楽天

2011年5月14日土曜日

狼と香辛料 6感想・原作比較



狼と香辛料 6感想・原作比較



走っても追いつかれる。
むこう犬を放ちおった。

なに?

ふぅん。
頭の悪い声じゃ。
まぁぬしは耳をふさいでおれ。

はぁ・・・
ァオゥ~ン

なんだ?
この音は・・・

コホンコホン
リンゴ食いたいのぉ。

後でいくらでも食わせてやる。



犬に気づくホロ。
しかし狼と犬では格が違いますからね。
ホロの遠吠えで恐れをなす犬たち。
そしてリンゴが食べたいと言うホロ。
ロレンス
後でいくらでも・・・
というが、この結果が・・・
まさかああなるとは・・・



神よ
我が罪を許したまえ。

ドサ

罪の前に
日ごろの行いを悔いるんだな。

畜生。
やられた。



ロレンスが鈍器やら刃物やら・・・
と言っていましたが
なっちゃいましたね。

しかし刃物を持って襲いかかる男。
その男が神に罪を許せと言う。
ロレンスは無事相手を倒しますが
腕に怪我。

今の常識で言えば
ロレンスに襲い掛かった男は傷害罪になるのですが
この時代を考えると
ホロが居てはいけない世界なので
ロレンスを襲った事に対してのみ
罪が適用されるとも考えられます。




ロレンス。
二人で成功してこの街にお店を開きましょうよ。
商人なら損得勘定くらい出来るでしょ?

そうだな。
ずっと夢を叶えたいと思ってた。



クロエがロレンスに二人で店を持とうと言うが・・・
ロレンスは・・・



約束を守る事こそ
良き商人の第一歩だ。

何の因果か
拾ってしまった変な狼は
北に帰りたいとご所望だ。

俺はその旅に同伴する契約を
結んじまったからな。
契約を反故にすることは
俺には出来ない。



ロレンスは損得勘定より
約束を守る事のほうが大切だと言う。
そう、良き商人とは信用を売ってこそ
だと思います。



ぁ、待て!
ホロ!

ぉ・・・
お前の破いた服
いくらすると思ってるんだ?
神だろうが何だろうが
弁償してもらうぞ!

お前が稼いだ銀貨50枚
あんなのじゃ全然足りないんだ!
俺が何年かけて
稼いだ金で買い揃えたと思ってるんだ?

追いかけてやる・・・
北の森まで追いかけてやる!



狼の姿となって敵を蹴散らすホロ。
そして麦袋を咥え、立ち去ろうとするホロに
声をかけるロレンス。

しかしその言葉は・・・
ロレンスは商人として損得勘定で物を言っている。
もっと気のきいた台詞が・・・
と思うのですが
まだホロと知り合って日が浅い。
親密度的に言えばこれがベストだったのだろうが
ホロとすればもっと別のことを言ってほしかったのでしょう。



騒ぎが地下道内で終わったのが
幸いでした。
もしあの姿が目に止まっていたら
本店も支店も火にくべられていたかもしれません。

ぁ・・・
見たのですか?

はい。
部下から報告がありまして
ロレンスさんを発見したものの
巨大な狼が
私を連れてくるまではロレンスさんは
渡さないと。



ミローネ商会はロレンスたちを売ったという台詞があり
ロレンスはそれを挨拶代わりのハッタリだと言う。
しかしホロとしてはミローネ商会が信用できるか
確かめたかったのでしょう。



いや
ついつい太ったロレンスさんが
悪魔に食べられるところを
想像してしまいまして。

早く香辛料の効いた身体になりたいものです。

期待しております。
こちらとしましても
ロレンスさんほどの商人とは
今後とも良い関係を築きたいですからね。



この辺りのロレンスの台詞回しが好きですね。



ロレンスさん
あなたの名前で請求書が届いているのですが。

こんな物を取引した覚えは・・・



請求書を見て大慌てになるロレンス。



ローブ1着に絹の腰帯。
それに旅行用の靴とべっ甲の櫛。
とどめが・・・
大量のリンゴ!



ホロが立ち去った時
ロレンスも本音は行かないでくれ
と言いたかったのでしょう。
しかし
破いた服の話を言う。

男ってのは素直じゃないですから。



北の森まで取立てに来られては
かなわんからの。

はぁ。
帰るのは借りを返してからじゃ。



無言で手を出すロレンスに
答えるホロ。

ようやく元の鞘に収まったと言う感じです。



狼と香辛料3 限定パック

狼と香辛料(1)


『狼と香辛料』その他の商品

0 件のコメント: