楽天

2010年11月6日土曜日

蒼穹のファフナー17 感想



蒼穹のファフナー17 感想



ストーリー的に言って折り返し地点。

実はオープニング、エンディング
私、ほとんど飛ばしてみる人なのです。

でもこの作品
ここまで世界観がわかってくると
オープニングの歌詞の意味がわかってきますし
特にデンディングは・・・

なぜかとばせないのです。
ついつい聞き入ってしまいます。
そしてさすが、ワルシャワフィルのオーケストラ。

音楽の使い方が・・・
ピアノだけで効果音。
これも憎いです。



息子を心理障害用の保護室に
閉じ込めるとはなぁ。

遠見先生の診断だ。

心神喪失による
衝動的な行動ってか?

あの・・・
一騎くんはどうなるんですか?

心配ねぇって。
それより渡すもんがあるんだろ?

ぁ・・・
日野洋治さんがこれを・・・

洋治は?

逝っちまったよ。
フェストゥムどもを道ずれにな。

そうか。
何もかも世話になってしまった。
ありがとう。



真矢と溝口さんに対して
素直にありがとうと頭を下げる史彦。
司令官と言う椅子にふんぞり返るではなく
このような腰の低さが好きですね。



何でも
望みどおりにしよう。

家族みんなで・・・
暮らしたいな。

ぁ・・・

安心して。ただの我がままだから。
そういう時はお兄さんらしく
無理だって言っていいんだよ。
総士。



子供なら誰もが本当は願うこと。
家族、両親、兄弟で仲良く暮らしたいと
思うのは当然でしょう。

私も離婚を経験した母親に対して
何も望まない。
平和で母と父とが居る生活が欲しいと思いましたから。



あの子
誰?

皆城乙姫。
僕の妹だ。

妹?!
居たんだ。

事情があって
ずっとある施設に居た。



一騎は乙姫を知っているが
乙姫が島のコアだと知っている人物は少ないようで・・・
まぁ機密事項なのでしょう。
総士は事情があって施設に居たと言っていますが
ある意味それは正しいですね。

一応人工子宮の中で一生を終えるという設定らしいですから。



一騎くんとお話した?

遠見には関係ない。

でもあの時約束したじゃない!

パイロットでも無いのに
口を出さないでくれ。

ぁ!
わかってるよ。そんな事・・・
でも・・・みんなには仲良くして欲しいじゃない。
誰かが居なくなるたびに喧嘩ばっかり・・・

・・・

お願い。
一騎くんとちゃんと話して。



真矢の気持ちもわかりますね。
仲間割れしている場合じゃない。

でも総士はこの後
ちゃんと一騎に会いに行きます。
でも、どのような会話があったのか?
これは明らかにされていません。



僕の部屋だ。
入れよ。

お前
Alvisの中に住んでるのか?

出撃には便利だ。
座ってくれ。さ、話そうか?

話そうって・・・
なんか何も無い部屋だな。

よく見ろ。ベットがある。
テーブルとソファがある。
机があって壁には写真も飾ってある。

それ・・・
1枚だけか?




何も無い部屋だと一騎に指摘され
ベットやソファーがあると言い返す総士。
おもわず笑ってしまいます。
そういう意味じゃなくて・・・
モデルルームのような
生活感の無い部屋。
総士の性格をも現しているような・・・



見ろ。
コンパクトなバスルームまで付いている。

ん?
お前、どっか悪いのか?

勝手に触るな!

ぇ?

フラッシュバックを抑える薬だ。

フラッシュバック?

お前たちパイロットが感じた痛みが
戦闘後にも僕の身体で再現される事がある。
その・・・痛み止めだ。

総士・・・



バスルームにある薬の小瓶に気づく一騎。
そして総士の苦しみ?の一端を知る一騎。
でも、総士の性格からすれば
内緒にしておきたかったのかも?




ま・・・
まだ説明は終わっていない!


ガチャン

自動販売機だ。
僕の部屋からほぼ11歩の距離にある。
きわめて便利だ。

お前って・・・
本当に不器用だな。



一騎のこの一言。
極めつけ。
話が出来ないのも
これが原因なのでしょう。

でも、なぜそうなってしまったのか?
父親の影響が大きいと思いますが。




同窓会なら私も入れてよ。

ゆきっぺ。

私たちの同級生の顔、何人、思い出せる?
遺伝子の同化現象で一人死に
二人死に・・・私たち3人以外
み~んな居なくなったわ。
所詮
私たちは実験台だったのよ。
下の世代を真の子孫にするためのね。

それと人類軍と何の関係があるのよ?

ファフナーに乗れば乗るほど
染色体が変質して死に近づく。
だが生きるための因子も育つ可能性もある。
親父はそう言った。
ま、結局無駄だったけどな。

待ってよ。
なんであなたが?

昔、アイドルになりたいって言う
女の子が居てさ・・・

ふ。

その子がもし病気になったら
夢を叶えられない。
気づいたら島の外で戦っていた。



教室の机の数から推測するに
同級生は30人ぐらいは居た様子。
でも3人しか残っていない。

狩谷先生が遠見先生に
あなた何人犠牲にしたの?
というシーンがありましたが
なぜ狩谷先生がこう言うのか?
ここで明らかにされます。

そして道生さん・・・
ここで告白ですか?



ここから
出してやろうか?

いや。
父さんに言われてるから。

そうか。

ジュースありがとな。

いや。閉めるぞ。

あぁ。おやすみ。



総士と一騎の間でどのような話がされたのか?
そもそも、会話がどの程度されたのか
全く不明ですが
一騎の晴れ晴れとした顔を見る限り
有益なものだったのでしょう。




そう。長くて3ヶ月。
そんなに長い間
生きていられるんだ。

乙姫ちゃん・・・

あたしがあたしを選ぶって事は
いつか終わりが来るって事だもの。
もしフェストゥムと同じ道を選んでいたら
何とかして生きたいって
思うことさえなかったから。

ぁ・・・

えへへ。
千鶴の身体あったかいね。



乙姫は岩戸を出た時点で
全てを覚悟していた。
それに対して何も出来ないに等しい千鶴。
3ヶ月。
自由な時間としてはあまりにも短すぎる。

でも乙姫はそれを長いという。
カプセルの中で一生を終える事を考えれば
外の3ヶ月はたとえ短くても
重要な時間なのでしょう。



私を実験台として産んだ島に
未練なんて無いわ。

関係ねぇよ。
運が良けりゃぁ死ぬし
悪けりゃ生き残るんだよ。

それ逆よ。

逆になってくるんだよ。
だんだんとな。

そう。
ならあの島は運が良いって事ね。

ん?

666(トリプルシックス)。

どうした?

島には私が残る事になった。



しょうがね。
俺も残ってやるよ。

駄目だ!

え?

お前は明日ここを離れろ。
大佐の命令だ。




この会話から今後の人類軍の作戦を
狩谷先生もカノンも知っている。
しかし道生には内緒にされている。
おそらく道生の性格を考慮しての事でしょう。



コアの単独再生なんて
前代未聞だよ。

西尾博士。
機体とデータの解析を。

わかった。



この台詞から西尾商店のお婆ちゃんが
単なるお婆ちゃんで無いことがわかるのですが
そうなってくると、純粋な一般人って
子供を除く全ての島民?
って感じですね。

でも島を出て行った甲洋の両親は
人類軍のスパイで・・・
それを考えると完全な一般人も少数居るようですが
不明です。




偽装鏡面か。
さらば愛しき故郷ってか。

じきに本当に消えて無くなるわ。
あのカノンって子と一緒にね。

予定通りに作動させた。
爆発まで艦を守れ。

了解。
これでやっと・・・
本当に居なくなれる。

乗組員ごと吹っ飛ばすだと?!
正気か?!

フェンリルと戦略ミサイル
大佐は本気で島を消す気よ。

おまえ・・・何で今頃?

もしあなたが出たら
大佐は間違いなくメガセリオンを攻撃する。
それを防ぐ仕掛けに時間がかかったの。

ウーウーウー

ぁ・・・

人類軍なんざ
やめだ、やめだ!

メガセリオン
本艦より離脱しました。

所詮は島の人間か。
父親の元へ送ってやれ。

ピピピ

武器管理システムにエラー発生。
撃てません!

なんだと?!

悪いわね。
情報システムは得意分野なの。




狩谷先生
私、嫌いなキャラでしたけど
この場面だけは、ありがとう
と言いたいです。

自分自身は島に未練は無いと言いつつも
道生の性格を考慮し
ぎりぎりの時点で道生に大佐の計画を教える。

大佐の動きも予想し足止め工作。




島が危ない。
残っている潜水艦がフェンリルを使う気だ!

なんですって?!

溝口
聞こえたか?
確認とれるか?

お前の読みどおりだぜ。

フェンリルの警報システムが
ズタズタにされてる。
こりゃ乗組員は誰も知らされていねぇな。
何とか止めてみる。



この様子だと本当に一部の人間しか
この計画を知らなかった事がわかりますね。
知っていたのは・・・

大佐と、側近、狩谷先生、カノン
おそらくこれくらいの人間しか計画を知らなかったのでしょう。




味方を隠れ蓑にした自爆戦術とは
趣味が悪いぜ。
ぁ!

フェンリルコントロール
機体識別コードJ-O17へ移行。

しまった!真壁!
フェンリルのコントロールを
敵のファフナーに持って行かれた!



この様子から溝口さんが特殊工作員
という事がわかりますが
敵艦隊の乗組員は全員寝ている様子。

これは誰が眠らせたのか?
溝口さん?
それとも人類軍?

でも、最前線の兵士を大切にしない軍隊は
滅びると思ってしまいます。



島を見ろよ。
人がたくさん住んでいるだろ?
俺の大事な人たち
みんなここに居るんだぜ。

私に何の関係がある?!

誰も居ないからそんな事
言えるんだ!
自分なんか
どこにも居ないって思ってるから・・・

ぇ・・・

命令された時
お前
安心しただろ?

・・・

ずっと誰かに命令されるのを待ってて
自分じゃぁ何も決められずに
ずっと・・・
居なくなりたいと思ってただけだろ?!



強い自己否定を持っていた一騎
だからこそ居なくなりたいと思っていたカノンと
心が近いのでしょう。



666(トリプルシックス)がなぜ?
誰の命令だ?

お前、本当にわかんないのか?

近づくな!

離れていちゃぁ
顔も見えないだろ!

ぇ!

お前、居るじゃないか。
そこに。

な・・・

3分やる!
スイッチを入れたきゃ入れろよ!

3分経って決められないなら
俺がお前を消してやる。

な・・・
何を言ってるんだ?
お前・・・

よせ!
フェンリルのエネルギーは
ファフナーでは防げない!

あいつ
本当に自分じゃ決められないんだ。

なに?

何のつもりだ?
今、私がスイッチを入れたら・・・

お前がそう決めたんなら
一緒に消えてやる。
それまでもう少し話そう。

話す?

何を話そうか?

わ・・・
私に聞くな!

カノン・・・
そうだ。その名前
カノンの意味は?

お・・・
音楽の一種だ。

どんな音楽なんだ?

メロディが・・・少しずつ
生まれ変わる・・・そういう音楽だと
母さんが・・・お前一体!
あたしに何をさせたいんだ!

自分で決めるんだ。
カノン。

決める・・・
私が?

あと10秒だ!
お前が決めろ!
カノン!

私・・・
私が・・・

お前はそこに居るだろ!?
カノン!

うぅ!!!
なぜ?

OFF-MODE-LIMITED

私が・・・切った・・・?
フェンリルのコントロールをなぜ?
お前!私を消すと言ったくせに!
なぜやらなかった?!

お前が決めなかったら・・・
って言ったろ?
自分で決めたんだろ?




カノンを説得する一騎。
その間にミサイルを必死で打ち落とす道生。

弓子が道生に気づいた時
隣には乙姫が。
そして道生にそっと手を貸す乙姫。
手を貸しながらも打ち落とす作業は道生に。
この手の貸し方が乙姫は上手いと思います。

自立迎撃システム、ノルンを使うという選択肢もあったはずなのに。

名前の由来を話しながら
おそらくカノンは母親の事を思い出していたのでしょう。
人類軍の道具だったカノンが
人間として生まれ変わった瞬間ですね。

でもまだ生まれたばかり。
これから悩みつつ成長するカノン。
名前のとおり、少しずつ変化しながら。
このあたりも見所ですね。





★蒼穹のファフナー★その他の商品

0 件のコメント: