楽天

2010年6月21日月曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ 7 感想



コードギアス 反逆のルルーシュ 7 感想



ここでようやくルルーシュがなぜ日本に来たのかが明かされる。

そしてナナリーがなぜ目と脚が不自由になったのかも・・・




ロイドさんはランスロットの戦闘経験をつませたいらしいが

コーネリアはパイロットがスザク(イレブン)という理由において

使いたくないらしい。


一等兵から准尉へ特進させた。
それだけで満足せよ。
ナンバーズなどに頼らずとも
私は勝ってみせる。



スザクはセシルさんに空き時間に宿題を見てもらっている。

一瞬映った文章を見たら・・・

ひぇ~・・・英語だ・・・

なんて書いてあったのか?



まぁブリタニアの学校という事だから

英語なのは当然なのですが・・・

という事は公用語は英語?


過去日本がアジア侵略・統治を行ったのと同じなのですが・・・



そしてセシルさんが用意したおにぎりの中には・・・

ブルーベリージャム・・・



確かにパンにジャムは認めますけど

ご飯にジャムは絶対認めたくないです。


餅にあんこが認められるのになぜ?

と言われたら反論できないですけど。


そこへロイドさん登場。


はぁ~い!
解散!
解散!
今日は出番なし!
おーめーでーとーおー!
おしまい!

はぁ。



おそらくロイドさんはコーネリア殿下に
ついて行きたかったのだろう。
でもあっさり否定されて・・・



そして放課後の学校では

シャーリーがカレンに

私たちに隠し事してない?



そりゃカレンはしっかり隠してますからね。

いろいろな事を。


瞬間にナイフを構えるカレン。

ちょっと物騒ですよ・・・


と言いたいところだが

カレンに立場を考えれば納得。



でも、一応、名門私立学校だから

やっぱり物騒でしょ。



しかしシャーリーが気になるのは

ルルーシュとカレンが付き合っているかどうか?



カレンの悩みに比べればなんと平和な事か。


猫の声が状況を表していると言うのも

なんとも憎い演出です。



一方コーネリアはサイタマ・ゲットー
壊滅作戦を準備中。

しかもゼロを呼び寄せる罠として計画している。



そしてルルーシュは行く気でいるが

シーツーは止めようとしている。


しかも二人とも銃で威嚇しながらの話し合い(?)

やっている事と言っている事が違うようにも見えるのだが・・・


シーツーは動けないように脚を狙うと言う。


ルルーシュはどうせ死んでいた自分なのだから

行けないのであればここで死んだほうがよいと自分に銃を向ける。


シーツーのほうが折れるのだが・・・



サイタマ・ゲットーの者達と連絡が付いたルルーシュ。



シーツーは・・・


この段階ではシーツーが自問自答しているようにも見えるのだが・・・



ふ。
うふ。
血は争えないなぁ。
しかし、あのタイプは危険だぞ。
果たしてどちらの道に?

わかったよ。
私を誰だと思っているのだ?



番外編も見ていくと・・・

重要な場面では必ずシーツーの存在。



枢木神社でナナリーが行方不明になった時も

シーツーは様子を見てきて欲しいと言われたから・・・

とルルーシュの前に顔を出している。

シーツーは誰かに頼まれている?


これもR2まで見れば推測はつくのですが・・・



生徒会室ではスザクとシャーリーがルルーシュのことを話している。


シャーリーは自覚が無いようだが

ルルーシュが好きらしい。


スザクは直接ルルーシュに聞いてあげると電話をしようとするのだが・・・


他人がでしゃばるとろくな結果になりませんよ・・・


なんて言いたくなる私です。


幸いルルーシュが電話に出る前に切れてしまったのでよかった(?)ですが


これ、ルルーシュが電話にでて会話をしていたら・・・



スザク君、そういう事は当人同士の問題だから

やっぱりここでも猫が・・・

そしていつも空気を読まずに猫に噛みつかれるスザク君。



コーネリア軍は撤退を命じ

ルルーシュはチェックメイトはもうすぐと思うのだが・・・



何事も、勝って兜の緒を締めよ・・・で・・・


コーネリア軍の強さは


命を捨てても任務を遂行する。
私の部下なら当たり前の事だ。


これが徹底されているからでしょう。



そしてルルーシュは自分の手足となる部隊を持って居なかった。

それを嫌と言うほど自覚せざるを得ないルルーシュ。



そしてコーネリアの命令。


全ナイトメアのパイロットに告げる。
ハッチを開いて素顔を見せよ。


大ピンチのルルーシュ。



そこへゼロが・・・



なぜ助けた?

だから言ったろ?
死なれては困ると。

条件が同じならば
負けはしなかった!

負け惜しみだな。
それだけの条件を揃えるのも
力のうちだ。



まさにシーツーの言うとおり。



でも、シーツーが来なくて

ルルーシュがあのまま引きずり出されていたら・・・



ルルーシュはどうなっていただろうか?



目の前の騎士、ギルフォードにギアスをかけて撹乱するか?

しかしオレンジの時のようにはいかないだろう。


いずれにしてもスパイ扱いで捕らえられるか?


コーネリアが直々に顔を見ればルルーシュとわかるだろうが

総督である姫様がそのような事をするだろうか?

ユフィとは違うだろ。


仮にルルーシュの素顔を知っているものが面会に来たとして

素直に従うルルーシュではないだろうし

逆にギアスをかけて

逃走するだろうが・・・



ちょっとここで歯車が違ったらどうなるのか?


考えてみたりします。


コードギアス 反逆のルルーシュ2



コードギアス 反逆のルルーシュ その他の商品

0 件のコメント: