楽天

2011年5月26日木曜日

狼と香辛料 9 2/3



狼と香辛料 9 2/3






この杖を咥えて
丘のちょっとした崖下でうずくまっていたんです。



なるほど。

しかし羊飼いの方に護衛をしてもらえるとは
驚きましたよ。



ぇ?



普通しないでしょ?
こんな事。



ぁ・・・
その・・・
誰かと
話がしたくて。



ぁ・・・
わかりますよ。



それに私
服の仕立て職人になりたいんですよ。
そのためにはお金が必要だから。
組合加盟費とかありますし。



ん!
ぁ・・・

確かに羊を預かって稼ぐよりも
商人たちの護衛をしたほうが
儲かるかもしれませんね。
縄張り争いも厳しいでしょう。



ですね。
安全な場所には
どこも他の羊飼いの方が居ますから。



狼だらけと評判の場所しか無いと?



はい。



狼は厄介ですからね。



ムギュ



痛!
い・・・!
む・・・

しかも狡猾で陰険ですからね。



どこかで聞かれているかも知れませんから
悪口は・・・



ですね。






メェ

メェ



すみません。
こんな早くに足止めさせてしまって。



いや
羊飼いが夕日が沈むより
早くに眠りにつくのは知っていましたから。



夜通しで羊たちを見張らなければならないので。
いつも羊たちの毛を見ながら
考えるんです。
あれがどんな服に変わるのかなぁって。



ふぅ。
それにしてもあなたの仕事ぶりは凄いですね。
実に見事だ。



いえ・・・
そんな・・・



あれほどの腕なら
もっとたくさんの羊を
任せられてもいいのに。



いえ。
これだけでも神様のご加護ですし。
たくさんの羊なんて
私には・・・



見る目が無いんじゃないかなぁ?



ぇ?



雇い主を変えてみてはどうです?



ぇ?!
まさかそんな・・・
とても出来ません。



失礼。
商人ってやつはとかく物事を
損得で考えてしまう動物でね。



あの・・・



はい?



よくあることなんですか?
雇い主を変えるって?



条件が気に入らなければ
別の雇い主を探すのが普通ですが。



そうなんですか?



失礼ですが
雇い主は教会ですか?



ぇ?!



ただの勘です。
商売人としてのね。



はい。
教会の司祭様から
羊をお預かりしています。
その上いろいろと気遣っていただいて。



ぅん・・・



ぁ・・・



さっきの言葉は撤回します。



ぁ?



給金こそ低いかもしれませんが
神が我々を見放さない限り
教会が無くなる事もありません。

だから仕事も無くならず
食べるのに困る事も無い。



そうですよね・・・
そうですよね!



しかしまぁ
副業してはならないとは
神様もお定めになっていませんから・・・



ぁ?



リュビンハイゲンに着いたら
何人か知り合いの商人に聞いてみますよ。

頼りになる護衛が欲しくないか?
ってね。



本当ですか?!
お願いします!






大変な仕事だな。



尻尾は毎日の手入れが大事なのじゃ。



ん?



ぁ?
なんじゃ?
あの小娘の事かや?



ノーラ・アレントだそうだ。



はむ。



トン



あむ!



わぁ!

おい、こら!
え・・・
だから・・・
一応確認したじゃないか。



ふん。
おちおち尻尾の毛づくろいも出来ぬ。



荷台でも無理だったのか?



はん!
荷台などでやっていたら・・・



やっていたら?






随分、話が弾んでおったようじゃな。



ん?
ノーラとか?



犬や羊とは弾まんじゃろ?



はぁ。
向こうが話したいと言うんだ。
別に断る理由も無いだろ?
それに久々に普通の娘との会話だったしな。



小娘はぬしと話すのを
嫌がってたことに気づかんかったのかや?



ん!



くく。



うほん。
ま、それもありだろ。

いきなり一目ぼれされちゃぁ
徐々に好かれると言う楽しみが無くてつまらぬ。



ぁ・・・



どうだ?
俺もなかなかだろ?



く。



ぁ?



ははははは。
似合わぬ。
似合わぬすぎじゃ!

あっは。
あはははは。
あはははは。



そこまで笑うか?
ったく。



あはははは。



気が済んだか?



うむ。
ぬしも意外な切り札を持っておるのぉ。



まぁお前の機嫌が直ったんなら
それでいいがな。



あぁ。うむ。
何だかどうでも良くなった。
小娘がくれた贈り物じゃな。






ほぉ!



おはようございます。



あぁ。
ご苦労さん。



お願いします。

どうも。



いつもどうも。



おかげで助かりました。
正規の検問なら
この通行証を貰うのに
10倍は時間を取られますからねぇ。



教会に雇っていただいてるおかげです。






それでは約束の40トリエです。



ぁ・・・
ですがこの銀貨は
両替すると45トリエぐらいに・・・



がめつい商人の投資ですよ。



投資?



腕の良い羊飼いとつながりがあれば
羊毛取引で思わぬ儲け話に
ありつけるかもしれませんからね。



ありがとうございます。



私たちは暫く
ローエン商業組合の商館に居ます。
また羊を連れて野を行く予定があれば
顔を出してください。

護衛を欲しがっている商人を
紹介できるかもしれない。



ありがとうございます。



ぁ、一応お聞きしておきますが
護衛ができるのは
私たちが通ってきたあの道だけですか?



いいえ。
カスラータとポロソンとラムトラへも行けます。



ラムトラ?
あのラムトラですか?



はい。



遠回りの正規ルートではないですよね?



もちろん森を通る近道のほうです。



騎士ですら怖気づくという
あの不気味な森を?



エネクとなら全く平気です。



やぁ
それなら客が着く可能性はぐんと上がります。



よろしくお願いします。
では
家畜の入り口は向こうですので。



さて
後は税関を通って
お前のおかげで手に入ったこの武具を
レメリオ商会に高値で売りさばくだけだ。



いや。
その金で桃の蜂蜜漬けじゃ。



さて
急がなきゃな。



こら、ぬし!
無視するでない!



売ってなかったらあきらめろよ。
無い確率のほうが高いんだからな。



わかっておる。



無くてもむっとするなよ。



それはする。



だから!






あれは何じゃ?

0 件のコメント: