楽天

2011年5月5日木曜日

狼と香辛料 5 2/3



狼と香辛料 5 2/3






彼らは我々以上に
様々な国や街を訪れ
いざと言う時の備えも
驚くほど整っている。

教会が本腰を入れて
捜索に乗り出したら
下手に逃げずに
閉じこもるしかありません。

本当ならメディオ商会の背後にいる存在を
把握してから商談に望みたかった。
それがわかれば資金繰りの経路も見えて
そこを横取りも出来ますからね。



その点は残念です。
ご無事と成功を祈ってますよ。



必ず期待にお答えします。



おっと
そうだ。



ん?



合言葉は『ピレオン』『ヌマイ』です。



ぁ・・・
2大金貨ですか?



縁起がいいでしょ?






地下に降りたら
右側の壁に手をつけたまま前進
ですね?



はい。
そして突き当りが目的地です。



キィ
バタン



その頭上の倉庫にホロがいて
市場開放の鐘の音を合図に
人質奪回の突入が開始される。



成功すれば上からの蓋が開いて
お連れの方が降りてきます。
そこで『ラッヘ』と言われたら
共の者が来るのを待ってください。

『ペローソ』と言われたら
じかにお二人で予定の通路を逃げてください。



『ラッヘ』と『ペローソ』。
『好景気』と『不景気』ですか。



わかりやすいでしょ?



確かに。



ドンドンドン



ぁ・・・



そろそろのようです。



ヒヒーン



馬鹿野郎!
気をつけろ!



すみません!



ぅん。



さ、今のうちに。



ぅん。



ぇぃ。



パシャ



ギィ
バタン



こんな準備までしてるとはなぁ。

教会は墓を掘るとか言いながら
諜報活動や脱税のための地下道を
掘ってるってのはよく聞くが・・・

ここか?






バタン



出ろ。
場所を移動する。



カーン
カーン
カーン
カーン






はぁ。
刃物やら鈍器やらを
使うような羽目にはならないでくれよ。

ぁ!
ぁ!くそ!
何を震えてるんだ?
俺は・・・

遅すぎる。
まさか・・・
ぅん・・・



ラッヘ!



ぁ!



ラッヘ!



ぁ・・・
ヌマイ!



ピレオン!



ぁ!
ホロ!



これを持ち去って押し込み強盗と
思わせる訳じゃな?



ぁ?

さぁ、早く!



ぬしが退かんと
わっちが降りられん。



はぁ?



ほれ、早く!



ぁ!
ぁ・・・



ドサ
ドサ



おぉ・・・



何ぼざっとしとる?



ぁ?



これぬしの分。
ちゃっちゃと持って奥へ。



ぁ・・・
あぁ・・・



ドサ






コンコン



はい。



キィ



コツコツコツ



バタン






コンコンコン

ギィ



ピレオン。



ヌマイ。



あぁ・・・



うまくいっているようで。



ぁ・・・



フサフサ



ぁ?
商売には驚きがつきものです。



ギィ



まだもう一人居るが?



彼は梯子を片付けて
別の場所から地上に出ます。



バタン



メディオのやつらの情報を仲間に伝えてから
街を離れるんです。



周到ですね。



それではご武運を。



パサ



感謝する。



ぅん。



パシ



はぁ。
無事で何よりだ。



無事で何より・・・じゃと?



あぁ・・・
ぅ!



わっちの名を言ってみろ!



ホロ・・・だろ?



賢狼ホロじゃ!



ぁ・・・あぁ・・・



これまで生きてきた中で
わっちに恥をかかせた者の名を
わっちは全て言う事が出来る。
そこへ新しい名を付け加えんといかん。
ぬしの名じゃ!



お前・・・



わっちはぬしに言ったよな?
ぬしが迎えに来てくりゃれと!



ぁ・・・あぁ・・・



わっちはな・・・
わっちはてっきり
ぬしが来たものだとばかり思って・・・
思い出すだけでもいまいましい・・・



お前・・・
まさか・・・



ぬしも雄なら牙を研いで
戦いに赴くのが当たり前じゃろ?
あんな穴ぼこの中に居よって!
そのせいでわっちは要らぬ恥を・・・



でも無事だったんだろ?



・・・(ぅん)



無事で良かった。



ぬしがその麦を持っとる限り
わっちは死にはせんがな。

うふ。
わっちは可愛いからの
人の雄もいちころじゃ。
とは言え
わっちの相手が務まるような雄は
人にはおらなんだ。

わっちに触れればナニがもげるぞ
と言ったら皆真っ青になっておびえての。



お前な・・・



ふふふ。
じゃがそんな所へ現れたのが
あいつじゃ。



ん?



わっちを捕まえた者の中に
誰が居たと思う?



誰が居たんだ?



クロエじゃ。



ぁ!



あのパスロエ村のな。

0 件のコメント: