楽天

2011年2月13日日曜日

コードギアス反逆のルルーシュR2 13 2/2



コードギアス反逆のルルーシュR2 13 2/2






ジェレミア・ゴットバルトだね。



そうだが。



パン

パン



きゃぁ!



なに?
防弾対策を?!



なるほど。
ルルーシュのギアスにかかっているか。



ぇ?

あれ?



ぅ!

ぉ!



ぁ!

きゃぁ!






ギアスが効かないだけではない。
解除する力もあるのか。






プシュー



うわぁ!
火事だ!
ゼロだ!



ぁ!
ん?



さぁ、上がって来い。
オレンジ。






なんだい?
大事な話って?



私は・・・
私はルルが好き。



ぁ・・・



スザク君は嫌い?



僕は・・・
好き・・・だった・・・



今は?



・・・



変だと思ったんだ。
前はあんなに仲が良かったのに
喧嘩でもしたの?



許せないんだ。



許せないことなんて無いよ。
それはきっと
スザク君が許さないだけ。
許したくないの。



ぁ!



私はもう
とっくに許したわ。



シャーリー・・・
きみは・・・



ドン



キャァ!



ぁ!



消防に連絡は?



軍のほうが先じゃないのか?



このケースは・・・



ナイトオブセブンの枢木スザクだ。



ぁ!
これは・・・



テロの可能性がある。
これより周辺の警察および消防は
自分が監督する。



イエス
マイ・ロード。



それときみには
彼女を保護して欲しい。






シャー



なんだ?
会議中だぞ。



知るかよ。
俺が呼ばれてない会議なんかよ。

ゼロから緊急通信だ。
なんか様子がおかしい。



ぇ?






ピピ



ゼロ
扇だ。



SOUND ONLY







何かあったのか?
緊急って。
台湾の人たちなら今・・・



扇・・・



その声は!






待ってて。
兄さん。






一般人の避難誘導
完了しました。
施設内に立てこもった・・・



ルル・・・



車の中にどうぞ。
ナイトオブセブン様のご命令ですから。

ぁ・・・
待ちなさい!
きみ!



待ってて。
ルル!
独りっきりになんかさせないから。






逃がしはしない。






何処なの?
ルル。

ぁ!



ぁ・・・

やっぱり・・・
戦っているんだ。
ルルは
独りで。






はぁ、はぁ、はぁ・・・

機械の身体。
ギアスキャンセラー。
執念は一流だな。
オレンジ君。



執念ではない。
これは忠義。



気に入らないな。
あの皇帝のどこに
忠節を尽くす価値がある!



ビヨォン



な・・・に・・・?!



その台詞・・・
やはりサクラダイトを使っていたか。



ゲフィオン・ディスターバー・・・



ほぉ
よく勉強しているじゃないか。
ならばわかるだろ。
サクラダイトに干渉するこのシステムが完成すれば
環状線内の都市機能を全て麻痺させられる。

つまり
トウキョウが静止する。
ありがとう。
きみはいいテストケースとなった。






はぁ、はぁ、はぁ・・・

ぁ!



ロロ?!



シャーリーさん・・・



答えて。
ロロ。



ぁ・・・



あなたは
ルルが好き?






さぁ、話してもらおうか。
嚮団の位置を。
V.V.の居場所を。



話すのは
そちらのほうだ。



なに?!



私には・・・
理由がある。
忠義をつなぐ覚悟が・・・
確かめなければ
ならぬ。
真実が・・・



馬鹿な!
動けるはずが無い!



ルルーシュよ。
お前はなぜゼロを演じ
祖国ブリタニアを
実の父親を敵に回す?



俺が
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだからだ。



は!



俺の父ブリタニア皇帝は
母さんを見殺しにした。
そのためにナナリーは目と脚を奪われ
俺たちの未来まで・・・



知っています。
私もあそこにおりましたから。




母さんと?



初任務でした。
敬愛するマリアンヌ后妃の護衛・・・
しかし
私は守れなかった。
忠義を果たせなかったのだ。



それで純血派を?



ルルーシュ様
あなたがゼロとなったのは
やはりマリアンヌ様のためであったのですね。



お前は俺を殺しに来たのではなく・・・



私の主君はV.V.ではなく
マリアンヌ様・・・
これで思い残す事はもう・・・



ジェレミア卿!



ぁ!

殿下・・・



ジェレミア・ゴットバルト
貴公の忠節はまだ終わっていないはず。
そうだな?



イエス
ユア・マジェスティ。






私は
ルルが好き。
あなたはどう?



好きだよ。
たった一人の兄さんだもの。



あなたは味方なのね。
ルルの。







お願い。
私も仲間に入れて!
私もルルを守りたいの!



ぁ・・・



取り戻してあげたいの!
ルルの幸せを!
妹のナナちゃんだって一緒に・・・



は!



パリン






あぁ。
ジェレミアを先行させた。
障害があれば彼が排除する。
戦うなよ。
もう味方だからな。





ぁ・・・

ぁ!

シャーリー!

誰が・・・こんな・・・



ルル?
良かった。
最後に話せて。



最後じゃない!
今、医者を呼ぶ!
だから・・・



Lescue



ぁ!



あたしね
記憶が戻って凄く恐かった。

偽者の先生。
記憶が無い・・・友達・・・
みんなが・・・嘘・・・ついてる。
世界中が・・・
あたしを見張ってるような気がして・・・

ルルは
こんな世界で
独りで戦ってたんだね。
たった独りで・・・

だから私は
私だけはルルの本当になってあげたいって・・・



シャーリー・・・




ルルが好き。
お父さんを巻き込んだってわかってても
嫌いには
なれなかった。

ルルが全部忘れさせてくれたのに
それでもまた
ルルを好きになった。

記憶をいじられても
また好きになった・・・



駄目だ!
死ぬな!
シャーリー!



何度生まれ変わっても
きっとまた
ルルを好きになる。

これって
運命なんだよね。



死ぬな!
シャーリー!

死ぬな!
死ぬな!



だから・・・
いいよね。
ルル。

生まれ変わっても
また・・・
ルルを好きになっても
何度も・・・
何度も・・・
好きに・・・
なる・・・から・・・



ぁ!

シャーリー・・・

シャーリー!

あぁぁ・・・
ぅぅぅ・・・
うわぁぁぁ!!






Next Turn



かつてC.C.は俺に言った。
ギアスは王の力だと。
お前を孤独にすると。

ならばこれは・・・
シャーリー
おれはどうやって償えばいい?

教えてくれ・・・
教えて・・・

0 件のコメント: