楽天

2010年12月20日月曜日

コードギアス反逆のルルーシュR2 1 2/2



コードギアス反逆のルルーシュR2 1 2/2



コードギアス反逆のルルーシュR2 1



ようこそ。
エリア11へ。



大そうな出迎えですな。
ゼロは死んだと聞いていますが?



ゼロ?
いえいえ。
中華連邦の方々に
我々ブリタニアを理解していただくには
話が早いかと思いまして。



ほぉ。
存外直截的な手を。



ん?



お腰の物をこちらに。



治安は万全です。
そのようなアンティークは・・・



シャキン



な・・・



カチャ

カチャ



な・・・



星刻
無礼であろう?



失礼しました。
我ら中華連邦をご理解いただくには
話が早いかと思いまして。



この・・・



ドーン






ぁ?



わ!
あれ?



兄さん、こっち。



おう!



あ!
待って!



ドーン






何?
目標を見失った?



はい。
私たちも突入します。



わかった。





プシュー






バベル・タワーを襲撃したテロリストは
ナイトメアを数騎保持している模様。



作戦開始に伴い
周辺クリーニングは完了。



よし。
セブンス・シークエンスに入る。



隊長
カラレス総督は?



司法の管理など無視しろ。
我々は皇帝陛下の命を受けているのだ。



イエス
マイ・ロード。






イレブンが・・・



人員オーバーだ!



まったくいつだって・・・
黒の騎士団の残党がどうして
こんな所に?



ドカン



うわ!



ぇ?



パリン

パリン



ブリタニア軍だ。



うわぁ!



ぁ!



きゃぁ!






ブリタニアが!



ごめん。
私がちゃんと捕まえなかったから。



気にするな。
今卜部さんたちが探している。



わかった。






ロロ!
こっちだ!



はぁはぁ・・・



どういう事だ?
さっきのナイトメア・・・
まさか俺を?



兄さん、これから?



安心しろ。
絶対に逃げられる。
逃がしてやるから。



ぁ・・・
そうだね。
僕たちは・・・



ロロ!



うわ!



・・・



兄さん!






ルルったら
ロロまで悪事に引き込んで!



素直に言えば?
ルルちゃんが心配だって。



違います!



またまたぁ。



ぅ・・・
もう。






ロ・・・ロロ・・・

ロロ!



圏外



通じないか。
どうする?
このままじゃ俺たちは・・・

いや、助けてみせる。
たった一人の弟を救う力ぐらいあるはずだ。
俺にだってそれぐらいの力は。
俺にだって・・・!

ぁ!

テロリストの仕業・・・
しかし
イレブンまで・・・

ぅっぷ・・・

ぁ!

まだ・・・
ゼロなんかにすがって・・・



ぁ・・・
ぁ!
黒の騎士団・・・
殺す気か?
どうする?
逃げたとしても・・・



ルルーシュ



ぁ!



迎えに来た。
ルルーシュ。
私は味方だ。
お前の敵はブリタニア。



ぇ?!



契約しただろ?
私たちは共犯者。



契約?
共犯者?



私だけが知っている。
本当のお前を。



本当の・・・
俺・・・



ズキュン



ぁ!

あぁ・・・



ルルーシュ・・・



お、おい!



ブリタニア軍?



何?
何が?



ぎゃぁ!



やめろ!
まだ生きている!



ズキュン



ぁ!



お役目ご苦労。
ルルーシュ・ランペルージ君。



役目?
何の話だ?



私たちはずっと観察していた。
6:59 起床。
7:12より弟とニュースを見ながら朝食。
視聴内容に思想的偏りはなし。

8:45 登校。
ホームルームと1時間目の授業は出席せず
屋上で読書。
2時間目、物理の授業は・・・



今日の・・・
俺だ・・・



シーク日記と言うところかな?
エサの。



エサ?



罠と言ってもいい。
その魔女の。
C.C.を誘い出すための。




待ってくれ!
何を言ってるんだ?!



私は男爵だからね。
これ以上エサと話す気は無い。
さ、処分の時間だ。
これで目撃者は居なくなる。



おい!
死ぬの?
何もわからずに・・・
こんな・・・簡単に?

ぁ・・・
ぁ・・・

ふざけるな!

力・・・
力さえあれば・・・
ここから抜け出す力!

世界に負けない力が!



ぁ・・・!



これは・・・

これは・・・



力が欲しいか?



その声・・・
さっきの?



力ならお前はもう持っている。
忘却の檻に閉じ込められているだけだ。
思い出せ。
本当のお前を。
王の力を!

今こそ封印を
解き放て!



そうか。
俺の日常に
刺のように突き刺さっていた苛立ち。
全ては偽りの記憶。

思い出した!
俺は・・・!
俺は・・・!

俺が
ゼロだ!






ルルーシュ
許しは請わないよ。
友達だろ?
俺たちは。



あぁ・・・
それがお前の答えか?
スザク!






私を処分する前に
質問に答えてもらいたい。



あの女
生きてる!



馬鹿な!
心臓を打ち抜いたのに!



無力が悪だと言うのなら
力は正義なのか?
復讐は悪だろうか?
友情は正義たりうるだろうか?



悪も正義も無い。
エサにはただ死と言う事実が残るのみだ。



そうか。
ならば君たちにも事実を残そう。

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。
貴様たちは
死ね!



ぇ?
な・・・?



イエス!
ユア・ハイネス!



カチャ



あの日から
俺の心には納得が無かった。

かみ合わない偽物の日常。
ずれた時間。
別の記憶を植えつけられた
家畜の人生。

しかし
真実は俺を求め続けている。
そう。
間違っていたのは俺じゃない!
世界のほうだ!



世界は変わる。
変えられる。



お待ちしておりました。
ゼロ様。
どうか我らにご命令を。



いいだろう。
なぜなら私はゼロ。
世界を壊し
世界を創造する男だ!






イエス。
ユア・マジェスティ。
誰にも譲るつもりはありません。
ゼロを殺すのは
自分です。






Next Turn



許せはしない。
許してはいけない。

俺の記憶は
俺であるための真実だ。
償いの時は来た。
ゼロが戻ってきたという事実の意味を
ブリタニアに思い出させてやる。

もう
嘘の支配は要らないから。

0 件のコメント: