楽天

2011年7月13日水曜日

狼と香辛料II 0感想



狼と香辛料II 0感想


飲んでるか?
ホロ。

案ずるな。
勝手にやっておる。

ホロさんも一緒にお話しませんか?

なんだ?
もう酔っ払ってるのか?

湖を飲み干すと言われた
賢狼のわっちじゃ。
この程度で酔っ払うわけが無かろう。




いつも食事となればご機嫌なはずのホロなのだが・・・
テーブルに着くときから何か様子が・・・

小説版を読めば
ホロはホロで祝いの宴の席
それに気を遣っていたようで・・・



ん?
なんだ?ホロ
もう酔ったのか?

酔ってなどおらぬ。

どこがよ。
しょうがない奴だな。

このわっちがたった3杯で・・・
酔うはずが・・・
なかろう・・・



そしてとうとう倒れてしまうホロ。
まぁ秋雨の中、フードもかぶらずに
人の姿で狼と交渉をし
その後、狼の姿でメメリオ商会を蹴散らし
おそらく一晩は徹夜。

金の買い付けに行きは3日かけての移動だが
帰りはおそらく1日で戻ってきて・・・
ノーラが明け方戻ってきたのを迎える。
まぁハードスケジュールの上に
強行突破。
ホロが倒れるのも無理はないでしょう。

そして宿に運ばれ夢を見ているホロ。
ずっと麦畑だけを何百年も見てきたホロ。
しかし行商の旅は変化に満ちていて・・・
まぁそれだけでも疲れる要因になりますね。
それが日常になれば慣れてしまうのですが。



なぜ体調が悪い事を黙っていた?

ぁ・・・いや・・・

子供じゃないんだ。
倒れるまで気がつかなかったとは
言わせないぞ。

万が一
これが旅の途中だったら
どうするつもりだったんだ?

お前にはわからないかもしれないが
森や荒野で体調を崩せば
最悪、死につながる。



ロレンスが怒るのも無理はないのですが・・・
でも、雄と言うのは鈍いものらしい。



ぬしの指はちょっと硬くて
狼の鼻先に似ておるのじゃ。
鼻をこすりつけてくるというのは
人間で言うと・・・

ん?

ちょっと言えぬ。



犬や猫を飼ったことがあればわかるのですが
どうやらキスと同義(?)
濃厚なのではなく、軽い挨拶程度の・・・
でもロレンスにはわかるはずもなく・・・



うむ!
それが良い!
わっちはそれが食べたい!

お前・・・
本当はもう全快してるんじゃないのか?



疲れで高熱が出たときなど
熱が下がった直後が一番動くのは辛いんですよね。
力が入らないといいますか・・・



俺が体調悪くなったら
借りを返してくれるんだろうなぁ?

ぅむ。
ヨイツ流の流儀で良ければな。



小説版を読むとわかりますが
ヨイツ流の流儀とは・・・
傍に寄り添うこと。
医療的効果は薄いですけど
安心というのはありますね。



医者に治せぬ病にかかっても
簡単に気づきそうに無いからの。



本当、世の雄は・・・
ほぼこれに当てはまりそうで・・・



だったらまたノーラに探してもらおうか?
さすが羊飼いだけあって
目利きはなかなかの・・・
ぁ・・・あぁ・・・
ノーラに頼めばいい乳が手に入るから・・・

金にものを言わせれば
あの小娘に限らず
良い物が買えるじゃろうが!

ぅん・・・
それはそうかもしれないが・・・
ぅ!

しれないが
何じゃ?

な・・・なんでそんなに
ノーラを目の敵にするんだ?




これはホロのジェラシーですね。
でも全く気づいていないロレンス。

前々から聞きたかった事を
聞いてもいいかや?

はい。
私で答えられることでしたら・・・

羊を導く最大のコツは何かや?

ぇ?
ぅむ・・・
広い心を持つ事ですね。



ノーラはホロが聞きたい事の真意を見抜いたようですが
女性たちが笑っているので
一緒に笑うロレンス。
しかしロレンスは・・・
おそらく意味を理解していないのでは・・・?

しかしノーラも大人の対応と言う感じですね。



狼と香辛料 狼と金の麦穂

狼と香辛料(7)


『狼と香辛料』その他の商品

0 件のコメント: