楽天

2011年4月11日月曜日

コードギアス反逆のルルーシュR2 25(最終回) 2/2



コードギアス反逆のルルーシュR2 25(最終回) 2/2






2ヵ月後・・・
皇帝直轄領・日本



神聖ブリタニア帝国第99代
唯一皇帝陛下にして
黒の騎士団、CEO
超合衆国第2代最高評議会議長であらせられる
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア様のお姿が見えました。

そしてご覧ください。
愚かにもルルーシュ様に反逆した者達が
処刑場へと運ばれていきます。

先の大戦で帝都ペンドラゴンや
多くの将兵
そしてナイトオブゼロ
枢木スザク卿という尊い犠牲を払いつつも
EUが超合衆国憲章を批准した今
我らがルルーシュ様が
遂に世界統一という偉業を成し遂げられたのです。

ルルーシュ様に栄光あれ!
オール・ハイル・ブリタニア。
オール・ハイル・ルルーシュ!



何が栄光だ。

ただの独裁だろ。

逆らうものは全て殺して・・・

しっ、誰かに聞かれたら・・・

一族皆殺しにされるわ!



こんな物を政府として
報道しなきゃならんとは・・・



ルルーシュ
これがお前がやりたかった事なのかよ・・・?
世界を・・・
みんなを支配して・・・






馬鹿だねぇ。
あんたたちは。
あそこでルルーシュに逆らってさえいなきゃさぁ。



明日を迎えるためです。



え?



成功と失敗を繰り返してでも
前に進む。
科学と同じじゃないでしょうか?
人も。



それが進化。



進歩でしょ。
プリン伯爵。



その呼び方・・・



ん?



まだ恨んでんの?



さぁ。
どっちでしょう。



ロイド先生とラクシャータさんって・・・



ん?




何かあったんですか?



些細な事よ。
後から考えてみたら何てことは無い。
出発点ってだけ。






ぅ!
扇!

ぁ!



今出て行けば思う壺だ。



しかし・・・



おぉ!



何だ?



ゼロ?!



ゼロ?



ゼ・・・ゼロって・・・



嘘!
ルルーシュはあそこに!



まさか・・・
ルルーシュたちがやろうとした事って・・・



キャァ!



撃つな!
私が相手をする!

ぉ・・・

行け。
仮面の騎士よ。



ぁ!



しれものが!



カシャ



シャキーン



ふ。






スザク
約束どおり
お前が俺を殺せ。



やるのか?
どうしても。



予定通り
世界の憎しみは今
この俺に集まっている。

後は俺が消える事で
この憎しみの連鎖を断ち切るだけだ。

黒の騎士団には
ゼロという伝説が残っている。
シュナイゼルもゼロに仕える。

これで世界は軍事力ではなく
話し合いという
一つのテーブルに着くことが出来る。
明日を迎える事が出来る。



それが・・・



あぁ。



ゼロ・レクイエム・・・



Cの世界で僕らは知った。
人々が明日を望んでいる事を。



ふ。
なぁスザク。
願いとは
ギアスに似ていないか?



ぇ?



自分の力だけではかなわない事を
誰かに求める。



願い・・・か?



そう。



俺は人々を
願いと言う名のギアスにかかる。
世界の明日の為に。






ルルーシュ・・・
お前は人々をギアスにかけた代償として・・・






撃っていいのは
撃たれる覚悟のあるやつだけだ。






スザク
お前は英雄になるんだ。

世界の敵
皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアから
世界を救った救世主。ゼロ。



ぁ・・・ぅ・・・











ル・・・ルルーシュ・・・



これは・・・
お前にとっても罰だ。
お前は正義の味方として
仮面をかぶり続ける。

枢木スザクとして生きることは
もう無い。
人並みの幸せも
全て世界に捧げてもらう。
永遠に・・・



そのギアス・・・
確かに受け取った・・・



シャキーン



ドサ





お兄様?

ぁ!

そんな・・・

お兄様が・・・
今まで・・・
ぁ!
お兄様!
愛しています!



あぁ・・・
俺は・・・
世界を・・・
壊し・・・
世界を・・・
創る・・・



ぁ!
お兄様!
嫌!
目を開けてください!
お兄様!
お兄様!



魔王
ルルーシュは死んだぞ!
人質を解放しろ!



おぅ!



いかん。
引け!
このまま引くのだ!



まさか・・・
あれは・・・



ゼロです。



ぇ?



あれは・・・
ゼロです!



ずるいです。
私はお兄様だけで良かったのに・・・
お兄様が居ない明日なんて・・・
私は・・・
あぁぁぁぁ・・・



ゼロ!
ゼロ!
ゼロ!
ゼロ!






ねぇ、ルルーシュ
あれから世界は随分とましになったわ。
戦争に向いていたエネルギーは

飢餓や貧困に振り向けられている。

いろんな憎しみや悪事は
ほとんどあなた一人に押し付けられて。

みんなダモクレスと言うシステムより
名前のある一人のほうがわかりやすかった
って事かしら?
調子のいい話よね。

でも
だからこそ
みんなは過去に囚われず
先に進めるのかもしれない。

計算どおりだって
あなたは笑うのかしら?
もちろん
いろんな問題は残っているけど。

それでも・・・






ギアスと言う王の力は
人を孤独にする。
ふ。
少しだけ違っていたか。

な、ルルーシュ?

0 件のコメント: