楽天

2010年10月1日金曜日

蒼穹のファフナー8 感想



蒼穹のファフナー8 感想



大勢の人の思い出が
ここにもあったんだろうな。

大丈夫ですよ。



真矢が写真を撮っているのだが・・・
古代ローマを思わせるような街並みですね。

アーカディアンプロジェクトで建造された島は
複数あったと言いますが・・・
この街並みから推測するに
1つの国家だけではなく複数の世界的規模で作られた
そう考えるのが妥当なのでしょう。


溝口さんは真矢が高いところに上っているのを見て
心配して声をかけるが
真矢の趣味はロッククライミング

敵襲でもない限り大丈夫でしょう。
でも知らなければ心配するのが普通の大人なのでしょう。



甲洋
俺たちも一時の方向へ移動するぞ。

お前に命令される筋合いは無い。

いい加減にしろ。
甲洋。
作戦中だぞ!

作戦か・・・

そう言って翔子を見捨てたのか?!
総士!

ぁ・・・
甲洋
総士は決して・・・



状況を知らないから何とでも言える甲洋。
でも感情がついていかないのでしょう。

せめてあの状況を冷静に分析し
今後どうすべきか
大人も候補生も含めてミーティングが出来れば
甲洋のこのような発言はないと思うのですが・・・



作業は順調のようですね。
夕方までには終わると思います。

予定通りね。
別働隊のほうはどうなってる?

現在・・・
展開中です。

あの・・・
この事
溝口さんは知らないんですよね?

もちろんよ。

いいのか?
溝口さんに報告しなくても。

どうせ俺たちの考えはわからんよ。
古い人なんだからな。



何を考えていたのか?
確かに古い人には新しい考えはわからない。
それは認めますが
ここでもミーティングの不備を感じます。

何も言わなかったら何も伝わらない。
言わなくてもわかる
これが世代との軋轢を生む。



溝口さんこそ
仕事する気あります?

若い子に吸いとられちゃったぁ。

急いで!

さてと・・・
俺も働くかな・・・



真矢の前では昼行灯な態度を見せているが・・・
溝口さん、なかなかいい仕事をします。
個人的には好きですね。



目標
発見。

手はずどおりに進めなさい。

システムがまだ生きているな。



ぁぁ・・・



勝手な行動
それが身の破滅を招く。



上陸部隊の溝口さんから通信です!

こちらの専用回線に回してくれ。

わかりました。



どうだ?
そっちは?

先生
島で宝物でも探すつもりらしいな。

うむ。

もし見つけた時には
俺の好きにしていいか?

宝物をどうする気か
つかんでからだ。

わかったよ。



溝口さんからの通信。
周囲に気をくばる真壁。
理由は次の話で概ねわかるのですが・・・

この計画時で二人は狩谷先生のことを
既にわかっていたようです。



パリン

あぁ・・・
あぁ・・・
ぁ!

あなたは
そこにいますか?

やめろ!

俺の心を・・・
読むな・・・

そうっか。
お前たちが
招かれたもう一つのAlvisか。

どうした?
おい、何があった?
報告しろ!

ここのコアは
もう居ない。

ソロモンの予言です!
アンビバレント!
アルヘノテレス型
及びグレンデルク型
多数断定!

出現位置は?

北方310Km
上陸部隊が作戦展開中の島です。

ぅ・・・
何がきっかけだ?

原因はわかりません。

すぐ脱出しろ!



コアが敵に乗っ取られ・・・
その結果この島は滅びたらしいが・・・

最悪の事態を備えての行動
狩谷先生の直属部隊にはそれが浸透していたのか?
疑問に思います。



敵が出現した!
作業員たちが危ない!

なんだって?!

なんでもっと早くわからないんだ!

上陸部隊をすぐに引き上げさせろ!



甲洋、だから無理な場合は無理なんだって。
そのために犠牲者も出る。
それが戦い。
奇襲は最大の武器であり防御であり
戦略の基本。

これも経験値の問題ですね。




脱出経路を確保。

弓子!

被害確認を済ませろ!

真矢は?

落ち着いて。
母さん!



遠見先生
気持ちはわかりますが
娘の弓子のほうがずっとしっかりしてますね。




退避状況は?

地下施設にまだ作業員と救護班が
取り残されています。

輸送機の発進準備のほうを優先しなさい。

見捨てるつもりかい?
先生・・・

ふぅ。
おぉ、こわ。
こわい、こわい。

助けに行っても無駄ですよ。

これだから場数踏んでない奴は・・・
ガキのお守りも
大人の仕事だぞ。



狩谷先生
イメージ的に前線で敵と対峙するタイプとは見えませんね。
やはり経験値の差?

それを考えると
溝口さん
頼りになります。



俺は絶対に
仲間を見捨てるような事はしないからな!
絶対に!



甲洋、あなたの考え方は必要だけど
時と場合によっては・・・
どうにもならない場合もあります。



別働隊は全滅した模様です。

これ以上島に居る理由は
無いって事ね。
ふ。

この島にもフェンリルがある事は確認しています。
すぐにでも放ち
島を消滅させるべきです。

・・・

何をためらっているんですか?
あいつらを
一気に殲滅できるチャンスです。

退避が完了していないうちに・・・
かね?

味方が同化して
敵になるよりはましだと思いますが。
フェンリルの使用許可を。

わかった。
許可しよう。

真壁さん?

総士くん。
やって欲しい事がある。

ぁ・・・




狩谷先生の考え
悩みますね。

でも、真壁指令と総士との連携
言わなくてもわかる。
なかなかいい感じです。



きゃぁ!

待ってろ!
すぐに助けてやる!

大丈夫です。
自分で・・・

おい!

あなたはそこに居ますか?

・・・

ズキューン



よく生きてたな。
お嬢ちゃん!
上出来だ!

この人
さっきまでここに居たのに・・・

同化されちまったのさ。
こいつは。

ぁ?
なんだ?
こりゃ?



人間何が幸いかわからない。
真矢は床が抜けて足を踏み外し
ぶら下がっている状態だったから
同化されずにすんだ。

そして溝口さんが来てくれたおかげで
助かる。

でも、同化され、目の前で消える隊員。
真矢にはショックだったのでしょう。
そして溝口さんが消えた隊員のポケットから
ディスクを見つける。



地下でまだ生き残っているのは?

溝口さんが救護隊員と共に
地上へ移動中です。

捨て駒には十分だわ。



狩谷先生
やっぱり戦いに犠牲はやむなし・・・
ですか?

確かに否定はしませんけど
助けられる命と
無理な命。
やっぱり狩谷先生は・・・
正直嫌いです。




溝口さん。
現在位置を教えてください。

地下6階だ。
俺たちを忘れるなよ。



溝口さん
狩谷先生の考え
既に読んでいますね。




地下のフェンリルを直ちに放ってください。

本気か?!

真壁指令の許可は下りています。

あいつも昔は
どんと構えていたんだがな。
一体誰の入れ知恵やら。

指令の命令に従えないんですか?

やりゃぁ良いんだろ?
やりゃぁ。
さっさと作動コードよこせ。

総士!
フェンリルの作動コードを見つけた!

そういう訳で野暮用が出来ちまった。
ごめん。

やっぱここもおんなじだな。
で、これか?
おぅ!
ビンゴ!

始動は30分後にセットしてください。

30分・・・
ぁ?
早すぎんだろ!

それ以上の時間は危険です。

了解。
いくぞ。
3・2・1・・・

29:59.49

44:59.88

ピピ

フェンリル
作動しました。

はい
撤収、撤収。




さすが溝口さん。
場数踏んでいるだけあって
必要時間は計算済み。

面倒な事は言わずに
時計は15分の誤差を入れて設定。
どう見ても経験者って感じですね。



フェンリルが作動した。
二手に分かれる。
一人は待機。
一人は地下に居る者を救助する。

どうやって地下に?

海から入る。

俺が行く!
お前らがやれなかった事を
俺がやる!

ならば甲洋
僕はお前に命令する。

下へ降りろだと?

それが唯一の脱出経路です。

ぁ・・・
わかったよ。

彼、無茶な事
言ってました?

従うに値する命令
ってヤツだな。



溝口さんは総士の言う意味がわかったようで・・・




もし海に敵が居たらどうする?!
俺が行く!

僕は甲洋に命令しているんだ。

援護は無い。
お前一人だ。
これだけは言っておく。

羽佐間のような無謀な行動は
二度と許す気は無い。

ファフナーを失う危険があれば
救助を中止する。

俺の実力しだいって事だろ?

総士!
せめて敵が居ないことを確認してくれ!
海の中で戦った事など無いんだぞ!
もし襲われたら・・・

一騎
戦うのはお前の役目だ。

お前が
島に居る敵をひきつけろ。



総士は司令官として優秀だと思いますね。
経験値というのもあると思いますけど



これを持って潜ればいいんだな?

そうだ。
タイムリミットは10分。

やめなさい!
ファフナーを捨てる気なの?

真壁さん
真矢は本当に戻って・・・

大丈夫。
心配しなくていい。



狩谷先生
見苦しいですよ。
小部隊の隊長にはなれても
指揮官には無理な人だと思います。


そういう意味では遠見先生も
どんと構えて
という点では弱いですね。

真壁指令は総士やみんなを信じているからこそ
司令官として構えていられるのでしょう。
もっとも指揮官がうろたえたら
指揮どころではなくなりますけど。




すぐに揚陸艇を発進させなさい!

しかし・・・
生存者が・・・

これは命令よ!



狩谷先生
自分だけ助かれば
他の人はどうでも良いのですか?
部下を信じて任せられるからこそ
人はついてくる。

部下を切り捨てるような指揮官には
いざとなった時みんな逃げ出しますよ。






★蒼穹のファフナー★その他の商品

0 件のコメント: