楽天

2010年6月26日土曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 8.5 2/2



コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 8.5 2/2




コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 8.5





うわぁ!



コーネリア。
まさか一騎で?!
ぅ・・・



うわぁ!






これで落ちたな。
エリア18の成立か。






クロヴィスの後任は
自らもナイトメアを駆る女傑。
ブリタニア第2皇女コーネリアだった。

そう。
母の死の真相を知る一人だ。






エリア11は一筋縄ではいかんぞ。



承知しております。



うむ。
あぶりだしてやる。
ゼロ。
クロヴィスの仇。






P2、N3
敵後方へ回り込め!
どうした?
応答しろ!
P2、N3!
くそ・・・

B1、B5
お前たちが行け!



冗談じゃねぇ。
コーネリアの親衛隊相手に
勝てるわけねぇだろ!



おーい!
降参だ!



抵抗はしない。



助けてくれ!



殺せ。






B8そちらから状況を報告しろ。



状況も何も・・・
うわぁ!



B8!
ちっ・・・

残っている者
Pナンバーから順に報告!



作戦終了。
全軍第4フォーメーションへ移行。



制圧された?
こんな簡単に・・・
ゲームにすらなっていないぞ・・・






シンジュクのようにはいかなかったな。
ゼロ。






敵は・・・
コーネリアだけではない。

常識はずれの力を持つ
あの白いナイトメア。






状況は?



全員脱出しましたが
4機があっという間に・・・



敵の数は?



1騎だよ、1騎。



ぇ?



新型じゃないのか?
初めて見るタイプ
うわぁ!



おい、どうした?



このぉ!



なに?
実弾を弾く?



あぁ。
そうさ。
石田!
うわぁ!



使えないテロリストだな。
たかが一機
物量で押さえろ。



ぁ!



こいつか?!
俺の作戦を!



たかがパイロットが!
よくも!



仕方ない。
ここで脱出を!






そしてこれらブリタニア軍の先に
あの男がいる!






人は
平等ではない。
生まれつき脚の早い者。
美しい者。
親が貧しい者。
病弱な身体を持つ者。
生まれも、育ちも、才能も
人間は皆
違っておるのだ。

そう。
人は差別されるためにある。
だからこそ人は争い
競い合い
そこに進化が生まれる。

不平等は悪ではない。
平等こそが悪なのだ。
権利を平等にしたEUはどうだ?
人気取りの衆愚政治に達しておる。

富を平等にした中華連邦は
怠け者ばかりだ。

だが我がブリタニアはそうではない。
争い、競い
常に進化を続けておる。

戦うのだ。
競い、奪い、獲得し、支配する。
その果てに
未来がある!

オール・ハイル・ブリタニア!



”オール・ハイル・ブリタニア!”
”オール・ハイル・ブリタニア!”






侮ってはならない。
ブリタニアは大きく、強い。
ギアスだけで勝てるほど甘くは無い。

だから俺は黒の騎士団を作った。






人々よ
我らを恐れ求めるがいい。
我らの名は・・・
黒の騎士団!

我々黒の騎士団は
武器を持たない全ての者の味方である!
イレブンだろうと
ブリタニア人であろうと。

日本解放戦線は
卑劣にもブリタニアの民間人を人質に取り
無残に殺害した。
無意味な行為だ。

ゆえに我々が制裁を下したのだ。
クロヴィス前総督も同じだ。
武器を持たぬイレブンの虐殺を命じたのだ。

このような残虐行為を見過ごすわけにはいかない。
ゆえに制裁を加えたのだ。
私は戦いを否定しない。

しかし、強い者が弱い者を一方的に殺す事は
断じて許さない!
撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ!






ホテルジャック事件以来
世間の耳目はゼロと黒の騎士団に集まった。

反発、賞賛、恐怖、盛衰、驚愕、冷笑、歓喜。
あらゆる感情が俺たちに向けられる。

ゲットーでは英雄。
租界では悪役。
それでいい。

全ての人間に支持される必要は無い。
適度に叩かれるくらいのほうが
忠誠心が高くなるというもの。

だが
まだ足りない!
あいつを引きずり出すには
まだ・・・






お帰りなさい。
お兄様。



ただいま。
ナナリー。



最近、ずっと遅いんですね。
どんな賭け事をしてるんです?
シャーリーさんが心配してましたよ。



してないよ。
もう。
賭け事なんて。



ねぇ、お兄様。
あまり危ない事はしないでくださいね。
せっかくスザクさんとも再会できたんですもの。
また昔みたいに・・・



わかってるよ。
ナナリー。
また昔みたいに・・・






そう。
そのためにナナリー
俺は・・・
世界を壊す!

0 件のコメント: