楽天

2010年9月3日金曜日

蒼穹のファフナー2 感想



蒼穹のファフナー2 感想



あなたはそこに居ますか?

答えるな!
ヤツに思考を侵食されるぞ!

答えたら
人類は滅びる。



総士はいつ敵に
答えたらいけないと知ったのだろうか?

少なくとも大人たちは
一騎たちが生まれる前から知っていた。
答えてはいけないとなぜ教えなかったのか?

敵と遭遇して初めて教えられた一騎。
答えてしまったあの日の事を
悔やむに違いない。



一騎くん。
レールガンを使え!

まだファフナーからの電力供給が出来ない。
一発でしとめるんだ。

父さん!

よぉし!
頼んだぞ。

ぁ・・・

一騎!
レールガンを!



直後に総士は父親が敵にやられた事を知る。


要咲良の母親は夫が殉死した直後
任務をこなしながらも悲しみを見せているが
総士は全く無表情でその後をこなす。

任務遂行という点では総士は優秀だが
最初、総士は心を失ってしまったのか?
そのように感じました。

後に、すごく自己表現の苦手な
不器用な人間だと知るのですが・・・



これが・・・
おれたちの島かよ?!

嘘だろ?
そんな・・・



今、戦いの中にあると知っていれば
やられた・・・
で終わるのだろう。

しかし、多くの子供たちは何も知らされていなく
避難するように言われ外へ出てみたら・・・
自分たちの知っている島ではなくなっていた。
これは相当ショックな事かと思います。



お父様が戦死なされたそうですね。
真壁指令代行の作戦
どう思われました?

あの時は
あれが最良の選択だったと思います。



作戦も何も無いでしょう。
これが見ていての感想です。
作戦というのは、何をどうして・・・
と計画をし、実行する事であり
傍目で見ていて不手際が目立ちすぎ。


蔵前が初陣だったが移動中に殉死。
急遽、一騎が選ばれ総士が迎えに行く。

一騎は何も知らないまま
機体に乗るように言われる。

その場の状況に対応するが精一杯で
防戦一方。

総士の誘導があるから
一騎はかろうじて・・・
だけど総士の誘導が無ければ無理だっただろう。

この場は作戦ではなく対応というべきだと思います。



あの・・・
こういう場所
あったんですね。

家に帰ってお父さんに聞く事ね。

知ってたんだ・・・
父さんも。



一番戸惑っているのが何も教えられていなかった
子供たちだと思うのですが・・・

戦いの事は教えなかったとしても
危険時にはシェルターへ避難する事。
地下に島の運営場所があるが
定められた人しか入れない
その程度は教えておいたほうが良かったのでは?
あと、知らないものに声をかけられても
無視するようにとか。


最低限の必要知識だと思います。



さぁ、さぁ
怪我人がたくさん居るんだから
帰った、帰った。

はい。
ありがとうございました。

お大事に。

真壁のおじさま
呼んでもいい?

お願い。
もう少し・・・
時間を頂戴。



当然といえば当然ですが
遠見先生、さすがプロですね。
一騎の前では何も言わず
陽気に振舞う。

でも陽気すぎて怪しまれる場合もあるのですけど。



あぁ、お帰り。

母ちゃん!
何してんだよ?

お前、よく無事だったね。

こんなもん
どこで拾ってきたんだよ?

失礼ね。
あたしのよ。

え?!

被害状況報告




息子のこんなもん、どこで拾ってきた?
これには笑いましたね。
普通の時なら
どこで買ってきた?
になるのでしょうが、今日はそれどころじゃない。


簡単に持って帰れるような物ではないので
おそらく・・・

通常は押入れかどこかに隠してあったのでしょう。
それを引きずり出して仕事をしていた
そう考えるのが妥当かと。



あれに乗った気分はどうだ?

別に・・・

驚いただろ?
島の人たちがこんな事をやっていたなんて。

別に・・・

それじゃぁ日本がもう存在しないって事は?

ぇ?!
日本が?!

29年も前の話だ。

東京は?
大阪は?

とうの昔に消えてるよ。
その前に竜宮島のほうが
地図の上から消えたけどな。

ぁ・・・

信じられないかい?
こんな物が現実にあるのに。
これが本当の姿だったんだよ。
この世界では。

昨日までこの島だけが楽園だったのさ。




一騎も自己表現が苦手なのだろうか?
それとも照れ隠しか?

別に・・・
としか答えない一騎。

でも、さすがに日本が既に29年も前に消滅していた。
この事実は驚きが隠せない様子。
総士は親父さんから教えられていたようだが
いつ、どういうシチュエーションで教えられたのか?



ただいま!

あ、ごめんね。
職員会議で遅くなって・・・

まだ嘘つく気なの?
お姉ちゃん。

もしかして・・・
怒ってる?

みたいね・・・
はぁ・・・




真矢が怒っているのは
自分には何も教えられず秘密にされていた事。
これが理由なのでしょう。



今日はもう
帰ってこないかと思ってな。

帰らないわけ無いだろ?
俺がいないと飯も炊けないんだし。

父さんだって昔は炊いてたんだぞ。

それ、結婚する前だろ?

どけ。
今夜は俺が作る!

いただきます。

ん・・・

どうだ?
上手いだろ?

このお米、研いでないだろ?!

え?!



ここにも素直じゃない、不器用な男が・・・
でも、教えない事は教えない。
良いのか悪いのか?

おそらく父親として気持ちの整理が出来てないのでしょう。



島の事・・・
知ってたのか?

なぜ黙ってたかなんて
俺に聞くなよ。

ん・・・
おれ・・・
総士と一緒に戦う事
決めたから。

そうか。
遠見先生に言われたろ?
早く寝ろ。

明日からファフナーの訓練が始まるぞ。



お父さん・・・
そんな予防線はっちゃって・・・
子供としてはしっかり話しをして欲しい物です。



一騎くんの身体の事で
お話があります。

搭乗時に彼の意識が
通常と変わった事が記録されています。

そして・・・
やまり戦闘経験後
染色体に変化が見られました。

今はまだ様子を見てみないと断定は出来ませんが
このままいけば・・・

紅音(あかね)・・・
すまん・・・
すまん・・・



ファフナーのパイロットになるという事は
敵にやられる可能性もあるが
それよりも同化現象で命を削る。

息子を守る事のできない
そんな息子に島の安全を託さなければいけない
父親として、亡き妻に対しての素直な気持ちでしょう。




彼にあの事
伝えたんですか?

・・・

そうですか。



一騎の父親は無言で答える事が多いようで。
まさにある年齢層の日本の親父ですね。
男は寡黙がいい。
なんていわれた時もありますから。


でも・・・
言わなきゃ伝わらない事もあります。




人は全てを知った時
世界の果てを知る。
力の限界を知る。
夢などいつか覚めてしまう事を知る。

しかし、僕たちは
そんな事など
乗り越えられると思っていた。
この時には・・・



ある年齢の頃
自分には何でもできるのだと
錯覚していた時期があった。

でも年齢を重ねるうちに
絶対できない事があることを知る。
自分の限界を知る。



この作品の見所のひとつは
このラストシーンの総士の言葉
これも一つの見所でしょう。


【中古】DVD 1.蒼穹のファフナー Arcadian project


★蒼穹のファフナー★その他の商品

0 件のコメント: