楽天

2010年11月22日月曜日

蒼穹のファフナー22 感想



蒼穹のファフナー22 感想



そう言えば道生って
子供の頃よくおねしょしてたよね。
ふふふ。

馬鹿!なに言ってんだ!
まったく。
そんな小せぇころの事
覚えてねぇよ。まったく。



なぜここでこの会話が?
と思うのですが、次のシーン
咲良が倒れた事に最初に気づくのがカノン。

おそらく咲良を運んだのが
道生さんと弓子さんでしょう。



メディカルルームに集合って・・・
何でだろ?一騎
お前何か聞いてないか?

いや。
何も。



ここで顔を伏せているカノンと道生。
カノンは何があったのかは理解半分だったとしても
咲良が倒れたことは知っている。

道生は・・・
彼との同級生は狩谷先生と弓子
3人しか残っていない。
みんな同化現象で死んでいった。

とすれば
咲良の状態を見ればすぐに全てを理解したはず。



昔、日本のミールがあなたたちから
親になる力を奪ったのは
生まれるって事が理解できなかったから。

だから人を死から守ろうとして生を奪った。
でも、今ミールは命を学んでいる。

生と死の概念を学習していると?
そのために島の花を異常に咲かせたとでも
言うのか?

そう。
そしてもっとたくさんの事を理解したがっている。

それを教えるために
戦闘中に外に出ているのか?!

我々の情報を敵に教えたのか?
島を滅ぼす危険を犯し島民の犠牲も考えない。
この島のコアは悲しみさえ感じないのか?!

悲しくないなんて・・・
そんな訳ないじゃないですか!




史彦が乙姫に会いに行ったのは初めてという。
という事は
今まではすれ違うだけ?

でもカノンの処遇に関しては
乙姫の頼み・・・
という事はその時は乙姫から史彦に会いに行ったのだろうか?


そしてつい言い過ぎてしまった史彦。
芹ちゃんに言われて
しまったという顔をしている史彦。



今日たくさんの虫が死んで
たくさんの花が散ったよ。
史彦は・・・悲しいと思う?

我々の命は虫や花と一緒だと言うのか?

ううん。
虫や花は自分の事を悲しいとは思わない。
動物たちは何が悲しいのかを
本当にはわからない。

でも
人だけがなぜ悲しいと思うのか?
その答えを出す可能性を
人は持っているの。

悲しみの・・・答え?

もし戦いばかりの世界を悲しいと思うなら
悲しさを消す一番の方法は何だと思う?

フェストゥムに我々の悲しみを理解させる事だ。

そう。
真壁紅音が世界で最初に考えついた
とても簡単でとても難しい方法。

まさか・・・きみは戦闘中に
それを試みているというのか?

そうしないと
きっと彼らは違う気持ちを選んでしまう。
命があることで生まれたもう一つの気持ち。
憎しみを。

敵がそこまで我々を理解できていると
なぜ信じれる?

あたしが・・・
ここに居るから。

真壁紅音が敵である彼らに命を与えたように
あたしのお母さんはこの島のミールに命を与えた。
不可能じゃないよ。史彦。

この島のミールが命を理解しなかったら
あたしは生まれなかったんだから。



凶悪犯罪が増えつつある現代社会。
おそらく少子高齢化に伴い
子供の死亡率、伝染病の予防ができ
生と死に触れる機会が極端に減った私たち。

命や生と死に関して
直視する機会が極端に減った結果
私たちも命の大切さが
言葉だけで実感として無くなってしまった。
そのように感じます。


いけません。
今動かしたら命に・・・

咲良は十分戦いました!
もう楽にさせてください!

楽にって・・・
澄美さん!



咲良の母、澄美は
咲良を家に連れて帰ろうとするのだが・・・
意識不明のはずの咲良が剣司の手をにぎる。
そして思いとどまる澄美。



我々は正しい道を進んでいるのか?
子孫のために島を作り敵の力を利用し
結局は我々自身が生き延びるために
子供たちを・・・犠牲にしている。

正しい力
正しい道を求めること。
あなたはそれが出来る人だよ。

あたしに会いに来たのがその証拠。
道はあなたの中にあるよ。
史彦。



まるで禅問答のような史彦と乙姫との会話。



元々はミールの遺伝子汚染から守るためのものよ。
ファフナーに乗らなければ危険な因子ではないの。

私にはその因子が無い。

ぇ?!

だからジークフリード・システムのクロッシングも不完全だし
ノートゥングモデルにも乗れないままだ。

カノン・・・

あたしも・・・
皆と同じになりたい。



カノンはこの後、因子の移植を要求し
メディカルルームにこもってしまうのですが
既にこの会話から流れは見えています。



今は戦うしかなくても
いつか違う道を選べる事を
忘れないで。



乙姫のこの台詞
重すぎます。
でも、一番大切なことなのでしょう。




たくさん困った。
たくさん考えた。
答えは・・・
一つしか無かった。



私はここに居る事を・・・
この島に居る事を・・・
選びたい!

プシュ



カノンは新国連で兵士としての訓練をされている。
弓子は・・・
一般人と同じでしょう。
咲良のように体術に強いと言う描写もありませんので。
それを思うと
あっという間にピストル型の注射器を奪ったカノン。
弓子さん・・・
無防備すぎです。



俺、行きます。

私も行くわ。
咲良。



この時の剣司くんの顔
いいですね。
戦いを決意した男の顔って感じで。
一皮むけたって感じなのですが
まだ成長途中。
う~ん、なかなか上手くいきません。



私・・・
シュミュレーションでしか戦った事無いのよ。

俺だってそうだよ。

心配するな。

ん?

小楯先輩。

僕らが敵をみんな倒すから。

ぁ、そうだ。
これ、あげる。



衛も咲良の事がきっかけか
一皮むけた様子。

自己暗示のヘルメットを後輩に託して出撃。
いい感じに成長したな・・・
と思ったら・・・

う~ん・・・非常に残念です。



Mk.VII(マークジーベン)
攻撃開始!

了解。


ぁ!

コクピットブロック
射出!



新型種の敵
総士が真矢のコクピットブロックを
強制脱出してくれたので真矢は助かったが・・・



よし!
そのまま押しつぶせ!

ぇぃ!

とやぁ!

ぅ!

一騎!

う!

ぁ・・・

同化・・・現象・・・



戦闘中に突然おきた一騎の同化現象。
一騎が一番戦闘時間が長いから
当然と言えば当然ですが
このタイミングは不幸中の幸い?



総士。
一騎に・・・
手を貸してって・・・

一騎!
手だけでも動かせるか?!

ぅぅ・・・

よし!
もう誰も悲しませない!
僕が・・・
僕が守るんだぁ!!!
うわぁぁぁ!!!

ぁ!

間にあえ!



衛のひらめきで敵を倒すことは出来たが・・・
でも衛は・・・

初めてこれを見たときは何が起きたのか
全くわからなかったです。
敵は倒せたらしいが・・・

エンディングを聞きながら
また一人居なくなったらしい・・・
2回目見直して、衛が・・・
コクピットブロックが小さくなって・・・

なんかいいヤツほど先に逝く
の言葉どおりのような気がして
やるせないですね。






★蒼穹のファフナー★その他の商品

0 件のコメント: