楽天

2011年4月12日火曜日

コードギアス反逆のルルーシュR2 25(最終回)感想



コードギアス反逆のルルーシュR2 25(最終回)感想



リヴァルは・・・
逃げなくて良かったの?

どこへ逃げればいいんですか?

そりゃそうだ。

俺はね
みんなと毎日楽しくやっていければ
それだけで良かったんですけど。



そう、誰もが当たり前に暮らしている日常。
本当はそれがどんなに貴重な物なのか
失くしてわかる大切さなのでしょう。



あのまま隠れ続ける生活を送れば良かったのか?
暗殺に怯え続ける未来が望みだったのか?
お前の未来のためにも・・・

いつ私がそんな事を頼みましたか?!
私はお兄様と二人で暮らせれば
それだけで良かったのに。



ルルーシュは暗殺の危険を知っていたが
ナナリーは幼さゆえに知らなかったのでしょう。
でも
ナナリーの兄と二人で暮らせればそれで満足。
これもわかります。
だが
目が見えず脚が不自由。
元皇族、アッシュフォードの庇護があるから
生活できたわけで
それが無ければ・・・
ナナリーの世間知らずとも言えます。

もしルルーシュがギアスを持たず
アッシュフォードの庇護も卒業と同時に打ち切られたら・・・
まぁルルーシュの成績であれば
普通に会社に勤めるのも自分で事業を起こすのも
不可能ではないと思いますが。
もしくは賭けチェスで裏社会で生きるとか・・・
収入の苦労は無く生活できそうですけど。



しかし
現実は様々なものによって支配されている。
抗うことは必要だ。



人はなぜ抗うのか。
現実よりもう少し良い世界を求めるからなのでしょう。

こうやって最終話までルルーシュを見てきて
最初はシャルルとヴィツーとの兄弟喧嘩。

そしてヴィツーの死後は
シャルルとルルーシュの親子喧嘩。

シャルルが消えてからは
ルルーシュとシュナイゼルとの兄弟喧嘩。
つまり全てはブリタニア皇族のお家騒動。
それが世界戦争までに発展する。
民衆から見ればいい迷惑と思ってしまいます。



それは卑劣なのです。
人の心を捻じ曲げ
尊厳を踏みにじるギアスは。

ではダモクレスはどうだ?
強制的に人を従わせる
卑劣なシステムではないのか?

ダモクレスは憎しみの象徴になります。

憎しみはここに集めるんです。
みんなが明日を迎えるためにも。



やっぱり兄弟。
しかも一番共に過ごした時間の長い・・・
使うものは違っても
考える根源は同じ。
ルルーシュは自分が憎しみの象徴となり
自分が全ての悪を背負い消える事で
憎しみの連鎖を断ち切ろうと
ゼロレクイエムを計画している。



記念?
関係ない。
どうせ私には記憶が・・・

記憶?
まさか・・・



アーニャの記憶
シュナイゼルはアーニャを使うために
アーニャの記憶を戻すと約束したが
シュナイゼルはその方法を知らない。
この時点ではジェレミア卿だけが
ギアスによる記憶改ざんを消せる。
そしてこの場でジェレミア卿は
アーニャにかけられたギアスを解除するのだが
二人の戦闘場面はここで打ち切り。
その後二人の間にどのような会話があったのか?
非常に気になります。



ナナリー
お前はもう立派に自分の考えで生きている。
だからこそ俺も
俺の道を進む事が出来る。

ありがとう。
愛してる。
ナナリー。



ナナリーの成長を喜ぶ兄ルルーシュのだが
ルルーシュのギアスにかかっている間の記憶は
本人には残らない。
だから・・・
この台詞はナナリーには届いていない。
その事が悲しいですね。



先の大戦で帝都ペンドラゴンや
多くの将兵
そしてナイトオブゼロ
枢木スザク卿という尊い犠牲を払いつつも
EUが超合衆国憲章を批准した今
我らがルルーシュ様が
遂に世界統一という偉業を成し遂げられたのです。




公式にはスザクは死んだ事になっているし
スザクの猫、アーサーは
アヴァロンの艦橋にルルーシュと共に居て
ルルーシュ出撃後は艦橋に残されているはず。
猫なので何処にでも移動できるのだが・・・
それにアヴァロンは太平洋に着水。

おそらくセシルさんあたりが連れ出した
と考えるのが妥当なのだが
この報道の時にはアーサーはスザクの墓の前に・・・
猫好きの私としては
アーサーはどうなったのか?

一応、スザクの名前は抹消されたが
ゼロとして生きているわけだから
共に居ると考えるのが妥当だと思うのですが。



馬鹿だねぇ。
あんたたちは。
あそこでルルーシュに逆らってさえいなきゃさぁ。

明日を迎えるためです。

え?

成功と失敗を繰り返してでも
前に進む。
科学と同じじゃないでしょうか?
人も。

それが進化。



投獄されたセシルさん、ロイドさん、ニーナ
ラクシャータ。
ラクシャータは別として
セシルさんたちはこれもルルーシュの計画の一部
全てを承知の上で投獄を受け入れたのでしょう。



扇!

今出て行けば思う壺だ。



建物の陰からそっと見ている
コーネリアとヴィレッタ
そして中華連邦の幹部たち。




ゼ・・・ゼロって・・・

嘘!
ルルーシュはあそこに!

まさか・・・
ルルーシュたちがやろうとした事って・・・

撃つな!
私が相手をする!
行け。
仮面の騎士よ。



R2になってから数少ない
ゼロ=ルルーシュと初めから知っていたカレン。
ルルーシュの前にゼロが現れ・・・

おそらくこの時カレンは
ルルーシュがやろうとした事
ここでのゼロの正体
全てを理解したのでしょう。

そして同じく全ての計画を知っているジェレミア卿
邪魔が入らぬようにゼロを行かせ・・・




スザク
約束どおり
お前が俺を殺せ。

やるのか?
どうしても。

予定通り
世界の憎しみは今
この俺に集まっている。

後は俺が消える事で
この憎しみの連鎖を断ち切るだけだ。

黒の騎士団には
ゼロという伝説が残っている。
シュナイゼルもゼロに仕える。

これで世界は軍事力ではなく
話し合いという
一つのテーブルに着くことが出来る。
明日を迎える事が出来る。




ここで視聴者に明かされるゼロレクイエムの全貌と
ルルーシュの計画。



ルルーシュ・・・
お前は人々をギアスにかけた代償として・・・



ゼロレクイエムが行われている最中
どこかの聖堂で祈っているシーツー。
彼女は何を祈っているのだろうか?
ゼロレクイエムの成功?
それとも・・・

一つの仮定として
ギアス能力が一定以上を超えた者は
不老不死は無理でも重症程度の怪我であれば
一時的な仮死状態にはなっても復活する。

もしそうであるなら
シーツーの居る礼拝堂に
ルルーシュの身体が運び込まれる算段となっているのであれば
シーツーが祈っているのも理解が出来る。

スザクもスザクとしては死ぬが
ゼロとして生き続ける。
ナナリーの傍に使える身として。

ルルーシュは
ルルーシュとしては死ぬが
隠れ住むことは可能でしょう。
そして正体がばれなければ暗殺の危険も無く。

シーツーと共にどこかへ消えるか
それともジェレミア卿の傍へ身を寄せるか・・・

そうでなければ
なぜ聖堂でシーツーが祈り続けていたのか
この理由がわかりません。
と言うより
私の本音は
やっぱりどこかでルルーシュに生きて欲しいと願うのです。

人間生き抜いてなんぼですから。




お兄様?
ぁ!
そんな・・・
お兄様が・・・
今まで・・・
ぁ!
お兄様!
愛しています!



ゼロに刺されたルルーシュが
ナナリーのところに滑り落ちてくる。
ナナリーの持っているギアスは
ある種の精神感応。

手を触れる事により相手の思考を読む。
そして走馬灯のように流れ込んでくる
ルルーシュの思考。
このあたりは小説版に詳しく書かれています。

ナナリーはルルーシュの計画の全てを知る。
でも・・・
兄、ルルーシュは死を迎える。(表面上は)
ナナリーの絶望と悲しみ。

もう何回みても
ティッシュが手放せません。



魔王
ルルーシュは死んだぞ!
人質を解放しろ!



コーネリアの叫び声
飛び出す多くの人たちの。
コーネリアの両脇からは
ヴィレッタとギルフォード卿
そして中華連邦の幹部クラスの人たちの姿が確認できます。



まさか・・・
あれは・・・

ゼロです。
あれは・・・
ゼロです!



動きなどからおそらく藤堂は
ゼロの仮面の中にはスザクが・・・
と気づいたのでは?

しかし
瞬時にルルーシュの計画を理解したカレンは
あれはゼロだと言い切る。



ずるいです。
私はお兄様だけで良かったのに・・・
お兄様が居ない明日なんて・・・
私は・・・



ナナリーの悲しみが痛いです。
でも・・・
ナナリー奪還の計画をことごとく失敗してきたルルーシュ。
ルルーシュは同じ悲しみを何度味わったか・・・




そしてカレンのナレーションで
ルルーシュに語りかける
というシチュエーションで
その後の世界の映像。

カレンの部屋には
アッシュフォード時代のルルーシュやスザクの写真。
好きという定義にもよるが
カレンは二人が好きだったのでしょう。

そしてカレンは無事アッシュフォードの学生に戻れた様子。
カレンの住まいはアパートの一室?
母親とも一緒に生活できているようで
行ってらっしゃいとベットの上から手を振るカレンの母。



テレビではミレイさんのアナウンスで中継
専用機から降りてくるのは
ナナリーそして車椅子を押しているのはゼロ。
後ろに控えるのは4人の男性だが
そのうちの一人はシュナイゼル。

ナナリーを出迎えるのは扇要。
そして扇さんと握手をするナナリー。



そのテレビ中継を見ているヴィレッタ。
産み月の近い大きなお腹を抱えて。
場所は玉城の店。
玉城はパブを開いた様子。

玉城の店には開店祝いの色紙。
その隣には扇さんとヴィレッタの和装結婚式の写真。
その隣にはお色直しか?
洋装のみんなで映している写真。



アーニャとジェレミア卿はオレンジの収穫。



月をバックにダモクレスの影。
しかしそれはチリとなり消えてゆく。


ヨーロッパ(?)の田舎道を走る荷馬車。
荷馬車には大量の藁束か?
御者は目深に帽子をかぶり顔はわからない。
荷馬車の上で寝転ぶシーツー
荷物はトランク一つと
ピザの景品で貰った縫いぐるみを枕にして。



ギアスと言う王の力は
人を孤独にする。
ふ。
少しだけ違っていたか。
な、ルルーシュ?



このルルーシュとシーツーは声をかけるが
これが独り言もしくはCの世界のルルーシュに言っているのか?
それとも・・・
私は御者がルルーシュでは?
とも考えてしまう。


そしてエンディングでは藁束の上に乗ったピンクの折鶴。
これはナナリーが餞別として贈ったものでは?
祈りをこめて。



コードギアス反逆のルルーシュR2 ブルーレイ9巻




コードギアス反逆のルルーシュR2 その他の商品

0 件のコメント: