楽天

2010年7月1日木曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ 「三つめ の 理由」



コードギアス 反逆のルルーシュ 「三つめ の 理由」



コードギアス 反逆のルルーシュ 「三つめ の 理由」



パン!



キャァ!



動くな!



全員手を頭の上に載せてうつぶせになれ。



言うとおりにしないと
ぶっ放す!






絵に描いたような安っぽい銀行強盗。
いつもなら鼻で笑ってテレビを消すところだが
今回ばかりはそうもいかない。
なぜなら・・・






あぁぁ・・・!



カレン!



お前ら変な真似をしてみろ!
この女の頭からぶち抜いてやる!






これは現実で
俺たちはそこに居るからだ。






趣旨はご理解いただけたかな?
なぁに、しばらくお利口にしていれば
すぐ終わる。






犯人は二人。
気取ったのがボスでライフルを所持。
頭の悪そうな子分が拳銃でカレンを拘束している。
どんな人間にも命令できる
俺の力、ギアスを使えば簡単だが
スザクやカレンに気づかれないように使わなくては。






私は奥の金庫に行っている。
人質を見張ってろ。



わかった。
ボス。






黒の騎士団と連絡を取るか?
たしかD7地区に武装細胞が居たはずだ。
乱暴な手だが・・・






やめろ!
その子を放せ!



スザク!?



ば・・・馬鹿・・・



僕が人質になる。
その子は身体が弱いんだ。






いや・・・
かなり頑丈だと思うが・・・






女の子を人質に取るなんて
情けないとは思わないのか。



ん?
てめぇ、イレブンか。
日本人なら俺達を手伝え!
ここにあるのはブリキどもが俺たちから
搾り取った金なんだぞ!



だからと言って強盗していいという事にはならない。



黙れ!
俺たちのバックには
黒の騎士団がついているんだぞ!



ぇ?






へぇ~。
黒の騎士団ね。






ふざけないで!
黒の騎士団はあんたたちとは違うわ!



なんだとぉ!



女を人質に取るような
黒の騎士団は・・・
ゼロはそんな事しない!



黙ってろ!
ブリキ女は!

ドス



キャァ。



カレン!



やれやれ。
仕方ないな。



ルルーシュ?



おい、そこの学生!
勝手に立つんじゃねぇよ!



黙れ!



ん?



命令するのは俺のほうだ。



来るな!
それ以上近づくと女を撃つぞ!



勝手にしろ。
その女は俺の恋人でも何でもない。



な・・・

ルルーシュ・・・



馬鹿な。
俺はお前を撃つことだって出来るんだ!



お前たちが敗北する理由は3つ。



ぁ?



1つ。
その女に人質としての価値があると信じた事だ。



く・・・



2つ。
武器を持っているのが自分たちだけだと
思いこんでいるから。



は?
学生が武器を持っているはずがない。



どうかな?
俺たちがここに来た理由が
お前たちと同じだとしたらどうする?



な・・・



撃ってみるか?
俺のポケットに入った
C4型プラスチック爆弾の威力を味わいたければな。



は・・・
はったりだ。



だったら調べてみろ。
俺のポケットを。



く・・・
来るな!
それ以上来ると撃つぞ!



聞かせてやろうと思ったが・・・
爆弾のタイマー音を。



何?!



そろそろ聞こえるんじゃないか?
カウントダウンする時計の音が・・・

お前には聞こえる。
時を刻む音が・・・



ぅ・・・
う!
ま・・・まさか・・・?!



カチ コチ
カチ コチ



馬鹿な・・・
本当に・・・
聞こえる・・・






ぇえ?!
何も聞こえないけど・・・



や、やめろ!
近づくな!



さぁ、0アワーまで10秒をきった。



よせ!
止めろ!
俺、死にたくねぇ!



3・・・2・・・1・・・



やめろ!



てやぁ!



ぇ?



カレン!
無事か?



ぁ・・・
うん。
スザク
いつの間に後ろに回りこんでいたの?



ルルーシュがひきつけてくれてたから
簡単だったよ。
立てる?



ぁ・・・あり・・・


パン!



動くな!
と命令したはずだ!



ほぅ。
なかなかと手早いじゃないか。
俺の計算より戻りが早い。



黙れ!
お前たち
このライフルが見えないのか!



投降するんだ。
今ならまだ罪が軽くなるよう
口ぞえ出来る。



スザク
そんなの通じる相手じゃ・・・



大丈夫。
僕に任せて。

さぁ、銃を捨てるんだ!



そこで止まれ!



無駄だよ。



被害者が出ないとわからないらしいな。
だったら!



パン



銃弾を避けた!



てやぁ!



自分はブリタニア帝国軍准尉
枢木スザクだ。
強盗および殺人未遂で
君たちを拘束する。



ぅ・・・
馬鹿な・・・



人質さえ居なければ
銃は怖くない。



ふ。
3つ目の理由は
枢木スザクがここに居た事だ。






ぁ・・・あの・・・
ありがとう。
助けてくれて。



よく頑張ったね。
カレン。
でも・・・
強盗に言い返すなんて・・・



病弱なお嬢様なのにな。



え?

あ・・・あの時はとっさに・・・



カレン
大丈夫?



お前こそ大丈夫なのか?
銃を持ってる相手に無茶をして。



ルルーシュこそ。
あのブラフは無茶だよ。
僕が回り込まなかったら
どうするつもりだったんだ?



ぇえ?!
二人とも打ち合わせてたんじゃなかったの?



全然。



ルルーシュが勝手に動いたんだよ。



それでよく・・・



スザクが居たからな。



頼りにしてくれてありがと。
でも、3つ目の理由は間違ってたよ。



間違い?
俺が?



そうだよ。
僕が居たからじゃない。
僕たちが居たからだろ?
ルルーシュ。

0 件のコメント: