楽天

2010年10月29日金曜日

蒼穹のファフナー15 感想



蒼穹のファフナー15 感想



人間と戦ってはならない。
どんな事があってもだ。
一度でも血を流せば
一騎が戻ってきたとき辛いのはきみだ。

あなたは・・・
血を流したことがあるのですか?!

嫌というほどな。

ぁ!

もし万が一
一騎が人類軍の元で人の血を流してしまっていたら
きみが助けてやって欲しい。

僕が・・・助ける・・・

頼む。

一騎の事
信じてるんですか?

あぁ。
でも会話もなく出て行かれたんでな
あいつが私を信じてくれているか
正直、自信は無い。

それは僕だって同じです。



この会話からわかるのは
総士は史彦の事を戦う事のできない臆病者
そのように見ていたのでは?

だから
あなたは血を流したことがあるのか?
と問う。

嫌と言うほどな。

これが史彦の答え。

という事は・・・
フェストゥム襲来から30年間の事は
一切子供たちに教えられていない。

おそらく島の事を隠す目的もあるだろうが
史彦たち当事者にとって心の整理がついていない?
いずれにしても歴史教育の一部が教えられていなかった
この事がよくわかります。



総士!

は!

総士くんの目どうしたの?!

一人で遊んでて転んだんですって。

可愛そうに。

俺のせいだ。

痛いよ。
痛いよ。
痛いよ。

俺がやったんだ。

総士くんの左目、回復は難しいそうよ。

あんな酷い傷、転んだなんて本当かしら?

まさか誰かが?

なんで俺がやったって言わなかったんだ?総士。
そのせいで俺はずっとお前に謝る事さえ出来ず
ずっと・・・

行けるのなら僕が行くさ。

その傷のせいで
お前はファフナーに乗れないんだろ?!
だったらなんで俺を攻めないんだ!

なんで俺がやったって言ってくれなかった?!
俺が逃げたからか?
あの時お前を置いて逃げたからか?!

怖かったんだ。
お前を傷つけた自分が怖かったんだよ。
だから逃げたんだ。

お前は俺を怒っているんだろ?
俺を憎んでいるんだろ?
だから俺に戦って死ねって言いたいんだろ!
総士!

ずっと・・・居なくなりたかった。
俺なんか居なくなればいいって。
でも、せめてお前に謝りたくて。



狩谷先生に一騎が
総士の目を奪ったのは自分だといい
ここでもう一度その場面が明らかにされます。

一騎には強い自己否定があるから
ファフナーに乗っても心が変わらない。
その日常的否定の原因がここではっきりします。



そのコアが
私を私として目覚めさせたように
あなたが総士を総士にした。
大事な傷。自分である証。
総士はね一騎に感謝してるんだよ。

感謝?

なぜ
総士を傷つけたの?

それは・・・

私が思い出させてあげる。本当の事を。

あなたはそこに居ますか?

うわぁ!はぁはぁ・・・
総士なんでお前が?

同化って言うんだ。
一つになれるんだって。

総士・・・

一つになろう。一騎。
同化現象って言うんだって。
僕たちの身体の中に記された
遠い場所への帰り道なんだって。

帰り道?

ミールの因子が
僕らの遺伝子に移植されているんだって
父さんが言ってた。

ぁ!

僕はこの島のコアを守るために
生きてるんだって父さんに言われた。
自分や他の誰かのために
生きてちゃいけないんだって。

総士・・・

僕は初めからどこにも居ないんだ。
だったらお前と一つになれる場所に
帰りたい。一騎。

総士・・・
おまえ・・・



一騎は乙姫のテレパシーによって
総士を傷つけた事を思い出し
なぜそうなったかを思い出す。

総士は易々と手から結晶を出し
一騎と同化しようとする。
おそらくその場面に一騎が驚き
一騎は怖かったのでしょう。

そして総士の与えられた運命。


この乙姫のテレパシーによって
一騎が総士を傷つけた時の事を思い出すと同時に
この様子から
総士と史彦の会話の中で

安定したがっていたのは僕です。

この言葉の意味が理解できます。




彼女を入れてやりな。
責任は俺がとってやるよ。

は!

うそ・・・

元気にしてたか?
弓子。

・・・

ぁ?
お・・・ぉ・・・おい
どこ行くんだよ?

どちら様でしたっけ?

おい、ちょっと待て。
弓子。

あんたなんか知らない。
ついて来ないで!




弓子は道生と気づくが
明らかな無視、拒絶。
こりゃ、昔何かありましたね。
(後に多分・・・あれが・・・?
 と思われる事が明かされますけど)



一騎くん・・・
良かった。無事で。

ほんとに
ここに居るのか?

居るよ。
ここに居るよ。

ありがとう。
総士は?

皆城くんは島に居るよ。
一騎くんのこと、きっと待ってる。

あいつが島の外で見たものを
俺も見たかったんだ。
そうすれば
あいつの事がわかるんじゃないかって。

うん。

戦うのが怖かったんじゃないんだ。

うん。

ただ、本当に
俺がどこにも居なくなるのが怖くて。

一騎くんの気持ちわかるよ。

俺なんかずっと居なくなればいいと
思ってたのに。

帰ろう。

帰ってもう一度話そう。
それをやめたら、きっと本当に自分も相手も
居なくなっちゃうから。
だから何度でも話そう。



このあたり、涙腺のゆるい私としては駄目ですね。
ティッシュが・・・

でも、一騎は
総士を傷つけた事で自分が居なくなれば良いと思っていた。
でも一騎が選んだのは総士ともう一度話す事。

真矢が
何度でも話そうと言う。
この一言が救いですね。



こういう役目は俺じゃねぇよな。



確かにそうですね。
溝口さんが言ったら説教臭くなる。
でも、少しやきもちですか?



何も知らなかったときのようには
あの島の事、考えられなくて。
多分、帰るってより
俺がこれから行かないといけない場所なんです。
竜宮島は。

似たような事
言ってたやつが居たよ。
もう前とは同じように考えられない。
自分が島を守らなけりゃぁってな。

それって
もしかして・・・

総士?



なんだかんだ言っても
総士と一騎
近いんでしょうね。
心が。

だから総士は一騎と一緒になりたかったんでしょう。






★蒼穹のファフナー★その他の商品

0 件のコメント: