楽天

2010年7月26日月曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ 16 感想



コードギアス 反逆のルルーシュ 16 感想


ディートハルトからゼロへの電話。
さすがに組織図を作るのは得意なようで。
おそらく定時連絡だと思うのだが。


そしてシーツーはいつもの緑の髪ではなく
黒髪のカツラと眼鏡で変装。


いいのか?
私が使者で。

へりくだればなめられる。
そういう相手だろ。
中華連邦は。

自信が無いな。
私はお前と違って謙虚だから。



どうやら大事な仕事をしに行く様子。
でも、シーツーが謙虚といった事に対して
おもわず

あんたの何処が?!


と言いたくなったのだが
そういう役割を演じなければならないらしい。




そしていきなり子供時代のルルーシュとスザクとナナリー。


私たち
また別の家に預けられるのですか?

また枢木の家だよ。
今度は本家のほうに行くんだ。



なぜ今ここでこれを?

と思ったのですが
今回のラストシーン
スザクの隠していた過去が暴かれて
納得。


スザクは子供時代、この光景を見て何を感じたのだろうか?




何ですか?
この変な臭い。

ゴミ捨て場の近くなんだ。
な、スザク。



ルルーシュの嘘。
でもナナリーには見せたくなかった光景なのでしょう。
まして母親が目の前で殺されたとなれば。



スザクさん?
どうしたんですか?

ぅ・・・
おれが・・・
おれが・・・



誰も気づけなかったスザクの心。
ラストシーンを見てこのセリフの意味が理解できる。



驚いた?
お見合いって言ったら
普通はホテルかレストランだものね。

いぃえ。
ロイド伯爵は大変ユニークな方だと
聞いていましたから。

ユニーク!
なかなか素敵な表現だね。

えぇ。
爵位を剥奪されて落ち目の
アッシュフォード家の女を
貰おうだなんて。

あは。
どうでもいいじゃない。
爵位なんてさ。



お見合いするのにいきなり職場に呼び出すロイドさん。
普通はそんなの無しだろうし
しかも時間の無駄だからさっさと結婚しようと言い出すし
でも、お見合いには全く無関心で
会話はしつつも手はコンピューター端末を叩いている。


ミレイさんはいつも相手男性の股間を蹴り上げ
破談にしているらしいが
数少ないミレイさんに蹴られない男性では?

武道の達人ならともかく
そうでなく平和的にミレイさんに蹴られないというのも
非常に稀な存在だと思うのですが。



一方今回の話の主役
ナナリーはマオに拉致される。


マオは包帯姿だが
全く痛そうではない。
元気そのものという感じ。

しかし、警官の銃撃で蜂の巣にされたにもかかわらず
マオはブリタニアの医学が凄いと言っているが
不死身ともよべるシーツーの怪我の治癒力。

これを考えると
ある程度ギアスが強くなると瀕死程度では死なないのか?
あくまでも推測だが
即死でないと殺すことは無理?
怪我の治癒力のスピードはギアスの強さで決まる?

推測の域を出ないのですが
こんな事を考えてしまいます。


なぜならR2のラストシーンに謎が残っているので。



生徒会室では
ルルーシュとシャーリーの話題で持ちきりのようで。

しかしさすがスザク。
ルルーシュの様子から普通ではないと感じ取る。
そしてナナリーの写真から状況を知る。




扇が家へ帰れば拾った女性
ビレッタが食事を作っている。


しかしまだ記憶は戻っていない。
扇は彼女がスパイという事を警戒してか
家の各所に監視カメラを設置しているらしい。


まぁ当然といえば当然の対策ですね。


でもビレッタは

外は・・・
まだブリタニアが怖くって。


と答えている。
これはおそらく本心だと思われるが
では、彼女の出自は?
庶民から騎士候になったと推測されるし
褐色の肌を考えれば・・・
軍で功績をあげその地位になったと推測されるのだが。

でも、ビレッタさん
軍人のあなたより今のあなたのほうが可愛いですよ。
なんて言ったら・・・
半殺しにされそう・・・





誰なんだ?
ナナリーをさらったのは。
まさか・・・
ブリタニアの皇室?



普段は天然のスザクくん。
でも、こういう勘はいいですね。
残念ながら今回はハズレですけど。

でも、ルルーシュたちはいつもその危険にさらされている?



データが変えられている。
ロックシステムを破るしかない。

それって校則違反じゃ?

後で直しておく。

だったら僕が壊すから。



スザクくん
きみが壊すってことは
破壊するって事でしょ?
後始末が大変なんですけど。



きみの推察どおりだ。
監視カメラにマシンガンを連動させている。
あのシステムなら
タイムラグはおよそ0.05。

じゃぁここからは出られないな。
一度上に戻ってシステム・・・

ぁ、おい!

乱暴なヤツだな。




0.05秒の誤差を走りぬけ
マシンガンをすり抜け
監視カメラを壊すって・・・
どういう運動能力ですか?



ごくわずかな揺れ幅の中であれを切断する。
人間業じゃない。



確かにそうなのですが
今、スザクは人間業じゃない
監視カメラのマシンガンを壊したばかりでしょって。



鼻歌を歌いながら買い物をしている咲世子さん。
トイレットペーパーが特売ですが
まだ買い置きはあるようで。
そこへ携帯に電話が・・・


おそらくルルーシュがヘルプの電話をかけたのでしょう。


マオが居るのは校内の礼拝堂?

当然学校の中ってことは
生徒たちの思考が洪水のように降ってくるわけで。


お気楽なガキどもめ。
これだから学校ってやつは。


そんな事言いましても
自分のギアスの特異性を知りつつ
こんな場に出てくるあんたがね。



一方政庁ではつかの間の休息を楽しむ
コーネリアとユーフェミア。


早くこのエリアを平定し
ゼロを捕まえねばな。
クロヴィスも
そしてルルーシュはナナリーにも
申し訳がたたん。
ここは
兄弟3人が命を散らせた天地なのだから。



しかしね・・・
ルルーシュたちが居ることを知りながら
戦争を仕掛けたブリタニア。

そのためにルルーシュはブリタニアを潰すと決めたのだが・・・

もっともコーネリアの言い分とすれば
仕掛けたのは7年前であり
父親や兄たちが行った事に従ったまで
なんて言いそうな気もします。




ルルーシュとマオの礼拝堂でのチェス対決。


きみは頭を空っぽに出来るタイプじゃない。
いつだって自分の行動を見ている
批評家の自分がいて
その批評家の自分を
冷めて見つめているもう一人の自分がいて
そういう人間だよ。


マオはルルーシュに対し
頭を空っぽに出来るタイプではないと言うが
これが出来る人間って・・・
かなり稀だと思うのです。


大抵、些細な何かを考えているのが普通であり
マオに思考を読み取られないようにするためには
目の前の事は半自動で処理し
あえて違う内容をイメージし
そのイメージを送る。

このくらいしか手段はないと思うのですが
それも表層意識のみ。
マオに集中されたら
無理ですね。


気持ちいい!
最高!
でも駄目。
これで・・・


マオは何をしたかったのか?
ルルーシュを追い詰め
泣き叫ぶ姿が見たかったのだろうか?


半分以上イカレテルとしか考えられないので
人格崩壊者のことはわかりません。



あわやナナリーが・・・


という所でスザク突入。


ルルーシュは自分自身にギアスをかけ
作戦の全てを忘れさせ
マオに対抗。


しかしスザクの心をマオが読み
枢木首相の自決は自決ではなかったと発覚。


マオのこのストーリーの役割とは?


ギアス能力者は他にもいる。
ギアスの発現は人により特性が異なる。
ギアスに飲み込まれマオのように正確異常者にもなりうる。

そして・・・

枢木首相はスザクが殺していた。


これが最大の必要性だったのだと思うのですが。



歴史にもし・・・
は無しだと言う人が言うが
昔から言われてきた事。

もし本能寺の変が起きたとき
織田信長が死ななかったら?



ルルーシュで言うならば
枢木首相が唱えていたように徹底抗戦をしていたら?


世界はどう変わったのだろうか?


大きな流れは変わらず同じ道を歩むという説と
大きく変わったという説があるが
どうなったのだろうか?



私が思うにスザクが枢木首相を殺さなくても
誰かが枢木首相を辞任させ(実質的に居なくなったのと同じ)
時間の多少の違いはあっても
ルルーシュの世界での日本は同じ道を歩むのだと思う。



ルルーシュはギアスの力でマオを黙らせるが・・・


なぜもっと早くしなかったのか?
と思いながら見直したら

スザクが突入した時にマオのサングラスが外れる。

そしてルルーシュはギアスのことをスザクに知られたくない。

スザクは自分の父親の事をマオに話され
気が動転している。


だからスザクはこの時
ルルーシュがマオにギアスをかけたことに気づかない。



マオは声が出ないまま
ふらふらと礼拝堂を出て行くのだが
そこで待っていたのは中華連邦から帰ってきたシーツー。

彼女に声をかけたいマオだが
声が出ない。


シーツーはサイレンサーつき銃でマオを殺す。


好きだったよ。
マオ。

マオ。
先に行って待っていろ。
Cの世界で。



さて、ここでCの世界とは何をさすのか?

イメージ的には死後の世界、涅槃とも思えるのですが・・・

R2でより具体的に出てくるのでそれまでは触れないことにしましょう。


コードギアス 反逆のルルーシュ6


コードギアス 反逆のルルーシュ その他の商品

0 件のコメント: