楽天

2010年8月17日火曜日

コードギアス 反逆のルルーシュ 24 感想



コードギアス 反逆のルルーシュ 24 感想



24話と25話、連続スペシャルだったのですね!
私はレンタルDVDで1期を見たので
前置きを知ったのはブログのためのデータ集めでようやく・・・

DVDではジェレミア卿の復活(?)からスタートする24話です。

なぜかここでオープニングが変わっていると思ったら・・・
最終話だけの特別バージョンだったのですね!

やっぱり2期へと続くとするためでしょうか?



CODE-R。
なるほど。
活動電位とニューロフィラメントが
異常数値でした。

理解は幸せ。
私を実験体にし、再現しようとしましたですね。
この病を。


ジェレミア卿が見ているモニタにはシーツーの映像。

おそらくシーツーは不老不死。
致命傷的な怪我をしても驚異的スピードでの治癒。

古代より多くの権力者たちが欲しがっていた物。



そしてゼロの声を聞いた途端にジェレミア卿の様子が変化。

よほど恨みが強いのか?
それともオレンジ事件を根に持っているのか?



階層構造をもつ租界。
その管理を行っている人たちへのギアス。
軍門へ下れ
この言葉がキーワードらしいが
さて、ルルーシュはいつそのような指令を与えたのか?

学園祭の前後だと考えられるが・・・

まぁ、ユーフェミアの特区構想が発表されたのは
学園祭の日、突然に・・・


この時、ルルーシュはクーデターの準備中。


特区が建設されいくら急ごしらえであっても

最低1ヶ月、もしかしたら3-6ヶ月はかかるだろうから

それを考えれば特区が建設されている時に

ギアスをかけたとすればこの部分は納得できるのですが・・・



そして0時に租界外延部が一斉崩落。



これでいい。
後は政庁陥落の映像と共に
独立宣言を全世界に向けて発信すれば
嫌でもあの男が出てくる。

ヤツに・・・
ブリタニア皇帝に直接会うことができれば
全てのカードは我が手に落ちる。



シーツーは無言だが顔に・・・
そんなに簡単に皇帝は出てくるだろうか?



こんな時に陛下が居ないなんて・・・

またあそこか・・・



どうやら政は全て息子やその他に任せ
別世界へ行っている様子。

しかも・・・

ルルーシュがギアスのオン・オフができなくなった時

あやつめ、やりおったか

と言った皇帝。


つまり一定以上にギアスの力が強くなった事を
皇帝は知っていた。
となればルルーシュの思惑通りにはいかないだろう。

一筋縄ではいかないと考えるのが妥当かと。




姫様!
ここは私にお任せを!

ギルフォード!

今のうちに政庁へ。

この私に部下を置いて逃げよと言うのか。

姫様は生きねばなりません!
ユーフェミア様の為にも!

そう。
私は姫様に選ばれた
姫様を守るための騎士!

ならばここは
私こそが!

わかった。
命令だ。
生きて帰れよ。
我が騎士ギルフォード。

イエス・ユア・ハイネス!



コーネリア、敵にはしたくない相手だが
個人的には凄く好きですね。

自分が先頭に立って戦うから
部下もついてくる。
しかも部下を大事にしている。

そういう意味では
ルルーシュと似ているのでしょう。



この特派は研究開発が目的でね。
やるべき事は全て終わったんだ。
総督から出撃命令も出ていない。
だから
ここを出ると命令違反だよぉ。

スザク君。
気持ちはわかるけど・・・

駄目だよぉん。



上司であるロイドさんを殴り倒してでも
出撃するスザク。

気持ちはわかりますけど・・・
軍規とか大丈夫ですか?
明らかに軍規違反ですね。



扇。
協力者の名は?

あ・・・あぁ。
篠崎咲世子と言って・・・



ここでルルーシュは咲世子さんが
協力者と知り
一瞬の驚き。


ゼロの正体がばれるのも時間の問題?



オデュッセウス殿下。
派兵の準備はできております。
指揮官の任命を。

急に言われてもねぇ。
ユーフェミアの件は明らかな失態だし
処理を間違うと全てのエリアが・・・

殿下!
今はコーネリア皇女殿下を・・・

兄上。
私が行きましょう。

そ・・・そうか?
行ってくれるか?

悲しいじゃないですか。
人が殺しあうのは。



初登場のオデュッセウス殿下。

どうやら皇位継承権第1位らしいが

政には向かない性格に見えますが・・・



シュナイゼル殿下が行くと言うが・・・

悲しいじゃないですか。
人が殺しあうのは。

この台詞。
正直、私はシュナイゼル殿下、好きになれないのです。
どちらかと言えば嫌いと言うタイプ。

その場の状況から
自分はどのように振舞えば良いのか
それを計算して動いているように見える。

人当たりはよく、多くの人に好かれるだろうが
彼の本心は?
いや、本心など無いのかもしれない。
コーネリアのように自分から先頭に立つのではなく
常に数歩下がった場所に居て周囲に命令を与えるタイプ。
そのように感じます。

個人的には一番嫌いなタイプですね。




この学園は我々黒の騎士団が徴用し
司令部として使用させてもらう。

拒否権は・・・
ないのよね。

きみたちの身の安全は保障しよう。



シャーリーはゼロの正体がルルーシュと気づいているが

おそらく始終無言で顔を背けているナナリー

彼女もゼロが兄だと気づいているのでは?

目の不自由なナナリーだからこそ・・・

足音一つで相手の心の中まで見てしまう。

彼女だからこそ・・・



カレン?!

そっか。
そういう事か。

約束してくれる?
あたしたちだけじゃなく
学園の生徒全員に手を出さないって。

男子寮も女子寮も
外には出られないようにしたから
大丈夫だと思う。


カレンが自分の正体を明かす事で
生徒会は説得完了。


ねぇ。
私に何をしたの?

ぇ?!

私がどれだけ怖かったか
二人でやったんでしょ?
私に・・・何か・・・

はぁ?

ひどいよ。
ひどい!



やっと言えたシャーリー。
でも・・・
カレンに言っても
はぁ?
になるだけですが
後ろにルルーシュが居るから。

でも、ルルは作戦の事で手一杯。
彼女のこの言葉を覚えているのだろうか?



憎しみに捕らわれているスザク。



ギアス?

そう。
ゼロは超常の力を持っている。

まさか・・・

ユーフェミア皇女殿下は
なぜ急に人が変わった?
そして
ルールを遵守しようとしたきみは
式根島で何をした?

つまり・・・



ブイツーはギアスのことをスザクに教える。




人を操り
記憶を失わせる力。
そう考えれば今までの事も
全て辻褄が合う。

まさか・・・
その後遺症で私は・・・
イレブンなどと。

あの学生
ルルーシュ・ランペルージこそ
諸悪の・・・



ビレッタ卿は記憶を取り戻し
ルルーシュが特別な力を持っていることに気づく。




コーネリア殿下。
陣を敷き終えました。
政庁前の防衛線は?

そのまま維持しろ。
この戦が長引けば
黒の騎士団のほうが不利になる。

イエス・ユア・ハイネス。

で、兄上のほうは何と?

75時間後に太平洋の艦隊が到着すると。



篭城されたら負けるのは攻め込んだほう
というのも・・・
黒の騎士団にとって致命的な欠陥ですね。

相手が相手だから仕方がないと言えばそれまでですが。



でも、コーネリア殿下
ユーフェミアには総督と呼ぶようにと言いながら
コーネリア殿下は兄上と言っている。

シュナイゼル殿下は役職名など無いのだろうか?

往々にして人は自分の事を棚に上げ
人には完璧を要求するものだが・・・



ゼロォ!!!

まだ落ち着かんのか!

抵抗が大きすぎて。

コーネットピンを取り付けます。



ジェレミア卿、オレンジ卿と言うべきか?
なぜ今、このタイミングで彼を?


というのは次回、最終話で・・・なのですが



やっぱりこれの対策をとっている時間は
無かったようね。

ゼロ。
約束どおり・・・

あぁ。
その騎体は好きにしろ。

ゼロ!
お前は!
最後まで人を騙して!
裏切って!

ふん。
偽善なる遊びに付き合う暇は無い。
さらばだ。
枢木スザク。

くそぉ!



いつもゼロの邪魔をするランスロット。
捕縛成功。
これからどうなるのか・・・



藤堂。
私は政庁の上から攻め込む。

騎体能力に頼るのは危険だと考えるが。

わかっている。
混乱を作るだけだ。



ここまではゼロの計算通り。

このままゼロの計算どおりに事が運べば
上手くいくはずだった?





似ているな。

あぁ。
アリエスの離宮に。

なぜ知っている!

話してやるよ。
いずれ、その時が来たらな。



シーツーは度々既に死んだはずの
ルルーシュの母、マリアンヌと
会話をしていた様子が見られるが・・・


シーツーとマリアンヌはどういう接点?


そしてシーツーがルルーシュに
アリエスの離宮について話す日が来るのだろうか?



気持ち悪い事を言うな!

私とお前みたいなイレブンが一緒になる。
ふふふ。
私の名はビレッタ・ムゥ。
ブリタニアの騎士候だ。

パン

そ・・・
そうか。
チグサ・・・
記憶が戻ったのか・・・



扇はビレッタに撃たれ・・・
これが作戦にどう影響を及ぼすのか?


今のうちです。
行ってください。

え?!

スザクさんを助けてあげてください。
ここで今、一番頼りになるのは・・・



ナナリーにとっては苦渋の決断?
そして彼女が一人になったために
ブイツーの侵入を許す結果になる。



彼女が一人にならなければ・・・



スペックでは圧倒しているはずなのに!

脆弱物が!

捕まえた!
お前の命はまさに私の手の中に!




ルルーシュ
それは経験値の差。
コーネリアは並の姫様とは違いますから。
まさに戦場の女神。



姫様。
ダールトンです。

ご安心を。
お命までは頂きません。

間に合ったか。

ゼロに姫様を差し出すために。

は!
ぁ!

姫様・・・
なぜ・・・?

ありがとう。
ダールトン。

姫様ぁ!!!



ダールトンが間に合ったから
ゼロは助かった。
しかもダールトンはギアスをかけられていた。

ゼロがダールトンにギアスをかけたのは
特区日本式典会場としか考えられないのだが。

生きていれば良心の呵責にさいなまれ・・・
となるダールトンだが
ゼロのありがとうの言葉と共に
ゼロに倒される。



ナナリー
きみを迎えに来たんだ。



ナナリーのところに突然現れるブイツー。
しかも迎えに来たと言う。
彼は何者?


しかもどうやって?



最初はアヴァロンでいきなりスザクに前に現れ
ギアスのことをスザクに教える。


つまりギアス関係者?


そして今度はアッシュフォードに現れる。


ブイツーについてはこの段階ではまだ未知数なのだが
空間を自由に移動できる能力者と考えるのが
一番妥当な考え方だと思うのですが。



コードギアス 反逆のルルーシュ9


コードギアス 反逆のルルーシュ その他の商品

0 件のコメント: