリタニアの皇族は
次の皇族の座をめぐって常に争っている。

いや、争わされているんだ。
あの男に!



しかし
それがブリタニアの強さでもある。
そうして勝ち残った最も優秀な人間が
次の皇帝になるのだから。



そうだ。
弱者は全て失い這いつくばれ。
ブリタニアってのはそういう国だ。
そういう世界だ。



弱肉強食は原種のルールだ。



だとしたら
ナナリーはどうなる?!
弱いからあきらめなくてはならないのか?
俺だけは絶対認めない!
そんな世界を!
俺が消し去ってやる。

ぁ?






ふんふふんふふんふん♪



とにかく、私とルルーシュは関係ないから。

ぁ!



ルルーシュ?



じゃぁ、そういう事で。

何でもないから。



ぁ・・・
え~っと・・・
ルルーシュは?



知るわけ無いでしょ!
あんな奴!



へ?






行くな!
ルルーシュ。
私との契約を果たす前に
死んでもらっては
困るからな。



言ってる事とやってることが
違うんじゃないか?



殺しはしない。
脚だけ撃っておとなしくしてもらうさ。



なるほど。
お前、ギアスは使えないんだな。



ぅ・・・



ま、予想はついていたけどな。
自分でやれるなら
俺に頼んだりはしないだろ?



私が銃を恐れると思うのか?



恐れるさ。



ぁ・・・



俺はお前に会うまでずっと死んでいた。
無力な屍のくせに生きてるって嘘をついて
何もしない人生なんて
ただ生きているだけの命なんて
緩やかな死と同じだ。

また昔みたいになるくらいなら・・・



待て!



ん・・・



確かに
意味は無いな。
そんな命。






パパパパ



うわぁ!



くそ!
なぜですか?!
ここには子供だって居る!
私たちは何もしていないのに!



だからだ!
このゲットーの住民はテロリストの存在を通報せず
かばい、隠した。
これは攻守国に対する反逆罪だ。



ぇ・・・!






責任者たちの掃除が終わったようです。



うむ。
時間でもあるしな。
始めるか。



は。






全軍に告ぐ。
これよりサイタマ・ゲットー
壊滅作戦を開始する。

全員、第一戦闘態勢に移行!






なぜコーネリア殿下は
我々にも出撃を命じてくださらないのだ?



オレンジが居るからだ。



ぅ・・・



処分されないだけでもありがたいと思え。
貴様のせいで我々の道は閉ざされたのだからな。



しかし・・・
それはゼロが・・・



またそれか。
ふん。



ゼロ。
やはり学生が協力者?






市街第4区は制圧を完了。



キャァ!



第8部隊、第11部隊は・・・



同じだ。
クロヴィスがコーネリアになっても
ブリタニアは変わらない。



どこの所属だ?
部隊名とIDを示せ。



第3偵察中隊の
ダリオ・トーレスです。
テロリストよりこのような物を押収しました。
本部にご送信願えないでしょうか?



ディスクか。
ただその前にIDを確認させてもらう。



わかりました。
しかし、こちらもその前に
あなたのサザーランドを頂きたいのですが。



わかった。
大事に使えよ。



ありがとうございます。

0 件のコメント: